学科紹介 STUDY SUBJECT

学科紹介をPDFで見る
本学科は、建築学における「環境⼯学」分野と「計画・設計デザイン」分野の両面からの探求を中心とする世界でも新しい教育プログラムを実践しています。 「ECO技術×空間デザイン+IT」をテーマに、緑・水・光・熱・風などの自然の力をかりて豊かな「住環境」を創造するための技術と考え方を学びます。 「住環境」とは、ここでは広く「人」の「住まう空間」を意味し、室内から地域コミュニティ、ときには地球環境までを含みます。現在、世界中で持続可能な「住環境」が求められています。それに応えるためには、エネルギーや資源を節約する技術が必要です。また、その地域の風土や文化と融合し、個⼈や社会を本質的に豊かにする考え方やデザイン力も必要です。 このような考え方に立った未来の「住環境」を創造する建築士や環境エンジニア、インテリアデザイナーを育成します。
ECO技術を3つのデザイン領域で活かす
自然に対する理解や人間工学を駆使し、住まいや商空間のインテリアをデザイン。 自然の恵みを感じることのできる心地良さや機能性を考察し、CG を用いてデザイン検討、プレゼンテーションを行える技術を習得します。
自然の力を豊富に採り入れる技術とデザイン、また周辺の環境と調和する住宅づくりを学びます。CAD による設計、さらにはCG によるシミュレーションを通じ、新しい住宅のあり方を追究します。
GIS(地理情報システム)による都市分析やヒートアイランド緩和技術などを研究。 文明の利便性と自然環境保全を両立させるまちづくりやコミュニティーづくりを追究します。
3つのコースで、より高度な専門能力を追求する
3つのコースで、より高度な専門能力を追求する 3つのコースで、より高度な専門能力を追求する 3つのコースで、より高度な専門能力を追求する
3つのコースで、より高度な専門能力を追求する
3つのコースで、より高度な専門能力を追求する
3つのコースで、より高度な専門能力を追求する
3つのコースで、より高度な専門能力を追求する
3つのコースで、より高度な専門能力を追求する
住環境デザイン学科の履修科目は、教養科目と専門科目に分類される。教養科目は、自分を知り社会を知る幅広い知識と教養を修得するものであり、一方、専門科目は、その基礎となる専門基礎群、中枢である専門コア群、少人数教育群に細分され、学生は自らの目標にそった科目を選択する。さらに、住環境デザイン学科の教育目標を達成するために、専門コア群は、住環境に関わる基礎的な知識やデザイン技能について幅広く学ばせる「共通系」と室内・建築環境から都市・地域環境にかかわる環境工学及び構造工学の専門知識と技術を身につける「環境デザイン系」と室内・建築空間から都市・地域空間にかかわる計画学及び建築史などの専門知識と技術を身につける「空間デザイン系」の3つの系で構成する。 また、少人数教育群は、実践的な技術を教授する「演習系」と自主性を発揮させるための「ゼミ系」の2つの系とする。 専門コア群の科目には、住環境に関わる知識やデザイン技能について幅広く学ぶための「住環境デザイン概論」「図形科学」など共通系科目があり、また、自然の力を借りたエコ技術を豊かに展開するための環境工学及び構造工学の専門知識と技術を身につける「住環境工学A、B」「構造力学Ⅰ、Ⅱ」など環境デザイン系科目があり、空間デザインを豊かに展開するための計画学及び建築史などの専門知識と技術を身につける「建築計画学」「地域・都市計画学」など空間デザイン系科目がある。 それらの知識を有機的に統合化する少人数教育群の科目には、講義で得た知識をより深く理解させることを目的とする「空間表現演習A,B」「設計演習Ⅰ~Ⅳ」「環境工学演習」など演習系科目、個々の学生に適した教育を行うために1年生前期から4年生後期まで連続した「ゼミA~D」「卒業研究」などゼミ系科目がある。
なお、3年次からは次の3つのコースに分かれ、より将来の希望進路を意識した学習を可能とします。
1. 環境デザインコース
室内・建築・都市といった住空間の環境系及び構造系の専門的技術の基礎的能力及び実践的な応用力を身につける。
2. 空間デザインコース
住生活及び住環境に関する歴史や意匠の知識を修得し、室内・建築・都市といった住空間を対象とする計画技術の基礎的能力及び実践的な応用力を身につける。
3. 住環境デザイン総合コース
環境デザインと空間デザインに関する包括的な専門的知識と技術を身につける。
多様な視点から「住環境」を学べるカリキュラム
ゼミナールの流れ
学習教育目標(2014年度以降入学者用)
住環境デザイン学科の教育理念は次の通りである。すなわち、住宅や身の回りの生活空間を取り巻く多様な環境技術と空間デザイン領域を基礎から学び、地球環境を含めた広範な人間の住環境に存在するさまざまな問題点を的確に捉える能力を養う。さらに、これらの問題点の解決方法を提案するための実践的技術とデザイン感性を修得し、サステナブルな住環境を倫理観をもって創造することができる技術者やデザイナーの育成をめざすことである。 このような住環境デザイン学科の教育の理念と本学の建学の精神に基づいた以下の教育目標を揚げ、理論の学習と演習および実験・実習の体験学習を組み合わせた教育を行い、理念・目標を達成するように図っている。
A. 人文・社会科学系教養
語学、社会学、経済学、哲学、文学、歴史学などの多様な人文・社会科学系授業科目の学習により、地球的視点による人間や自然、社会に対する幅広い視野の教養と倫理観を身につける。
B. 数学・自然科学系教養
数学・自然科学系授業科目及び情報技術の基礎の学習により、専門知識の理解をより深めるための教養を身につける。
C. 住環境デザインに関わる基礎的知識・技術者倫理(専門コア群共通系の学習)
住環境デザインの基礎となる考え方や建築法規を学習し、住環境に関わる技術者としての倫理観や責任感を身につける。
D. 住空間を対象とする環境技術と構造技術(専門コア群環境デザイン系の知識)
室内・建築・都市といった住空間の環境系及び構造系の専門的技術の基礎的能力及び実践的な応用力を身につける。
E. 住空間を対象とする計画技術(専門コア群空間デザイン系の知識)
住生活及び住環境に関する歴史や意匠の知識を修得し、室内・建築・都市といった住空間を対象とする計画技術を身につける。
F. 調査・分析能力、デザイン力、コミュニケーション力(少人数教育群演習系授業による実践力の育成)
演習系授業科目を通じて、住環境デザインに関する調査、分析の方法を学習し、課題解決力、デザイン力、コミュニケーション力、自主学習力、計画推進力、チームワーク力を身につける。
G. 人間力・統合力(少人数教育群ゼミ系授業による人間力・統合力の育成)
ゼミ授業・卒業研究を通じて、住環境デザインに関する様々な知識の再構築を図り、デザイン力、コミュニケーション力、自主学習力、計画推進力、チームワーク力を養い、人間力・統合力を身につける。