伝えよう、星の神秘と科学

2017/6/29第三回PBL事業

本日は三回生4名が参加した。今回で受講者全員がプラネタリウムを見たことができました。滞在時間が短かったので、プラネタリウム本体の作動確認を中心に作業しました。まず、操作盤のスイッチと何が連動して投影されるのかを確認し、液晶プロジェクターをドームに投影した際に、どの程度歪むか、明度や投射角度なども確認した。最後に、プラネタリウム上映中のクリッカーの操作やPCとの連携について話し合った。

一覧へ戻る