学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 都市環境工学科
  5. 都市環境工学科|研究室紹介

理工学部 - 都市環境工学科|研究室紹介

戸外のフィールドワークや、実験・検証を重ね、
都市と自然環境、人の暮らしのバランスを考える。

都市環境を切り口に、さまざまなアプローチで研究が進められています。この分野は、フィールドワークを取り入れた調査・分析が不可欠だけに、各研究室とも戸外へ出向くアクティブな研究活動が繰り広げられています。摂南大学は大都市・大阪市に近接するとともに周辺には淀川の水と緑があり、都市の問題を多角的にフィールド調査するうえで、実に恵まれた立地条件にあります。

研究室

  • 鋼構造学・橋梁研究室 田中 賢太郎 准教授

    鋼構造学・橋梁研究室田中 賢太郎 准教授

    地域と地域をつなぐ橋梁や橋脚の耐震・耐荷性能の向上を研究

    都市インフラである橋梁の耐震性は重要性を増しています。本研究室では「地震に強い構造物」をテーマに、社会で応用できる研究を推進。合理的かつ低コストでできる耐震対策および耐震補強が可能な制震デバイスの開発に取り組んでいます。他大学や企業とのエネルギー吸収型桁連結装置の共同研究や橋脚の耐荷性能についての研究も進行中。縮小模型を設計・組み立てるなど実践的な手法を通じ、さまざまな可能性を追究します。

    研究テーマ(例)
    • エネルギー吸収型連結装置の温度伸縮による変形についての疲労評価
    • ガセット接合部を対象とした低降伏点鋼S字型ダンパーの検討
    • 長周期地震動を受ける鋼製橋梁の耐震安全性評価
  • 環境地盤工学研究室 伊藤 譲 教授

    環境地盤工学研究室伊藤 譲 教授

    都市のインフラづくりに欠かせない「地盤」の強度や分析法を探究

    高速道路や鉄道、河川・港湾構造物、廃棄物管理施設など、都市のインフラを支える地盤と、都市環境に関する研究を行っています。具体的には、強度、変形、透水性といった地盤の工学的特性を明らかにする研究が挙げられます。また、地盤の熱特性の把握、屋上緑化や軟弱地盤改良工事の改良効果を予測する方法の研究など、地盤の性質を把握することにより、都市環境の改善につなげることがこの研究室の課題でありテーマになります。

    研究テーマ(例)
    • 凍結融解を利用した汚染土壌の浄化修復に関する研究
    • 軟弱地盤改良工事の改良効果に関する研究
    • 多層通年植栽による屋上緑化に関する研究
  • 地域環境計画研究室 熊谷 樹一郎 教授

    地域環境計画研究室熊谷 樹一郎 教授

    少子高齢化社会への対応や、安全・安心の街づくり計画を策定

    本研究室では、コンパクトシティなどを想定した市街地の集積状態、安全・安心のまちづくりを目指した防災・減災面での街のあり方、緑地・公園の配置に着目した植生の分布状態など、都市計画の分野を研究しています。少子高齢化社会では、車ではなく徒歩で移動可能な範囲で生活できる都市環境が理想となるでしょう。また、防災を考えた道路の再検討も必要です。こうした課題を、シミュレーションを通じて分析し、これからの都市計画のあり方を探ります。

    研究テーマ(例)
    • 人口分布と土地利用分布を用いた市街地集積度の広域分析
    • 道路ネットワークに基づいた避難区域の空間的配置特性について
    • 市町村スケールにおける植生分布の空間分析手法の応用

その他の研究室紹介

  • ライフライン工学研究室
    地震災害から人命を守ることを目的に、都市ライフラインの地震時挙動と対策について、ハード・ソフト両面での研究を行います。
  • 都市・地域計画研究室
    都市や地域の良好な環境づくりのための計画手法や施策について、また市民やNPOなどとの協働のあり方、地域の計量手法などについて研究します。
  • 建設材料研究室
    建設材料の特性や鉄筋コンクリートなど構造部材の特性を研究。再生コンクリート実用化など環境問題に重点を置きます。
  • 地盤工学研究室
    土・地盤の性質を把握するため、地盤の工学的性質を求める試験法や地盤改良などについて研究を行います。
  • 生態環境学研究室
    都市河川の生態環境、里山や河川敷における在来植物の再生、水辺ビオトープなどを実践的に学びます。
  • 環境水工学研究室
    河川の自浄機能を超える汚濁物質の流入によって悪化した河川水をどう改善するか。その具体策について研究します。
  • 環境衛生工学研究室
    上下水道システムの高度化、環境マネジメントを学びます。

学部・大学院

ページの上部へ

TOP