学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 住環境デザイン学科
  5. 住環境デザイン学科|授業・受講生紹介

理工学部 - 住環境デザイン学科|授業・受講生紹介

演習や調査を通じて住環境デザインに関する能力を養成。

基礎的なデザイン能力を修得する造形演習や、地域空間の環境整備についての確かな知識を身につける住まいや地域の調査・分析など、さまざまな角度から、住環境デザインに対する知識や技術を修得します。

共通系住環境デザイン概論

前半では世界の集落と民家、都市型LDK住宅、地域性とデザインなど具体例をもとに住環境について幅広く学習。後半では音、光、熱など環境の諸要素を学び、エコロジカル・デザインの意味について考えます。

空間デザイン系住居計画学

現代日本住居の変遷を概観。住宅近代化の過程、異なる地域の住居の比較、建築家による住宅、集合住宅などについて具体例を題材に学び、新しい都市居住に対応する住居のあり方について考察します。

環境デザイン系住環境設備A

空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備など、建築環境設備について学びます。近年の都市や建築にかかわる環境問題を背景に、建築設備を広く住環境全般からとらえ直します。

演習系設計演習Ⅰ~Ⅲ

「Ⅰ」では個人の住空間を設計。「Ⅱ」では商業空間の課題により、さらに踏み込んだ考え方と技術を習得。「Ⅲ」では、集合住宅や学校建築を対象に、地域社会や環境問題など、複雑な課題を解決する設計を提案。総仕上げとします。

受講生紹介

人と自然の関係をとらえ、未来の住環境をデザインする学生たち。

目指す職種やつくりたいものはそれぞれでも、学生たちに共通しているのは「住環境を考えることは、人間と自然の関係をとらえ直す」という視点。この視点が、住環境デザイン学科ならではの創造につながっています。

interview
杉本 大樹さん2017年3月卒業(広島県/盈進高校出身)就職先:株)乃村工藝社

杉本 大樹さん

一瞬で感動を与えられる空間デザインを。

好きだった授業は「設計演習」。光や緑の採り入れ方や、人々が交流しやすい場所づくりなど、課題を解決しながら設計する過程が楽しかったです。学ぶうちに、とくに興味を感じたのが空間デザインです。建物の中へ入ったとき、その一瞬の感動や驚きを人に伝えられる空間をつくること。それが自分のやりたいことだと感じました。将来は、国際的な大規模イベントなどの空間デザインを手掛けるという目標へ向かって、努力したいと思います。

interview
平井 彩夏さん2016年3月卒業(兵庫県/尼崎高校出身)

山﨑 理愛さん

あらゆる人にとっての快適な住まいを提供したい。

知識を深めるため、2年生で「福祉住環境コーディネーター」の資格を取得。それから、「建築」と「福祉」の両方を考えることのできる仕事を目指すように。希望通りの就職ができましたが、面接対策や履歴書の書き方など、就職部の親身なサポートが本当に役立ちました。将来は、多くの人が笑顔になれるような暮らしに貢献したいと考えています。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP