2005年度京都大学数理解析研究所 研究集会
繰り込み群の数理科学での応用
2005年 9月7 日(水)〜9月 9 日(金)

京都大学数理解析研究所 115 号室

Click here for English

(最新更新日: February 08, 2006)


研究集会のご報告

2005年 9月7 日(水) から 9月 9 日(金) の3日間京都大学数理解析 研究所に於いて標題の研究集会が開催されました.これは例えば
(1) 統計力学や場の理論での応用,
(2) 非線形微分方程式での応用,
(3) 流体力学での応用,
(4) 力学系での応用
のような分野で繰り込み群を使っている方々のお話しをまとめ, これからの展望を議論することが目的でした。 全部で18ほどの講演があり40人を越える参加者がございました。 講演された内容またはプロシーデイングの原稿は以下のプログラムの タイトルとリンクされております。講演された方は、受け取られた マニュアルにしたがって作成され伊東までお送りください。(御異存の無い限り, このホームページに掲載致しますので, 処理に便利な LaTeX 文書を 私宛送付して下さい。)これは数理解析研究所から印刷にまわされ、 2006 年度春出版予定です (講究録番号 No.1482)。
下記のプログラムにおいて各講演者のタイトルのあとの [ps] または [pdf] をクリックいたしますと、 プロシーデイングの原稿または予稿の原稿 をご覧いただけます。(無いものは原稿未着です。)

講演とプログラム(September 07) [ps] , [pdf]


([ps],[pdf] は原稿またはアブストラクトへのリンク)
日時 講演者 所属 表題
Sept. 07
9:30-10:20 J.Lorinczi T.U. Muenchen Renormalization of Nelson's Hamiltonian by Functional Integration [ps] [pdf]
10:30-11:20 広川真男 岡山大学理学部 Some of Bipolaron Problems [pdf] [ps]
11:30-12:20 広島文生, 伊東恵一 九州大学理, 摂南大工 Mass Renormalization of Non-Relativistic QED [pdf]
14:00-14:50 三輪哲二 京大理数学 可積分スピン系の相関関数の代数的表示式
15:00-15:50 稲生啓生, 宍倉光広 京都大学理学研究科 Renormalization for Near-Parabolic Fixed Points of Holomorphic Maps [pdf] [ps]
16:00-1650 A.C.D. van Enter RU Groningen Non-Gibbsian States, Renormalization Group Pathologies and Beyond [ps] [pdf]
Sept. 08
9:30-10:20 吉田稔, S.Alveberio 電気通信大, Bonn Stochastic PDEs on Abstract Wiener Space having a Correspondence with Euclidean Quantum Fields [ps] [pdf]
10:30-11:20 田村博志 金沢大学理数 確率場による Boson, Fermion Para 粒子ガス [ps] [pdf]
11:30-12:20 伊東由文 徳島大総合文化 黒体輻射とプランク輻射公式 [ps] [pdf]
14:00-14:50 上之 和人 名古屋大院計算理工 RG Analysis of a Noisy Kuramoto-Sivashinsky eq. [pdf]
15:00-15:50 B. Tirozzi Univ. of Rome "La Sapienza" Asymptotic Expansions and Calculations of Tsunami Amplitude and Front [ps] [pdf]
16:00-16:50 向田寿光 埼玉医大 An Asymptotic Formula for Marginal Running Coupling Constant and Universality of loglog Corrections [ps] [pdf]
Sept. 09
9:00-10:20 A.C.D. van Enter and S.Shlosman RU Groningen, Marseille First Order Phase Transition in Non-Linear Vector and Lattice Gauge Models [ps] [pdf]
10:30-11:20 保阪賢資 神戸大学理学部 Hierarchical $P(\phi)$ Model の自明性 [ps] [pdf]
11:30-12:20 西野友年, 上田孝治 神戸大学理学部 Snapshot Observation for 2D Classical Lattice Models by Corner Transfer Matrix RG [pdf]
14:00-14:50 坂元啓紀, 糸井千岳, 向田寿光 日大理工, 埼玉医大 Validity of Dimensional Reduction in the Random Field O($N$) Spin Model for Sufficiently large $N$. [ps] [pdf]
15:30-15:50 伊東恵一 , 田村博志 広島文生, 摂南大工, 金沢理, 九州大学理, Fourier Transformation of 2D O(N) Spin Model and Anderson Localization [ps] [pdf]
16:00-16:50 一瀬孝 金沢大学 A Path Integral Preliminary Approach to the FKG inequality for Yukawa${}_{2}$ Quantum Field Theory [ps] [pdf]



今までの研究会のプログラムと報告集原稿

第1回 "繰り込み群の数理科学での応用" (1999 July)
第2回 "繰り込み群の数理科学での応用" (2001 July)
第3回 "繰り込み群の数理科学での応用" (2003 Sept)
第3回 "繰り込み群の数理科学での応用" (2003 Sept)
第5回 "繰り込み群の数理科学での応用" (2007 Sept)
第6回 "繰り込み群の数理科学での応用" (2009 Sept)
第7回 "繰り込み群の数理科学での応用" (2011 Sept)
〒572-8508
大阪府寝屋川市池田中町 17-8
摂南大学工学部数物教室
伊東恵一

Email : ito at kurims.kyoto-u.ac.jp 
        ito at mpg.setsunan.ac.jp
TEL     072-839-9183
FAX     072-838-6599