交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2017.12.23(土)~24(日)交野おりひめ大学 「かたのカンヴァス2017」活動報告(後編)

Hello Everybody!  皆さんこんにちは。摂南大学外国語学部2回生の前住直毅です。中谷功平君(法学部2回生)が担当してくれた「前編」に引き続き、1223日(土)〜24日(日)の二日間、大阪市立大学理学部付属植物園で開催された「交野カンヴァス」についてレポートさせていただきます。概要は以下の通りです。

 

・日時   12月23日(土)  9:00集合~20:00解散(開演10:00~19:00)

    12月24日()  9:00集合〜16:00解散(開演10:00~15:00)

 ・場所   大阪市立大学理学部付属植物園(交野市私市)

 ・活動内容

  ①受付、来場者誘導

  ②来場者アンケート

  ③駐車場警備

  ④設備撤収、市内の倉庫への運搬、倉庫の整理

  ⑤反省会(大鍋とん汁ほか)、後片付け

 

 私たち摂南大生は、2日間で5つの班に分かれ、シフト交替制で参加させて頂きました。私は、2日目の第4班で、しぜん農法学科の吉村晨君(理工学部都市環境工学科2回生)とおさけ学科の松房滉太君(同 機械工学科2回生)とともに参加しました。

 まず最初にミーティングが始まり、おりひめ大学の甲斐総合プロデューサーから本日の段取りの説明がありました。見事な連携で各々の仕事が振り分けられ、僕たち学生は「若いから、力仕事をしろ!」との大田先生からの言葉を受け、会場設備の撤収を手伝わせて頂きました。

 

 1,400個余りのペットボトルと電球を使った巨大クリスマスツリーの撤去作業、テントの骨組みの解体、また松房君が機械工学科の学生ということで、「将来は必ず必要になる」との言葉を頂き、解体作業に積極的に取り組んむなど、しっかり「裏方の作業」をやらせて頂きました。

その後、トラックの荷台に昨日使った道具を積み、市内数か所の倉庫へ移動しました。おりひめ大学 学科統括リーダーの井上さん(公務員)の指示のもと、倉庫内にあった荷物はいったん外に出して、清掃し、綺麗に並べ直す仕事に協力させていただきました。倉庫と聞いていたのですが、外装をみてびっくり! 建物自体はやや古いですが、一人暮らしにもってこいの家で、2階もあり、さらには電気まで通っていました! これには、井上さんも驚いていました!

 

その後、再び会場に戻り、パイプ椅子やテーブルの撤去作業、施設の解体作業を行いました。音楽イベントや模擬店の出店は1日目だけなので、参加者は当初30人ほどでしたが、それでも晴天に恵まれ、私たちが帰った後も、サンタの衣装をした家族連れなどが訪れていました。

1日目と比べ、販売などはないので、来場者と触れ合う機会があまりありませんでしたが、「PBLは、裏方の仕事にこそ意義がある」と大田先生がいつも口を酸っぱくして言われていたこともあり、僕にとっていい経験になりました。

 

この「かたのカンヴァス」は、私たち摂南大生は当日のみのお手伝いでしたが、おりひめ大学の地域の皆さんは半年前から連日夜遅くまで様々なご準備をされたと聞きました。1日目の夜、ペットボトルの大きなクリスマスツリーの点灯セレモニーでは、感動して涙を流した女性スタッフの方もいたとお聞きしました。とてもExcitingかつAmazingな2日間でした。

 

1日目の中谷君、2日目の私のほか、写真部の周参見君(経営学部2回生)、大田先生など、多くの方が写真を撮影していました。掲載されている写真のほか、添付ファイルにも写真を保存してあります。ぜひ、ご覧下さい!

 

内最期のPBL活動は終了してしまいました。しかし、私はおさけ学科に所属しており、この学科のワークショップにて参加させて頂く機会が多々あるので、とても楽しみにしています。

これからも、よろしくお願いします。See you!

 

(前住記、一部加筆)

添付ファイル

一覧へ戻る