地域連携・社会貢献 地域連携・社会貢献イメージ画像

  1. トップページ
  2. 地域連携・社会貢献
  3. シンポジウム・イベント
  4. 理工学部・経済学部開設記念シンポジウム 素晴らしいライフサイエンスの世界~理学と工学の融合~

理工学部・経済学部開設記念シンポジウム 素晴らしいライフサイエンスの世界~理学と工学の融合~

摂南大学 理工学部・経済学部開設記念シンポジウム

2010年4月、摂南大学は理工学部/生命科学科・住環境デザイン学科、経済学部/経済学科を設置しました。新学部・学科の開設に先立ち、これを記念して、2009年10月14日、ノーベル化学賞受賞者の下村脩博士をお招きし、シンポジウムを開催いたしました。当日は約700名の参加者があり盛況のうちに幕を閉じました。

開催概要

[開催日] 2009年10月14日(水)16:30~18:45
[会場] ヒルトン大阪 桜の間
【主催】 摂南大学
【後援】 読売新聞大阪本社

プログラム

学長挨拶 今井 光規
講演 下村 脩 氏
パネルディスカッション 下村 脩 氏 森脇 俊道 氏 荻田 喜代一 氏
藤澤 美穂 氏 芳本 忠 氏  

当日の模様(ダイジェスト版ムービー)

会場の様子 本学学長挨拶 下村氏のご講演
会場の様子 本学学長挨拶 下村氏のご講演
下村氏ご講演 下村氏手型セレモニー パネルディスカッションの様子
下村氏ご講演 下村氏手型セレモニー パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子 花束贈呈 下村氏ご夫人ご挨拶
パネルディスカッションの様子 花束贈呈 下村氏ご夫人ご挨拶

講演

下村 脩氏

「ノーベル賞:オワンクラゲ発光タンパク質の魅力」
下村 脩氏

1928年京都府生まれ。
1951年長崎医科大学附属薬学専門部(現長崎大学薬学部)卒業。
1960年フルブライト留学生としてアメリカに渡り、プリンストン大学で研究員として3年間過ごす。名古屋大学助教授、プリンストン大学上席研究員、ボストン大学客員教授などを経て、1983~2001年ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員。
2008年「緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見と生命科学への貢献」でノーベル化学賞受賞、現在ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員。

パネルディスカッション

「光輝く未来へ~理工の融合~」

パネリスト
下村 脩氏 森脇 俊道氏 荻田喜代一 氏 藤澤 美穂氏
下村 脩 氏
ウッズホール
海洋生物学研究所
特別上席研究員
森脇 俊道 氏
摂南大学理工学部
理工学部長(予定)
※現工学部長
荻田 喜代一 氏
摂南大学薬学部
薬学科 学科長
藤澤 美穂 氏
武田薬品工業(株)
医薬研究本部 研究業務部
人材開発グループ
グループマネジャー
コーディネーター
芳本 忠氏
芳本 忠 氏
摂南大学理工学部
生命科学科 学科長(予定)

地域連携・社会貢献

ページの上部へ

TOP