学生生活 学生生活イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学生生活
  3. 障がい学生修学支援に関する指針(ガイドライン)

摂南大学「障がい学生修学支援に関する指針(ガイドライン)」

1.支援体制

「障害者基本法」の基本理念にのっとり、2016(平成28)年4月から「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が施行された。同法では、障がいのある人に対して、障がいを理由として差別することを禁止し、また、障がいのある人から、社会の中にあるバリアを取り除くために何らかの対応を必要としているとの意思が伝えられたときに、負担が重すぎない範囲で対応する「合理的配慮」を行うことが規定されている。私立大学においては、障がい者への差別的取扱いの禁止が法的義務となり、合理的配慮の提供が努力義務とされ、適切な対応が必要となっている。摂南大学では、こうした動向を踏まえ、建学の精神と教育の理念を実現するため、障がいのあるすべての学生が他の学生と同じように学修し、成長、自立ができるように、本指針(ガイドライン)を定め、障がい学生の支援体制を整備・推進していく。

全学的な支援体制をとるために「障がい学生支援委員会」を設置する。委員会は、副学長、教務部長、学生部長、入試部長、就職部長、学長室長、教育イノベーションセンター長、枚方事務室長、企画課長、教務課長、学生課長をもって構成する。

2.障がい学生修学支援の基本方針

  1. 障がい学生本人(および保護者)からの申請(要望)に基づいて、申請者と話し合いながら、学生が学生生活を送るうえで必要な支援を行っていく。
    申請(要望)の内容について委員会で精査し、必要な支援を決定し、実行する。
  2. 入学前から支援に取り組み、入学後の修学から就職活動に至るまで、継続した支援を行っていく。
    入学試験や入学後の授業において、必要な支援を早期に行うため、入学前から相談を受け付け、支援を行う。
  3. 教職員が連携して、全学的な支援を行う。
    特定の教員・部署のみが個別に対応するのではなく、全学的な取り組みとして、教職員がさまざまな関係部署や支援学生と連携を図りながら支援を進めていく。
  4. 全学生が質の高い同一水準の教育を受けることができるよう支援する。
    すべての学生に必要な情報を伝えるために、授業資料の作成や教材や課題の提示方法等について、教務課が教職員からの相談に応じる。これにより、全学生が質の高い同一水準の教育を受けることができる。
  5. 全学生へ同一基準で成績評価を行う。
    障がい学生に対して、レポート等の作成・提出期間、定期試験の実施方法、時間配分等に配慮することで、同一基準での成績評価が可能となる。

3.支援体制

本人、保護者、出身高等学校教員等

本人と面談し、情報収集を行う

  • a. 計画立案
    委員会において、支援の必要性・支援方法について検討し、支援計画を作成する
  • b. 関係部署・所属学科と対応を協議
    関係部署・所属学科等、必要な関係機関と委員会で協議する
  • c. 説明
    該当学生に支援内容について説明を行う

授業担当教員が計画に沿った授業を実施し、該当学生が受講する

委員会において、該当学生に対する支援の評価を行う

支援に関する相談窓口

寝屋川キャンパス(学生部学生課) TEL:072-839-9452
枚方キャンパス(枚方事務室) TEL:072-866-3100

学生生活

ページの上部へ

TOP