学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 建築学科学部・大学院
  5. 建築学科|授業・受講生紹介

理工学部 - 建築学科|授業・受講生紹介

建築や都市の歴史から最新の技術やアイデアまで、幅広い学問領域。

安全で快適な建築や都市空間の創造に必要な構造や材料に関するプロフェッショナルな視点を培う専門教育、また、現代ニーズに応えるユニバーサルデザインの最新の教育・研究、コンピュータ(CAD)による設計支援教育、空間に対する感性を磨く造形教育など、建築を多角的に学習していきます。

共通系建築情報処理応用

建物や構造物の設計・施工に必要なコンピュータを用いた設計(CAD)の技術を習得。建築ソフトを用い、柱や壁、階段、さらには家具や外構などの一般図面作成やプレゼンテーション図面の作成に挑戦します。

計画・環境系近代建築史

建築の歴史を社会変動や技術革新と関連づけ学習。アーツ・アンド・クラフツ運動からアール・ヌーヴォーへの展開、モダニズム建築に込められた思想、そして現代建築まで理解し、表現力にもつなげます。

構造・生産系構造実験

コンクリートや鉄骨など建築物を構成する主な構造要素や材料について実験を通じて学びます。コンクリートを練る作業など、材料や構造部材を見て、触れて、感じる貴重な体験から構造設計への理解を深めます。

実験実習系設計演習Ⅱa・Ⅱb

木造や鉄筋コンクリート造の一般図と詳細図を模写し、図面の意味や表記法などを理解。設計課題では、都市の施設などを題材に図面や模型の作成を行い、平面計画・外観デザインについて学びます。

受講生紹介

幅広い視点から建築を学び、建築家やエンジニアを目指す。

ひと口に建築を学ぶといっても、その方向性や対象、コンセプトは学生によって多種多様。学びの中で培った確かな工学技術とデザインセンス、環境視点を生かし、これからの建築を考えられる建築家やエンジニアを目指し勉学に励む学生たちを紹介します。

interview
塩本 紗希さん2017年3月卒業(大阪府/四條畷学園高校出身)就職先:積水ハウス(株)

塩本 紗希さん

私の想像を超えた建築学科での学び。

入学時には想像もできなかったほどの多くの学びを、この4年間で得られました。建築家をはじめとする先生方の指導、フィリピンで復興シェルター住居を製作した「ものづくり海外インターンシップ」、研究室で取り組んだ近代和風建築の調査・分析プロジェクト。数々の学びから得た「プラスαの設計・提案をする」という発想は、就職を志望していたハウスメーカーでの実習時にも発揮することができ、就職へとつなげることができました。

interview
矢野 愛佳さん2016年3月卒業(大阪府/西寝屋川高校出身)

矢野 愛佳さん

建築への興味が高まる幅広い領域の学習。

設計だけでなく、構造理論や建築史、都市計画など、建築の専門分野を幅広く学べた4年間。ゼミでは都市づくりをテーマに研究し、建物の耐震化や道幅の拡大の必要性など、数字としてはっきり理解できるようになりました。大学での専門的な学びを生かし、大阪府が取り組む都市計画などを統括・監理する立場として、府民のために力を尽くしていきたいと思います。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP