寝屋川市における環境学習支援と淀川水系を中心とした流域連携プロジェクト

4・5・6月活動報告

4月8日友呂岐水路花見舟下り
 4月8日(土)寝屋川市の友呂岐水路でEボートを運航しました。当日は朝からあいにくの雨でしたが、イベント開始ごろには降りやみ満開の桜の中イベントを開催することができました。乗船しに来られた地元の方と一緒に、普段立ち入ることのない水路から見上げる桜を楽しみました。

4月29日春のイベント「淀川・点野水辺のつどい」
  摂南大学からすぐの淀川・点野水辺で春のイベントが行われました。点野砂洲の環境保全活動や歴史について貴重な話を聞いたあと、水中歩行体験やEボートの運航などを行いました。水中歩行体験とは、災害時に備え、棒で障害物をよけながら歩く体験で、どこでもできるよう会議机やビニールシートで簡易的に作れる水中体験キットを設置し、障害物や流れのある水の中を歩く体験をしました。Eボートは、運航直後に悪天候になったため、残念ながら中止となりました。

5月27日尼崎うんぱく(運河博覧会)
 尼崎うんぱくではPBL生のみでの活動になりました。普段はエコシビル部が中心に行っているEボートの設営や、お客さんの誘導をしました。施設もきれいで地元高校の吹奏楽部の演奏のイベントや尼バーガーなどの出店もあり、お子様が遊べるように段ボールのみでできた遊具がありとても楽しいイベントになりました。

6月4日「近畿水環境交流会in淀川三川合流域」打ち合わせ
 八幡市の「さくらであい館」にて「近畿水環境交流会」および「河川フォーラム」の打ち合わせを行いました。
 近畿水環境交流会は、近畿各地で水環境保全に取り組む団体が集まり、シンポジウムや交流を行うイベントです。7月29日(土)・30日(日)に京阪八幡市駅近くの淀川三川合流域で開催されます。PBLからは2日目に木津川で行う「水面利用」の企画と運営をします。例年は、水中生物の観察・水質測定・写真コンテスト・イラストコンテストなど様々な取り組みを行っています。

6月10日池の里シチューづくり
 池の里市民交流センター・自然体験学習室にて、小学生たちとシチュー作りをしました。自然体験学習室の方が育てていただいたジャガイモを掘り起こしそのジャガイモを使ってシチューを作りました。地域の小学生たちにシチュー作りのサポートをしました。保護者の方々との交流にも繋がったのでとても充実しました。     

6月23日「天若湖アートプロジェクト」最終実行委員会
 ひと・まち交流館京都で「天若湖アートプロジェクト」最終実行委員会を行いました。各担当の進展状況の報告や当日の役割分担などの確認を行いました。
 天若湖アートプロジェクトは京都府南丹市の日吉ダムでダム建設により水没した天若集落の家々に見立てた明かりを湖面に浮かべ、夜景を再現するアートプロジェクトです。

一覧へ戻る