学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 薬学部|授業紹介

薬学部|授業紹介

授業紹介

授業紹介

人体や医薬品に関する知識を、さまざまな角度から学習する。

授業では、人間の体と医薬品の関連性や有機化合物の構造や性質など、薬剤師として必要なさまざまな知識を身につけます。また、最新の医療現場で活躍されている医師、看護師の先生方に教育に直接かかわっていただくなど、他大学にはない特色ある医療人教育・研究を実践しています。

基礎 薬剤師になるために

人の命にかかわる職業人(薬剤師)になることを自覚し、それにふさわしい行動や態度を身につけます。また、薬の専門家として身につけるべき基本的な知識、態度を講義やグループ討議などで習得します。

生物系 生理解剖学Ⅰ

薬剤師にとって重要な人体の構造と成り立ちを理解します。そのために、生命体の構造と機能調節などに関する基本的知識を習得。体全体を正常に保つ能力のメカニズムについても学びます。

医療系 循環器疾患治療学

不整脈など循環器疾患の薬物治療を習得するため、疾患の発症メカニズムと症状を理解します。その後、医薬品に関する薬理作用、副作用などを学習。医療現場に即した薬物治療に関する知識を身につけます。

実習・演習臨床薬学演習(カルテ読解演習、セルフメディケ―ション演習)

6年制薬剤師に期待される「社会のニーズ」を具備した薬剤師になるために、カルテ読解演習とセルフメディケーション演習を実施。薬剤師の新しいスキルに関する基本的知識、技能、態度を身につける。

学部・大学院

ページの上部へ