学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 法学部
  4. 法学部|ゼミナール紹介

法学部|ゼミナール紹介

自分の関心のあるテーマに沿って2年次からゼミを選択。
個人、地域、企業、国など、実社会の問題のなかで法をどのように生かすか研究。

1年次に修得した基礎をもとに、2年次前期には興味を持った専門分野のゼミ(「プレ専門演習」)を体験。2年次後期には、卒業まで所属するゼミ(「専門演習I」)を決定します。テーマは、歴史や哲学、政治やスポーツなど、ジャンルもさまざま。少人数制による指導のもと、具体的な事例を上げて研究・討論を重ねるとともに、調査やフィールドワークなどの機会も設定し、実社会のなかで法の知識を生かす手法も身につけていきます。4年次には、担当教員によるマンツーマン指導で、卒業論文などをまとめ上げ、自分の研究を完成させます。

  • 法哲学 松島 裕一 講師

    法哲学松島 裕一 講師

    専門文献を読み解き、諸問題に対して法の根拠を示す。

    死刑制度の賛否や動物実験の是非などの具体的なテーマを設定。専門文献によるリサーチと研究報告を行い、法分野にかかわる基礎的な諸概念を理解し、さまざまな観点で物事をとらえられる力を養います。

  • 刑事法 小野 晃正 准教授

    刑事法小野 晃正 准教授

    論文執筆や進路に役立つ刑事法を学ぶ。

    犯罪を罰する刑法について学生が文献調査し、議論することで、卒業論文執筆のための知識、公務員試験で出題される刑法の問題を解く力を修得。また大学院受験の答案作成の指導も行います。

  • 国際関係学 河原 教授

    国際関係学河原 匡見 教授

    国内外の問題を議論し、柔軟に考える力を身につける。

    まず世界情勢から国内問題まで幅広く検討、次に世界各地の紛争の原因や実態について報告し合い、議論する。互いの意見を尊重しつつ、物事を柔軟に考える力を身につけます。

  • 民事手続法 萩原 佐織 准教授

    民事手続法萩原 佐織 准教授

    原告、被告、裁判官の立場で法律を理解。

    生活に関連するトラブルを解決する民事裁判の判決を読み込み、学生が原告、被告、裁判官の立場になって意見を主張。法律用語を理解するとともに、プレゼンテーション能力も磨きます。

その他のゼミナール紹介

  • 刑事訴訟法
    刑事手続について多角的に考え、論理的かつ柔軟な思考ができる人材を育成する。
  • 日本法史
    日本の近世・近代の法文化や法の変化を研究。成文法、慣習法を対象とし、法文化の意義や近代法との関係を考える。
  • 憲法
    現実に起こる問題の中から論点を発見し、憲法にとらわれない幅広い法律・政策の問題点を考察する。
  • 刑法
    刑法総論・刑法各論の重要課題に対して研究を深める。とくに刑事判例を解釈し、最新の動向を探ることを重視。
  • 行政法
    実際の判例を題材に討論。行政法の講義で得た知識を生かしながら、行政法上の論点についての理解を深める。
  • 租税法
    租税法についての理解を深める。判例の報告、各自関心のあるテーマなどについて討論を行っていく。
  • 民法
    民法の全体像、基本的思考方法などについて学ぶ。判例・学説の研究を通して、法的諸問題を把握し分析する能力を養う。
  • 商法
    株主代表訴訟制度など大企業の経営を法的にコントロールする方法を研究。最新の判例を題材に有効な方法を探る。
  • 国際法
    国際法の基本的な知識を修得。さらに国際社会の具体的な問題を国際法と関係づけて理解できる能力を身につける。
  • 国際私法
    各国の私法の違いによる紛争について、国際私法がどのような考え方で解決しているのかを考察し、その構造を研究する。
  • スポーツ法政策
    スポーツ活動の社会的役割を法や政策などから多角的に分析する。
  • 行政学
    「安全・安心のための地域政策」をテーマに、主に防犯の観点から、住民の意識と地域の特徴との関係を分析する。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP