大学紹介 大学紹介イメージ画像

  1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 沿革

沿革

世のため、人のため、地域のために。時代と地域が求める人材を育成し、進化し続けてきた歴史があります

1922- 大阪の近代化を担う有為な人材を...。学園の歴史は関西工学専修学校の設立に始まった。

片岡安は、大阪市中央公会堂の実施設計をはじめ、近代建築を支えた建築家。大阪商工会議所会頭も務め都市計画の専門家でもあった彼のもと、多くの学生たちが学び、巣立っていった。

時は大正時代。「東洋のマンチェスター」「大大阪」と呼ばれた大阪市の人口は東京市を上回り、世界第6位の規模となっていた。一方で、人口急増による道路・鉄道・住宅など都市基盤の整備が急がれたが、これを担う技術者が圧倒的に不足していた。
そのようななか、産業界や大阪府・市在勤の有志が「時代と社会の要請に応える人材の育成」に向けて立ち上がり、1922(大正11)年に開学したのが関西工学専修学校である。建築家で日本の都市計画の先駆者として活躍していた片岡 安が初代校長となり、官公庁、産業界、帝国大学の第一線で活躍する専門家が教鞭をとった。ここには社会の発展に貢献したいと願う幅広い年代の学生たちが集い、学びの意欲は小さな教室を熱くしたのである。
理論に裏付けられた実践的技術を有する人材の育成は、いまにつながる本学園の「建学の精神」である。

1975- 高度経済成長後の新たな社会づくりを目指して。摂南大学が開学。

開学当時の寝屋川キャンパス。多くの先輩が「これからの時代を創造する」思いを胸に、ここに集った。

関西工学専修学校は社会と時代の要請に応えて組織を拡大・発展させ、戦前・戦後の日本の発展のために多くの有能な人材を輩出してきた。
日本は戦後の復興から高度経済成長期に大きく飛躍し、技術や経済面において世界主要国としての役割を担うものとなってきた。
工業系教育一筋に進化してきた学園にとって、技術はもとより経済・文化・社会などさまざまな視点から議論し切磋琢磨して世の中で活躍できる人材を育成していくため、総合大学を開学することは天命だったのかもしれない。1975(昭和50)年、摂南大学開学。開学当初から総合大学を目指して工学部(現・理工学部)からその歩みを始めた摂南大学は、1982(昭和57)年に国際言語文化学部(現・外国語学部)と経営情報学部(現・経営学部)を増設、翌年には薬学部を増設...と、学びを広げていく。

2014- 7学部13学科の総合大学へ。継続的に大学改革を推進。

2014年4月、大学院は経済経営学研究科の増設や理工学研究科への改組などにより、6研究科・10専攻へ。

社会・世界の変化を見つめながら革新する摂南大学は、少人数教育を守りながらも1988(昭和63)年に法学部を増設し、総合大学へと知の領域を広げていく。一方、社会はコミュニケーション技術の劇的な変革やグローバル化、環境問題など新たな状況に直面、変化のスピードも加速していた。
だが、答えの見えない時代だからこそ、自ら答えを生み出すことができる。摂南大学は新たな課題探究、新たな専門家の育成に向け、2010(平成22)年、経済学部を開設。さらに理工学部には生命科学科、住環境デザイン学科を増設した。続いて2012(平成24)年には看護学部を開設し、7学部13学科体制となった。時代と社会の要請に応えるため生み出された学びの場は、2015(平成27)年に創立40周年を迎えようとする現在に至っても進化を続けている。それを象徴するもののひとつが、建学の精神に基づいたタグライン~Smart and Human~である。

1922年(大正11年) 関西工学専修学校を創立
1926年(大正15年) 財団法人関西工学を設立
1933年(昭和8年) 関西工業学校を開設《現在の常翔学園高等学校に発展》
1940年(昭和15年) 関西高等工業学校を開設《現在の大阪工業大学に発展》
1947年(昭和22年) 法人名を財団法人摂南学園と改称
1949年(昭和24年) 法人名を財団法人大阪工業大学と改称
1951年(昭和26年) 法人を学校法人大阪工業大学に改組
1975年(昭和50年) 摂南大学を開設
工学部(土木工学科、建築学科、電気工学科、機械工学科、経営工学科)を設置
1982年(昭和57年) 国際言語文化学部(国際言語文化学科)、経営情報学部(経営情報学科)を増設
1983年(昭和58年) 薬学部(衛生薬学科、薬学科)を増設
1987年(昭和62年) 法人名を学校法人大阪工大摂南大学と改称
1988年(昭和63年) 法学部(法律学科)を増設、また大学院を開設、薬学研究科(薬学専攻)修士課程を設置
1989年(平成元年) 大学院に工学研究科(社会開発工学専攻、機械・システム工学専攻)修士課程を増設
1990年(平成2年) 工学研究科に電気電子工学専攻修士課程、薬学研究科に薬学専攻博士後期課程を増設
1993年(平成5年) 経営情報学部に経営環境情報学科を増設
1995年(平成7年) 大学院に経営情報学研究科(経営情報学専攻)修士課程を増設
1997年(平成9年) 大学院に法学研究科(法律学専攻)修士課程を増設
1999年(平成11年) 大学院に国際言語文化研究科(国際言語文化専攻)修士課程を増設
2002年(平成14年) 工学部の土木工学科を都市環境システム工学科に、電気工学科を電気電子工学科に、経営工学科をマネジメントシステム工学科に名称変更
2005年(平成17年) 国際言語文化学部(国際言語文化学科)を外国語学部(外国語学科)に名称変更、また経営情報学研究科に経営情報学専攻博士後期課程を増設
2006年(平成18年) 経営情報学部を改組。経営環境情報学科の学生募集を停止し、経営学科を増設、薬学部を6年制に移行し、2学科編成(衛生薬学科・薬学科)を1学科編成(薬学科)に変更
2007年(平成19年) 学校法人啓光学園と連携協定締結。同法人は法人名を学校法人常翔啓光学園と改称
2008年(平成20年) 法人名を学校法人常翔学園と改称。工学研究科に創生工学専攻博士後期課程を増設、留学生別科を設置
2010年(平成22年) 経済学部(経済学科)を増設、経営情報学部を経営学部に名称変更、工学部の都市環境システム工学科とマネジメントシステム工学科の学生募集を停止し、生命科学科、住環境デザイン学科、都市環境工学科を増設。工学部から理工学部に名称変更。
2012年(平成24年) 看護学部(看護学科)を増設、薬学研究科薬学専攻博士前・後期課程を医療薬学専攻博士課程(4年制)に移行
2013年(平成25年) 学校法人常翔啓光学園と法人合併
2014年(平成26年) 工学研究科を理工学研究科に名称変更、機械・システム工学専攻と電気電子工学専攻を生産開発工学専攻に改組、理工学研究科生命科学専攻修士課程を増設。
経営情報学研究科経営情報学専攻博士前期課程の学生募集を停止し、経済経営学研究科(経済学専攻、経営学専攻)修士課程を増設。
2016年(平成28年) 理工学研究科生命科学専攻博士後期課程、看護学研究科看護学専攻修士課程を増設

大学紹介

ページの上部へ

TOP