学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 住環境デザイン学科
  5. 住環境デザイン学科|授業紹介

理工学部 - 住環境デザイン学科|授業紹介

一級建築士に必要な授業はもとより、演習や調査を通じて住環境デザインに関する能力を養成。

基礎的なデザイン能力を修得する造形演習や、地域空間の環境整備についての確かな知識を身につける住まいや地域の調査・分析など、さまざまな角度から、住環境デザインに対する知識や技術を修得します。

共通系住環境デザイン概論

前半では世界の集落と民家、都市型LDK住宅、地域性とデザインなど具体例をもとに住環境について幅広く学習。後半では音、光、熱など環境の諸要素を学び、エコロジカル・デザインの意味について考えます。

空間デザイン系住居計画学

現代日本住居の変遷を概観。住宅近代化の過程、異なる地域の住居の比較、建築家による住宅、集合住宅などについて具体例を題材に学び、新しい都市居住に対応する住居のあり方について考察します。

環境デザイン系住環境設備A

空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備など、建築環境設備について学びます。近年の都市や建築にかかわる環境問題を背景に、建築設備を広く住環境全般からとらえ直します。

演習系設計演習Ⅰ~Ⅲ

「Ⅰ」では個人の住空間を設計。「Ⅱ」では商業空間の課題により、さらに踏み込んだ考え方と技術を習得。「Ⅲ」では、集合住宅や学校建築を対象に、地域社会や環境問題など、複雑な課題を解決する設計を提案。総仕上げとします。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP