教育研究 教育研究イメージ画像

  1. トップページ
  2. 教育研究
  3. 研究支援
  4. 技術相談

技術相談

研究支援・社会連携センターでは、企業様等が抱える課題解決、技術改良等に関わる技術相談を受けています。
摂南大学には理学、工学、薬学、看護、経営、経済、人文学等、広範な分野を網羅する多数の専門家がおり、様々な分野で研究活動を行っています。企業様等の現場における技術的な問題を中心に、本学の専門家が相談に応じます。なお、技術相談内容等の情報は、秘密の保持を厳守します。

1.相談の申し込み

  ①電子メール: SETSUNAN.Kenkyu.Shakai@josho.ac.jp

  ②FAX: 072-800-1161

  ③郵送: 〒572-8508  大阪府寝屋川市池田中町17-8

技術相談の申込は、「技術相談申込書」に相談内容をできるだけ具体的にご記入いただき、①電子メール、②FAX、または③郵送のいずれかの方法で、研究支援・社会連携センターまでお申込みください。相談内容や連絡先などを正確に受け取れるよう、電話での相談や相談のお申し込みはご遠慮ください。なお、技術相談そのものについてのお問い合わせは、電話でも結構です。

  技術相談申込書 (Word形式) (PDF形式)

なお、相談の内容によっては、相談に応じられない場合(※)があります。

※相談に応じられない場合(例)

1)他機関に相談する方が適切な場合
 → 適切な対応機関が判明する時は、紹介させていただく場合があります。

 例) ・単純な分析・試験等の依頼
    ・対応できる研究者がいない場合
    ・対応するための機器類がない場合 など

2)大学としての対応が困難な場合
 → 相談に応じかねます。

 例) ・相談内容について、既に他企業様等と共同研究契約等を締結している場合
    ・製品開発、商品開発を大学が行う場合
    ・社会通念上問題のある場合
    ・社会的に評価が分かれる問題
    ・大学に対し知的財産上の技術調査の依頼、義務を課すような場合
    ・係争に関わる場合
    ・大学の名称を使用することを目的とした相談 など

2.適切な専門家を検討

「技術相談申込書」を受理後、相談内容に適当と思われる教員を検討します。
なお、相談には可能な限り対応させていただきますが、対応可能な教員が不在等でお引き受けできない場合もありますので、あらかじめご了承願います。

3.専門家を推薦・相談日を決定、相談

相談内容に適当と思われる教員が決まりましたら、当センターから相談日と場所を調整させていただきます。

4.技術相談用の秘密保持契約書

企業等と大学が継続的な情報交換を行うにあたっての秘密保持を定めた雛型の契約書です。

(Word形式) (PDF形式)

教育研究

ページの上部へ

TOP