交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2017.9.30(土) 交野おりひめ大学 しぜん農法学科活動報告②

 皆さん、こんにちは。摂南大学経営学部2回生の中村澪です。前回の活動(9/9)に引き続き、交野おりひめ大学しぜん農法学科の活動をレポートさせて頂きます。

 9月30日(土)13:30~15:00、交野市内のKATANOシェアオフィスにて、しぜん農法学科のワークショップに参加しました。今回のワークショップは、当初指導教員の大田先生から頂いた活動予定スケジュール表には載っていなかったため、学生のスケジュール調整がうまく行かず、摂南大学からは私ひとりの参加となりました。ちょっと、淋しい…。


 今回のワークショップは、全体の参加者も4名と少なかったため、急遽、             ①しぜん農法学科として、今後どのような活動が望ましいか?                ②私たち摂南大学の学生が、今後どのようなお手伝いができるか?              等について、打ち合わせをしました。

 以前の話し合いでは、体験農地をするかしないかという話が出ていたのですが、時間的に難しいため、結論としては広報活動やイベント参加のサポートをすることになりました。広報面でのサポートではイベントごとに活動内容をFacebookに掲載したり、会員募集・収穫祭・講演会のチラシデザインなどを考えることになったので、今後は学生リーダーの藤本匠一郎君(経営学部2回生)をはじめ、しぜん農法学科の学生メンバー5人で協力し、若い世代らしい視点で、楽しい様々なデザインを考えていきたいです。

 そして、時間があればなのですが、農業についてのノウハウを教えてくれるアプリの企画もお手伝いさせていただけるみたいなので、これも楽しみです。今後の活動については、藤本君をはじめ他のメンバーや大田先生とも相談し、交野市の地域の皆さんの少しでもお役に立てるよう、頑張りたいと思います。

 なお、添付の写真は、今回の会場のKATANOシェアオフィスです。個人的には、とても良い写真だと思ったのですが、大田先生から「もっと、人間を写せ!」と叱られ、ちょっと気持ちがヘコんでいます。

 まぁ、これからも、めげずに頑張りたいと思います。交野市の皆さん、今後ともよろしくお願いします。

(中村記、一部加筆)

 

 

 

 

一覧へ戻る