学科長挨拶 MESSAGE

住環境デザイン学科では、「ECO技術×空間デザイン+IT」をテーマに、緑・水・光・熱・風などの自然の力をかりて豊かな「住環境」を創造するための技術と考え方を学びます。建築学における「環境工学」分野と「計画・設計デザイン」分野の両面から探求する、世界でもめずらしい教育プログラムを実践しているところに特徴があります。そのため、建築環境工学的な視点、建築設備の教育に重点をおいた講義や演習科目も豊富で、ほとんどの学生が履修しています。

近年、世界的な環境意識の高まり、省エネ化が社会的要請となる中で、設備系の人材が多く求められています。また、本学科の特徴である環境や設備の知識が豊富な建築設計者が、今後大いに活躍することが予想されています。

住環境デザイン学科の「デザイン」という言葉は、単に「見かけ」という意味ではなく、その背後に人をベースとした確かな技術やアカデミックな裏付けがあって成り立ちます。住環境をデザインするには、電気や機械などを専門とした工学系技術者と共に、住環境デザイン学科で学んだ技術者も協働の必要があると思います。実際、2014年に一期生を輩出して以来、本学科の認知度は日増しに高まり、就職の状況も非常によくなっています。それは本学科の社会貢献のあり方であり、未来の展望を示すものだと思います。