交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2017.10.7(土) PBL中間報告会(摂大祭でのポスター展示)

 来訪者「このヘンな顔、何か意味あるの?」

 新田 「この顔の形は、交野市の地形を意味しています。ちょうど、両目のまん中下あ

     たりが市役所の位置です」

 皆さん、こんにちは。摂南大学の新田勇作(経営学部2回生)です。今回、大学祭(摂大祭)で本学PBLの全18プロジェクトのポスター展示がありました。これは、本年度のPBL活動のこれまでの成果などをポスター展示として一斉に並べ、訪れた方々に説明するもので、PBL中間報告会を兼ねています。

 当初、指導教員の大田先生から「新田、お前を中心に、大住君と中川君の3人でやれ!」と言われた時は、「何で俺やねん?」と思いましたが、他の2人のメンバーが精力的に手伝ってくれたお陰で、何とか無事ポスターが完成しました(画像1)。

 当日の会場となった学生食堂1階フロアには、大学関係者はもちろん、摂大祭に訪れた家族連れなど一般の方々も多く訪れ、アンケート記入などを行っていました(画像2・3)。我々のポスターの前にも30人を超える方々が来訪され、様々な質問を受けました。その主な内容は、以下のとおり。

<質問された項目>

・市民大学とは?

・ポスターのキャラの形について

・ちまきなど売れる見込みはあるのか?

・どういった年齢層が多いのか?

・交野在住でなくても参加できるのか?

・それぞれの課題は何ですか?

・イベントの広報はどうしてるのか?

Facebook以外のSNS活動は行っているのか?

・永続的に活動を続けていくにはどうすれば良いか?

 

 実は、予め質問されそうな項目を想定し、答えを準備しておいたのですが、予想をはるかに超える多くの質問を頂き、ちょっとビビリました。うまく説明できなかった方、ゴメンナサイ。

 最後に、ポスターの前で3人で記念撮影をしました。一番最後の画像7の右から、中川君、僕、大住君です。もちろん、一番カッコいい僕がセンターです。とくに女性の皆さん、今後ともよろしくお願いします!

(新田記、一部加筆)

 

 

 

一覧へ戻る