大学紹介 大学紹介イメージ画像

  1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 「教育研究上の目的」と「3ポリシー」
  4. 理工学部
  5. 電気電子工学科

電気電子工学科の教育研究上の目的と3ポリシー

教育研究上の目的

電気電子工学と情報通信工学の幅広い技術をバランスよく修得するとともに、社会全体に対する役割を自覚し、製品開発や設計施工などの現場において課題を発見し解決できる力を持つ実践的な電気系技術者および情報通信関連技術者を養成する。

3ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP:卒業認定・学位授与の方針)[学習・教育到達目標]

本学科の課程を修め、所定の単位を修得したうえで、次の要件を満たした者に学士(工学)の学位を授与します。

    ■科学技術分野の素養

  • [DP-A]電気系以外の科学技術についても幅広い基礎知識を学び、様々な自然現象を地球的視野から捉えることができる。
  • ■人文社会分野の素養

  • [DP-B]わが国と世界の文化、社会、歴史、思想などに関する基礎知識を学び、社会的な問題に対して多方面から考察できる。
  • ■技術者としての倫理

  • [DP-C]電気系技術者としての倫理観や社会への責任、電気関連法規を理解し、説明することができる。
  • ■数理・情報処理能力

  • [DP-D]専門技術の基礎となる数学や物理学を修得し、電気系技術に必要な基本的な計算ができる。また、情報処理技術を習得しパソコンなどを用いて文書やプレゼンテーション資料などを作成することができる。
  • ■実験・データ解析能力

  • [DP-E1]各種の実験を計画的に遂行でき、実測したデータを解析・考察することができる。
  • ■専門知識の習得・応用能力

  • [DP-E2]<電気電子コース>
     電気電子工学の専門知識を修得し、エネルギーやエレクトロニクス分野における課題解決に活用できる。
     <情報通信コース>
     情報通信工学の専門知識を修得し、情報処理やネットワーク分野における課題解決に活用できる。
     <電気・通信システム総合コース>
     電気電子・情報通信工学の幅広い専門知識を修得し、電気系技術分野における課題解決に活用できる。
  • ■デザイン能力

  • [DP-E3]専門知識を用いて、与えられた課題において問題点を発見し、制約条件を考慮した解決策を見出して課題を解決できる。
  • ■コミュニケーション能力

  • [DP-F]技術的な課題について、論理的な記述、対話、発表ができる。また、技術者に必要な基礎英語や技術英語を習得し、英文の大意を理解できる。
  • ■学習習慣とキャリア形成

  • [DP-G]常に情報を収集し、自主的な学習やキャリア形成を継続的に行うことができる。
  • ■業務推進・協働能力

  • [DP-H]与えられた制約下で計画的に作業を進め、まとめることができる。チームの目標を達成するために協力して取り組むことができる。

カリキュラム・ポリシー(CP:教育課程編成・実施の方針)

ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するため、次のとおり教育課程を編成・実施します。

  • 電気系以外の科学技術の知識を身につけるため、「理工学基礎実験」、「科学技術教養」、「産業技術史」を配置する。
  • 日本と世界の文化・社会・歴史に関する知識を身につけ、また社会的問題を多方面から考察できる能力を身に付けるため、教養科目(自分を知る教養群の人文系、社会を知る教養群の社会科学系)、教養特別講義などの科目を配置する。
  • 技術者としての倫理観・責任感を養うため、「技術者倫理」および「技術者への道」、「電波法規」、「電気法規及び施設管理」を配置する。
  • 数学、物理学、情報処理技術に関する知識を身につけるため、「微積分Ⅰ」、「線形代数Ⅰ」、「電気工学基礎導入演習」などの科目を配置する。
  • E1 各種の実験を計画・遂行することができ、実測したデータを解析・説明することができる能力を身につけるため、「電気工学実験Ⅰ」、「電気工学実験Ⅱ」、「電気電子工学実験」、「情報通信工学実験」を配置する。
  • E2 電気電子・情報通信工学の幅広い専門知識を身につけるため、専門科目(専門コア群)を配置する。
  • E3 問題点の発見や制約条件下で課題解決できる能力を身につけるため、「電気工学創成演習」、「電気工学応用ゼミ」、「卒業研究」を配置する。
  • 技術者として論理的な記述・対話・発表ができ、基礎英語や技術英語ができる能力を身につけるため、「電気工学創成演習」、「電気工学応用ゼミ」、「電気電子工学実験」、「情報通信工学実験」、および「基礎英語(Ⅰa、Ⅰb、Ⅱa、Ⅱb)」、「実践英語(入門、初級、中級、上級)」などの科目を配置する。
  • 自主的な学習習慣を身につけ、資格取得などのキャリア形成を継続的に行うことができる能力を身につけるため、「電気工学実験(Ⅰ、Ⅱ)」、「電気工学基礎演習」等の実験系・演習系科目、そして教養科目の「インターンシップ(Ⅰ、Ⅱ)」などの科目を配置する。
  • 与えられた制約下で仕事を計画的に進め、まとめることができ、またチームの目標を達成するために協力して働くことができる能力を身につけるため、「電気工学実験Ⅱ」、「電気工学創成演習」、「電気電子工学実験」、「情報通信工学実験」、「電気工学応用ゼミ」を配置する。

アドミッション・ポリシー(AP:入学者受入れの方針)

本学科のディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーを理解し、次に掲げる知識・技能・意欲などを備え、入学後は学修・課外活動に主体的に取り組む人を求めます。

  • ■知識・理解
  • 高校までの数学、物理の基礎知識を身につけている。
  • 高校までの国語または英語の基礎知識を身につけている。
  • ■思考・判断
  • 問いに対して筋道を立てて思考し、解答を得ることができる。
  • ■関心・意欲・態度
  • 電気、電子、情報、通信関連の技術に興味を有している。
  • 勉学や課外活動で主体的に活動した経験を有する。
  • ■技能・表現
  • 口頭または文章によって意見を表現し相手に伝えることができる。
  • 電気工事士などの電気、電子、情報、通信に関する資格を取得している。または、それらに繋がる技能などを有している。

入学者選抜の実施にあたっては、学力試験、適性検査をはじめとして、大学入試センター試験、面接、学修計画書、小論文、高等学校調査書、英語ほかの資格検定試験の結果などを入試毎に組み合わせて評価します。

大学紹介

ページの上部へ

TOP