大学紹介 大学紹介イメージ画像

  1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 理事長挨拶

理事長挨拶

教育環境の整備に万全を期し新時代を担う人材を育成

理事長 久禮 哲郎

摂南大学は、新しい総合大学の創造を目指し、1975年(昭和50年)に開学し、現在は文理にわたる7学部13学科と各学部に対応する大学院5研究科を擁するまでに大きく発展を遂げました。

開学当初から、建学の精神に基づく教育方針として、「豊かな人間性の涵養、実践的教育の重視、自由闊達な教育研究の実現」などを掲げてきました。学力だけでなく、さまざまな学生の能力を評価する入試制度、そして入学後の厳しい授業、少人数制によるきめ細やかな指導、進級・卒業の厳格な判定によって、新しい時代の大学のあり方を体現してきました。そうしてこれらは本学の特長として社会でも広く大きな評価を集め、各分野における卒業生の活躍も顕著です。

日本はいま、経済社会のグローバル化という大きな変化の中でこれまでにない、厳しい状況にあります。学歴社会の時代が終焉し、真に実力ある者だけが生き残れる生存競争の時代となっているのです。ですから、各自の専門分野だけにとどまらず、幅広い知識の吸収に努めることで、総合的な判断を下せる見識を身につけることが肝要となっています。本学では学生の知・徳・体に調和のとれた人格形成を促すため課外活動などを奨励し、そのための施設設備も充実させるなど、ゆとりと潤いのある学生生活が送れるよう支援しています。
今後もより教育環境の整備に万全を期し、社会においてその能力を存分に発揮できる人材の育成に力を注いでまいります。

大学紹介

ページの上部へ

TOP