交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2017.10.14(土)交野おりひめ大学 きかく学科③+てがみ学科②活動報告

 皆さん、こんにちは。経営学部2回生の南野 花依です。現在、交野おりひめ大学のきかく学科に所属しています。私がきかく学科のワークショップに参加するのは、8/27(日)に続き2回目ですが、前回同様にレポートさせて頂きます。

 10月14日(土)9:00~13:00、きさいち邸 産巣日(むすび)(交野市私市4丁目)の会場にて、きかく学科・てがみ学科の合同ワークショツプが開催されました(画像1)。参加者は9名(うち摂南大学生:きかく学科1名(私)+てがみ学科2名=3名)です。

 主な活動内容は、以下のとおり。

①ちまき(商品名『姫むすび』)作り

②ちまきの販売・提供

 今回は、きかく学科のみなさんと協力し合って、ちまき作り・販売・提供をしました(画像2)。このちまきは、地域の皆さんが「交野を訪れる人たちに向けて、お土産になるものを作りたい」という想いで、料理家(調理師・製菓衛生士)のikuraさんのご協力のもと、商品化に至ったものです。ちなみに、商品名の『姫むすび』は、摂南大学のPBL全体授業(9/15)で、履修学生全員で考えたネーミングがベースとなっているんです!

 今回のワークショップでは、きかく学科の「おむすびころりんレター講座」も同時開催され、沢山の方が来て下さったことで、ちまき試食+お茶付きで300円で販売したのですが、当初の予想をはるかに上回る81食を完売でき、とても達成感を得られました。

 きかく学科の地域の皆さんと沢山お話しすることが出来て、嬉しかったことはもちろんですが、今回のコラボ企画のように、てがみ学科の人たちとも様々な形で触れ合う事がでは、とても楽しいなと感じました。これからもよろしくお願いします。

(南野記、一部加筆)

 皆さん、こんにちは。摂南大学経営学部経営学科2回生の周参見 修吾です。私は、交野おりひめ大学てがみ学科に所属しています。10月14日(土)、南野さんが上記にレポートしてくれたきかく学科+てがみ学科合同ワークショップに、同じてがみ学科の坂本美伽さん(経営学部2回生)とともに参加しました。

 今回は、「おむすびころりんレター講座」として開催されましたが、内容そのものは前回(9/23)のワークショップ同様、折り紙を用いて、おむすび型の手紙を作るもので、老若男女が楽しめる活動でした(画像3、4)。

 

 私は、坂本さんとともに、今回もおにぎり手紙に合う物を考えて製作していたのですが、今回は地域の子ども連れの方々が多く参加されていたので、一緒になって製作を楽しむことができたと思います。小さな子供さんが一生懸命に手紙作りに励む姿と、それを喜んで見ていらした親御さんの姿を見て、私は「親子で楽しめる手紙作り」と題して週末にセミナー等を開けば、多くの方々が手紙作りに興味を持ってくれるのではないかと考えました。私自身は、第2回目の手紙づくりも楽しくできましたが、まだまだ想像力(創造力)が足りないと思ったので、それが今後の課題です。

  また、今回はきかく学科とのコラボ企画で、ちまき姫むすび」を試食しました。初めて食べましたが、とてもモチ米と具材の相性がよく美味しかったです。交野市特産の酒粕、ぶどう、はちみつなどが入っているとのこと。交野のお土産になればいいですね。

 次回からも、またよろしくお願いします。

(周参見記、一部加筆)

 

一覧へ戻る