大学紹介 大学紹介イメージ画像

  1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 「教育研究上の目的」と「3ポリシー」
  4. 理工学部
  5. 都市環境工学科

都市環境工学科の教育研究上の目的と3ポリシー

教育研究上の目的

複雑化・高機能化した都市環境を建設・維持管理・リニューアルするハード面の技術と環境に配慮した都市計画を立案するソフト面の技術を修得し、実践的な技術を身につけた即戦力として活躍できる専門職業人を養成する。

3ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP:卒業認定・学位授与の方針)[学習・教育到達目標]

本学科の課程を修め、所定の単位を修得したうえで、次の要件を満たした者に学士(工学)の学位を授与します。

  • ■科学技術教養
  • [DP-Ⅰ]知的専門職業人にふさわしい科学技術の幅広い分野に関する基礎知識を有する。
  • ■人文社会教養
  • [DP-Ⅱ]人間性豊かな社会人、家庭人として必要な人文社会系の基礎知識を有する。
  • ■科学技術者倫理
  • [DP-Ⅲ]国際理解・協調と国家・地域社会への貢献の重要性を理解している。また、知的専門職業人にふさわしく、規範やマナーを遵守し、技術者としての倫理観に従った判断ができる。
  • ■数理能力
  • [DP-Ⅳ]数学、科学、情報処理の基礎知識を身につけ、課題に対して定量的に解を求めるなど、実務に応用できる基礎能力を有する。
  • ■環境認識
  • [DP-Ⅴ1]地球環境や地域環境の保全に関し、社会や時代の要請に応えられる知識と環境意識を有する。
  • ■計測・測量技術
  • [DP-Ⅴ2]現場技術者に共通の基盤となる測量および計測・計量の基礎を有する。
  • ■専門知識
  • [DP-Ⅴ3] <環境計画コース>
    都市計画や交通計画、環境計画、衛生工学などの専門知識を有し、計画・環境の実務に活用することができる。
    <都市建設コース>
    構造工学、建設材料、地盤工学などの基礎知識を有し、設計施工の実務に活用することができる。
    <都市環境総合コース>
    構造、建設材料、地盤、水工、計画、環境、衛生の幅広い専門基礎知識を有し、計画・設計・施工の実務に活用することができる。
  • ■コミュニケーション力
  • [DP-Ⅵ]日本語による記述力、コミュニケーションやプレゼンテーションなどの対人能力を有する。また、英語では基礎的読解力など、コミュニケーションのための基礎力を有する。
  • ■学習習慣
  • [DP-Ⅶ]課題解決や目標達成のために、自主的に情報収集を行い、自ら学習することができる。
  • ■課題解決能力
  • [DP-Ⅷ]自ら課題を発見することができ、計画的に解を見つけることができる。チームの課題では、さらに自らの役割を理解して、チームワークを発揮して解を見つけることができる。

カリキュラム・ポリシー(CP:教育課程編成・実施の方針)

ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するため、次のとおり教育課程を編成・実施します。

  • 知的専門職業人にふさわしい科学技術の幅広い分野に関する基礎知識を身につけるため、教養科目・社会を知る教養群の科学技術教養系「科学技術教養V1」などの科目を配置する。
  • 人間性豊かな社会人・家庭人として必要な人文社会系の基礎知識を身につけるため、教養科目・自分を知る教養群の人文系「古典文学から学ぶ」、社会を知る教養群の社会科学系「日本の政治」などの科目を配置する。
  • 国際理解・協調と国家・地域社会への貢献の重要性を認識するため、また知識専門職業人にふさわしく、規範やマナーを遵守し、倫理観に従った技術者としての素養を身につけるため、専門科目・専門コア群の倫理法規系「技術者倫理」、少人数教育群のゼミ系「都市環境基礎ゼミⅡ」、「都市環境ゼミナール」などの科目を配置する。
  • 数学、科学、情報処理の基礎知識を有し、課題に対して定量的に解を求めるなどの実務に応用できる基礎能力を身につけるため、専門科目・専門基礎群の数学系、科学系や情報系などの科目を配置する。
  • V1 地球環境や地域環境の保全に関し、社会や時代の要請に応えられる知識と環境意識を養うため、専門科目・専門コア群の環境計画系「環境衛生工学Ⅰ」などの科目を配置する。
  • V2 測量および計測・計量の基礎知識と基礎能力を身につけるため、専門科目・専門コア群の測量・実験系「測量学Ⅰ」、「建設工学実験」などの科目を配置する。
  • V3  <環境計画コース>
    環境計画系の専門知識を環境・計画の実務に活用できるレベルまで身につけるため、専門科目・専門コア群の環境計画系「環境衛生工学Ⅰ」、「計画システム」などの科目を配置する。
    <都市建設コース>
    都市建設系の専門知識を設計・施工の実務に活用できるレベルまで身につけるため、専門科目・専門コア群の建設系「構造力学Ⅰ」、「地盤力学Ⅰ」などの科目を配置する。
    <都市環境総合コース>
    都市建設系・環境計画系の幅広い専門基礎知識を計画・設計・施工の実務に活用できるレベルまで身につけるため、専門科目・専門コア群の建設系「構造力学Ⅰ」、環境計画系「環境衛生工学Ⅰ」などの科目を配置する。
  • 日本語による記述力、コミュニケーションやプレゼンテーション等の対人能力を身につけるため、専門科目・少人数教育群の総合演習系「実践日本語演習」、ゼミ系・「都市環境基礎ゼミⅡ」、「卒業研究」などの科目を配置する。また、英語の基礎読解力や英語によるコミュニケーションの基礎力を身につけるため、教養科目・語学系「基礎英語Ⅰa」・「技術英語」などの科目を配置する。
  • 自主的に情報収集を行い、自ら学習する習慣を身につけるため、専門科目・少人数教育群のゼミ系「都市環境基礎ゼミⅠ」、「卒業研究」などの科目を配置する。
  • 自ら課題を発見し、計画的に解を見つける能力を身につけるため、またチームによる課題では、自らの役割を理解して、チームワークを発揮して解を見つける能力を身につけるため、専門科目・少人数教育群のゼミ系「都市環境基礎ゼミⅡ」、「卒業研究」などの科目を配置する。

アドミッション・ポリシー(AP:入学者受入れの方針)

本学科のディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーを理解し、次に掲げる知識・技能・意欲などを備え、入学後は学修・課外活動に主体的に取り組む人を求めます。

  • ■知識・理解
  • 高校までの数学、物理の基礎知識を身に付けている。
  • 高校までの国語または英語の基礎知識を身に付けている。
  • ■思考・判断
  • 問いに対して筋道を立てて思考し、解答を得ることができる。
  • ■関心・意欲・態度
  • 都市建設や環境保全に関する分野に興味を有している。
  • 勉学や課外活動で主体的に活動した経験を有する。
  • ■技能・表現
  • 口頭または文章によって意見を表現し相手に伝えることができる。
  • 2級土木施工管理技士(学科試験)や測量士補などの都市環境に関する資格を取得している。または、それらに繋がる技能などを有している。

入学者選抜の実施にあたっては、学力試験、適性検査をはじめとして、大学入試センター試験、面接、学修計画書、小論文、高等学校調査書、英語ほかの資格検定試験の結果などを入試毎に組み合わせて評価します。

大学紹介

ページの上部へ

TOP