学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 教職支援センター
  4. 教員養成の理念

教員養成の理念

本学の教員養成の理念は、憲法および教育基本法をふまえ、教育への情熱と使命感、生徒の成長・発達についての科学的な認識に基づいて、日々、創意と工夫に充ちた実践的指導に努める教師、人間としてよりよき方向を生徒とともに探求する努力を惜しまない教員の養成である。

この理念は、「世のため、人のため、地域のために理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人を育成する」という建学の精神ならびに「全人の育成を第一義として、人間力・実践力・統合力を養い、自らが課題を発見し、そして解決することができる知的専門職業人を育成する」という教育理念に基づくものである。

大学院

学部の教員養成理念を基盤にし、さらに、各研究科の高度な専門的知識と幅広い識見を有し、地域社会や国際社会において実践的に活躍できる専門的職業人としての能力を備えた教員の養成である。

理工学部

理工学部 生命科学科 (取得可能免許種:中学校・高等学校/理科)

生命科学科は、「世のため、人のため、地域のために『理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人の育成』を行いたい」という本学の建学の精神に基づき、バイオに関する高度な知識と技術を持ち、生命機構の真理の追究により、人が健康で安全な生活を営むための医療や食品、環境に関する分野で活躍する基礎研究者及び研究開発従事者を養成することを目的としている。

本学科は1年次で生命科学全般について教育し、2年次から「生物系」「環境系」のコースに分かれ、それぞれの専門領域において、人類が抱える大きな問題の中の高齢化社会と環境問題に焦点をあて生命の真理を追究していく。少子高齢化社会へ進展しているが、いまだ、未開発の治療薬の開発や未知の感染症への対策あるいは食生活や地球環境の悪化から人の生活を防除することに的確に対応できる発想を持った生徒を中学校、高校においても育てていくことは、現在、教育の現場で教員に強く求められている課題である。本学科では低年次の専門基礎科目群において自然科学の基礎知識を修得させ、さらに実践的な専門領域においては生命の神秘さを科学的に深く解き明かしていく基礎研究の知識と技術あるいは環境保全に対する実践的な知識と技能を修得させる。この様な教育を通して、児童・生徒に理科のおもしろさと不思議さを気付かせ、自然科学に対する関心を引き出すことが出来る指導力のある教師を育成したい。

理工学部 住環境デザイン学科(取得可能免許種:中学校・高等学校/数学 高等学校/工業)

少子高齢化時代を迎えた今日、子供を育てる環境や高齢者を介護する環境は従来までの住環境ではさまざまな支障や困難が生じ、保健・福祉などの幅広い視点を加え新たな生活スタイルのあり方を提案し、すべての人に快適な社会づくりを推し進めることが求められている。また、地球環境問題も早急な対応が求められる中、持続可能な発展のためには、環境に配慮した循環型社会への転換、すなわち、これまでの生活スタイルの見直しが求められている。そのためには、住環境における光・音・熱・空気環境が人にどのように影響を与えているかを把握したうえで、快適な生活環境の整備を、低資源・低エネルギーで可能にすることが必要である。さらに、居住環境は社会で傷ついた心身を再生する空間であるため、無機質になりがちな住環境を調和したインテリアを用いた癒し空間をデザインすることが、現代社会において強く求められている。本学科では、これらの社会的な要請に応えるため、生活環境を取り巻く諸問題について、人の環境に必要な多様なデザイン感性と実践的技術を基礎から応用まで学習することで、倫理観をもって、住環境に存在する様々な問題点を的確に捉え、改善・創造することができるプランナー、デザイナー、エンジニアを養成することを教育研究上の目的としているが、社会への貢献を目指す意味でも、将来の技術者を育てる工業教育を担うことができる教員養成を重要視するともに、工業教育の基礎となる数学教育を担当できる教員の養成も目指す。本学科の教育の特徴を活かし、社会や人間に強い興味を持ち、創造性豊かで、問題発見・解決能力のある実践的指導力に優れた教師を育成したい。

理工学部 建築学科(取得可能免許種:中学校・高等学校/数学 高等学校/工業)

地球環境を含めた広範な人間の生活環境に対する的確な問題意識を持ち、生活基盤となる建築・都市空間の安全性、機能性、審美性の追究と、社会や環境への適切な配慮のできる包括的な知識と技能、さらには倫理観を持った建築設計および建築生産などにかかわる技術者を養成することが本学科の人材養成の目標である。
理工学部共通の教養科目に加え、2年次から3つのコースに分かれ、各コースが重視する専門教育を行えるように専門科目を配置している。また、専門教育のコアとなる科目を共通系、計画・環境系、構造・生産系に細分し系統的に履修させる教育課程に編成している。これらのカリキュラムのもと、技術者としての人間性や自然、社会に対する幅広い視野と教養を身につけ、技術が人間社会や自然に与える影響、および建築・都市工学技術者の果たすべき役割について理解し、幅広い知識を獲得できる能力、および技術者としての基本的コミュニケーション能力を有し、専門技術者に必要とされる、意匠・構造・設備の全般的知識・技術を修得し、良い建築・都市空間の提案ができ、構造設計能力を身につけ、施工生産過程を理解した能力を身につけた人材を輩出している。
教員養成においても将来の技術者を育てる工業教育およびその基礎となる数学教育を担うことができる教員の養成においても前述のポリシーをもって、本学科の教育の特長を活かし、社会環境や社会情勢が認識でき、生徒目線で指導ができる人間性に優れた、課題を発見して解決する能力のある指導力に優れた教師を育成したい。

理工学部 機械工学科(取得可能免許種:中学校・高等学校/数学 高等学校/工業)

機械工学は時代の要請に応えて産業の発展と社会の進歩に貢献するため、輸送機械、エネルギー機械、生産機械など様々な機械を生み出してきた。機械工学の役割は現代に至ってさらに重要度を増し、将来の持続可能な社会の実現に向けて、資源・エネルギー・環境保全を意識でき、少子高齢化などの社会環境の変化やグローバル経済における過酷な競争にも対応できる機械技術者が求められている。
本学科はこれらの人類、社会が直面する課題の解決に寄与する機械の研究開発や、ものづくりの基礎となる機械工学の専門知識を修得し、問題を発見し解決するための能力をもつ実務的技術者を養成することを教育研究上の目的としている。合わせて、社会への貢献を目指す意味でも、将来これらの技術者を育てる工業教育を担う事ができる教員養成を重視するとともに、工業教育の基礎となる数学教育を担当できる教員も目指す。
本学科は機械工学の専門知識に加え人間力、実践力、統合力を学習教育目標にかかげている。粘り強く倫理的な判断・行動ができる人間力を備え、情報収集やコミュニケーションなどの実践的能力を有し、習得した知識や経験を統合して事に対処できる実践的指導力に優れた教師を育成したい。

理工学部 電気電子工学科(取得可能免許種:中学校・高等学校/数学 高等学校/工業)

電気電子工学科は本学の教育理念である「建学の精神に則り、全人の育成を第一義として、人間力・実践力・統合力を養い、自らが課題を発見し、そして解決することができる知的専門職業人を育成する」に基づき、「電気電子工学と情報通信工学の幅広い技術をバランスよく学ぶとともに、社会全体に対する役割を自覚し、製品開発や設計施工の現場において課題を発見し解決できる力をもつ実践的な電気系技術者を育成する」ことを教育研究上の目的としている。これと併せて社会に貢献するためにも、将来の技術者を育てる工業教育を担当できる教員の養成、ならびに、工業教育の基礎となる数学教育を担当できる教員の養成をめざす。なお、本学科では電気電子工学の知識習得に不可欠な数学は必修科目としている。
本学科では、人間力・実践力・統合力に次の学習・教育目標を設定している.すなわち「人間力」では、科学技術分野および人文社会分野の素養を身につけること、倫理観・責任感の涵養、自主的な学習習慣を身につけ継続的なキャリヤ形成を行うことを目標としている。「実践力」として、電気電子工学の学習に必要な数理能力を身につけること、専門知識の習得、実験を計画・遂行し協働能力と専門知識の応用能力を身につけること、論理的な記述・対話・発表ができるコミュニケーション能力を養うことを目標としている。さらに「統合力」として、問題発見・解決能力を身につけることを目標としている。
本学科の教育の特徴を活かし、科学技術分野に幅広い知識を持ち、倫理的で責任感があり、コミュニケーション能力のある実践的指導力に優れた教師を育成したい。

理工学部 都市環境工学科(取得可能免許種:中学校・高等学校/数学 高等学校/工業)

わが国は、先人たちの努力により世界有数の豊かな経済社会を築きあげてきた。しかし、現在の都市には、少子高齢化、過密化などの社会環境の大きな変化が進展し、これらの要因が災害に対する脆弱性を増大させている。また、森林、耕地の減少やエネルギーの大量消費などが原因となって環境破壊が進行し、地球規模の気象変動が起こるなど人間社会の存続に懸念が生じている。このような状況を克服し、社会状況や環境との調和を図り、持続可能な発展が可能となる社会基盤を構築することが喫緊の課題となっている。さらに、社会基盤整備事業の入札に関する問題や、過度の価格競争に根ざす社会資本の品質低下の問題などが表面化し、倫理観を持ち合わせた人材が求められている。本学科では、これら社会的な要請に応えるため、環境を保全しつつ都市基盤を整備するための建設技術と環境計画に関わる教育研究に重点を置き、都市基盤の建設・維持管理・リニューアルに活躍する実務的技術者を養成することを教育研究上の目的としている。これと併せて社会への貢献を目指す意味でも、将来これらの技術者を育てる工業教育を担うことができる教員養成を重要視するとともに、工業教育の基礎となる数学教育を担当できる教員の養成も目指す。本学科の教育の特徴を活かし、チームワークやリーダーシップ、コミュニケーション力などを伸ばし、実践的指導力に優れた教師を育成したい。

外国語学部

外国語学部 外国語学科 (取得可能免許種:中学校・高等学校/英語)

本学の教育理念は「全人の育成を第一義として、人間力・実践力・統合力を養い、自らが課題を発見し、そして解決することができる知的専門職業人を育成する」というものである。外国語学部ではこれに基づき、高度な外国語運用能力とコミュニケーション能力、広い視野と深い教養、自ら考え行動する力、異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティを備えたグローバル人材の育成を目指している。そのために4年間一貫した習熟度別・少人数教育に加えて、海外留学・海外研修・海外インターンシップなどの充実した海外プログラムを実施している。また、文化および社会系科目とともにアクティブラーニング科目を重視し、語学・教養・人間力を高めるバランスのとれた全人教育を行っている。
教員養成においては、高い外国語運用能力とともに、言語の背景にある文化や社会についても深い知識をもち、異文化を尊重する態度を指導できる教員の養成を目指す。また、語学教育に関する専門的な知識と技術をもち、教育の現場で信頼される人材になることを目指す。さらに教育者としての使命感をもち、日々工夫し研鑽する態度を持ち続け、人間的に尊敬される教員の養成を目指す。

経営学部

経営学部 経営学科 (取得可能免許種:高等学校/商業)

急速なグローバル化の進展、ITの普及、地域の疲労・衰退、少子高齢化の進展、気候変動や環境問題の深刻化など、現代の経営環境は、複雑化し、めまぐるしく変化している。本学科では、外部環境の変化に柔軟に対応して自ら判断し行動できる主体性、実践力を有した人材を育成する。
教員養成にあたっては、専門知識を身につけるとともに、幅広い見識と豊かな人間性、組織のマネジメント能力を備えた教員として、「企業経営」、「会計ファイナンス」に関してわかりやすく、生徒に理解させることができかつ生徒が、学ぶ楽しさを実感し、自ら学ぶ姿勢を身につけるよう指導できる専門的知識とコミュニケーション能力や人間性、倫理観を備えた教員を育成する。

経営学部 経営情報学科 (取得可能免許種:高等学校/商業・情報)

現代の日本社会では、技術や知識の高度化、複雑化に加えてグローバル化が進展し、それらに対応できる能力や資質を持った人材が求められている。本学科では、1982年の学科創設以来、社会や組織で活躍できる経営に関する知的専門職業人としての能力を身につけるとともに、幅広い教養と実践力をあわせ持ち、物事を科学的に考え行動できる人材を育成してきた。具体的には、基礎・教養科目でグローバル化に対応できる高度なコミュニケーション能力や豊かな人間性と倫理観を養い、専門科目では高度なIT活用能力を養うとともに、それによる情報収集、分析能力を身につけ、経営戦略などに活用できる人材を育成し、社会に貢献している。さらに、キャリア教育においては、経営をより実践的に理解できるよう、初年次から段階的にキャリア科目を設置し、学生の就業力向上に寄与している。教員養成においても、上記の能力を活用して、現代社会の課題を生徒にわかりやすく教え、興味を持たせることができるだけでなく、キャリア教育に関しても適切なアドバイスができる指導力を持って活躍できる人材を育成する。

法学部

法学部 法律学科 (取得可能免許種:中学校/社会 高等学校/公民)

法学部法律学科は、教育研究上の目的として「幅広い教養と法学・政治学・法政策学に関わる専門的知識に裏打ちされ、論理的に問題解決ができる能力を有し、主体的に社会貢献をなしうる人間力を持った人材を養成する。」ことを目指しており、そのために、教育課程では、六法を中心に体系的に法律を学ぶ「法律学特修コース」、企業での職業生活や消費生活と法との結びつきに重点を置く「企業法務コース」、地域に貢献する政策のあり方を実践的に学ぶ「地域政策コース」、そして、スポーツ法政策を実践的に学ぶ「スポーツ法政策コース」の4つのコースに分け、学生の主体的な学習が可能となる幅広いカリキュラムを編成している。
法規範を基礎として学び、政治学・政策学も理解することは、社会生活の様々な場面で生じる諸問題を解決できる能力を身につけることになり、それは、社会科教員として必要な「公正な判断ができる能力」を兼ね備えられることになる。本学部では、そのような教員を養成することにしたい。

経済学部

経済学部 経済学科 (取得可能免許種:中学校/社会 高等学校/公民)

摂南大学経済学部経済学科は、「世のため、人のため、地域のために『理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人の育成』を行いたい」という本学の建学の精神に基づき、現代の経済社会の諸問題に積極的に取り組むことができる知的・専門的経済人を養成することを目的に教育を行っている。
現代の経済社会は、高度化、複雑化しており、様々な要因による諸問題をかかえている。経済学科では、グローバリゼーションが進行する中で成熟段階に入った日本経済の諸問題に対応するために「国際経済」「地域経済」「観光経済」の3コースを設けて人材育成にあたっている。カリキュラムにおいては、基礎的な経済理論を修得させるとともにフィールドワークやグループワークなどの手法を多く用いて柔軟なエコノミック・シンキング(経済学的な思考法)を身につけた人材を育成する。
教員養成にあたっても、専門教育で基礎学力を養うだけでなく、柔軟なエコノミックシンキングやグループワークの手法などを身に付けることで、本学の建学の精神を踏まえた社会科の教諭として、日々の経済活動、地域社会の活動の仕組などを分かりやすく、生徒に理解させることができ、生徒の素朴な疑問に真摯に対応できる教師像を目標としている。

農学部

農学部 農業生産学科(取得可能免許種:中学校・高等学校/理科 高等学校/農業)

作物や作物生産環境の科学的真理の解明を行い、環境への負荷が少なく、生産効率の高い農業生産を新技術の開発等により実現・普及させるために必要な知識・技術を身につける。その目的を達成するために、座学、実験のみならず実習・演習教育に力を入れ、コミュニケーション力を養うとともに、深く考察し同時に正しい判断を下して実践する能力の醸成を図る。
こうした教育方針をベースに、同学科では大学の教員養成に対する理念に基づき、主として以下の点に重点をおきながら、高度な資質をもつ教員の養成を目指す。
(ア)農学、生命科学、環境科学などの学問領域を学んだ総合力のある教員を育成する。
(イ)農業生産環境並びに自然環境と作物生産との関連について専門的な知識と農業技術を身につけ、人類が直面している食料、生命、環境に関わる諸問題の解決に貢献し、豊かな創造力と強い指導力を有した教員を育成する。
(ウ)人権を尊重し、教育者としてふさわしい人間力のある人材を育成する。

農学部 応用生物科学科(取得可能免許種:中学校・高等学校/理科)

生物・生命の諸現象と、その背後にある原理とメカニズムを、分子から個体、集団、生態系を含む視点で深く学び、さらに、農学や情報科学についても実践的な教育を通じて基礎的な素養を身につける。
このようにして身につけた広範な知識を基にして、人類が直面している食料、生命、環境に関わる諸問題を解決する能力の醸成を図る。こうした教育方針をベースに、同学科では本学の教員養成に対する理念に基づき、主として以下の点に重点をおきながら、高度な資質をもつ教員の養成を目指す。
(ア)農学、生命科学、情報科学などの学問領域を学んだ総合力のある教員を育成する。
(イ)ゲノム、遺伝子機能、微生物、植物、動物、水産生物など多様な領域についての専門知識と応用技術を身につけ、人類が直面している食料、生命、環境に関わる諸問題の解決に貢献し、豊かな創造力をもつ教員を育成する。
(ウ)人権を尊重し、教育者としてふさわしい人間力のある人材を育成する。

農学部 食品栄養学科(取得可能免許種:栄養教諭)

児童生徒等の「栄養の指導および管理をつかさどる」教員として、その専門性を活かし、「食」に関する指導の全体計画の作成等で中心的な役割を担う栄養教諭を育成する。具体的には、「食」のプロセス(農産物の生産から加工、流通、消費まで)の学修を基本に、食品ロスの削減等、環境へも配慮した食育を理解し、「食の大切さ」を食育の指導を通して児童・生徒に伝え、地域社会や持続可能な社会の実現に貢献する実践的能力の醸成を図る。
こうした教育方針を基本に、本学科では本学の教員養成に対する理念に基づき、主として以下の点に重点をおきながら、高度な資質を持つ栄養教諭を養成することを目指す。
(ア)食に関する指導と給食管理を行うための専門的技術や知識を修得した教員を育成する。
(イ)学校においての食育に関する指導者として、児童・生徒の個別指導、集団的指導、また家庭・地域と連携した食の指導を行うための知識と実践力を身につけた教員を育成する。
(ウ)人権を尊重し、教育者としてふさわしい人間力のある人材を育成する。

学部・大学院

ページの上部へ