交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2018.1.14(日)交野おりひめ大学 おさけ学科活動報告⑤

 「えっ、ボクが落語の出囃子を…?」本当に驚きました。

 

 皆さん、こんにちは。摂南大学理工学部機械工学科2回生の松房 滉太です。私は、交野おりひめ大学のおさけ学科に所属しています。2018年第1回目のワークショップについて報告させて頂きます。

 主な概要は、以下のとおり。

・活動日:114()13001630

場所 :ゆうゆうセンター(交野市天野が原) 3階学びの部屋

・参加者数:35名(うち摂大生2名)

活動内容

 ① お酒文化を落語で学ぶ

 ② 利き酒の考え方を学ぶ

 

 今回のワークショップは、摂南大学から同じおさけ学科に所属している中谷 功平君(法学部2回生)と2人で参加しました。中谷君は、前回(12/17)に続き2回目、私も3回目のワークショップ参加となります。

 今回は、「お酒文化と落語」と言うテーマで、落語家の立の家猿之助さん(交野市在住)をお招きし、『禁酒関所』『質屋蔵』というお酒に関する落語を聴かせて頂きました。猿之助さんは、アマチュア落語の日本一の方だそうで、会場からの笑いが絶えない、とても楽しい会合となりました。

 

 また、急遽、本番前のリハーサルで出囃子を流す役目を任せて頂きました。指導教員の大田先生からは、いつも「裏方の仕事をやれ!」と言われていますが、まさか落語の裏方の仕事をするとは思っていませんでしたので、最初言われた時は本当に驚きました。しかし、実際にやってみると、非常に緊張しましたが、とても貴重な体験をさせて頂いたと感じています!

 その後の利き酒では、交野市のおさけ学科のメンバーの皆さんは、さすがにお酒の強い人がとても多く、驚きました。私と中谷君も、少しだけ利き酒をさせて頂いたりと、今回も地域と皆さんと楽しく交流することができました。

 

 摂南大学では、今週末の1/20(土)にPBLの最終報告会が開催されます。おさけ学科からは、中谷君、前住 直毅君(外国語学部2回生)と私の3名がプレゼンする予定です。このPBLには、経営学部の学生以外にも多くの学生が参加していますが、皆で力を合わせ、しっかり「仕事」をしようと思います。

 おさけ学科の地域の皆さんも応援して下さいね。

 本年もよろしくお願いします!

(松房記、一部加筆)

 

 

一覧へ戻る