交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2018.2.18(日)日本ビジネス実務学会の学生プレゼン大会で、優秀賞受賞!

 皆さん、こんばんは。摂南大学経営学部2回生の西尾 美紅です。

本日、PBL統括リーダーの中川 魁君(経営学部2回生)と一緒に、日本ビジネス実務学会近畿ブロック研究会の学生プレゼン大会に出席し、私たちの交野おりひめ大学とのPBLプロジェクトについて、その活動成果のプレゼンを行ってきました。その様子をレポートさせて頂きます。概要は、以下のとおりです。

 

日時:218()13:2015:10

場所:西宮大学交流センター(阪急西宮北口駅より徒歩2分

参加者:約60名

 

 指導教員の大田先生によれば、日本ビジネス実務学会というのは1981年に設立された学会で、日本学術会議の協力学術研究団体として登録されている学会とのことです。この学会は、全国6ブロックから構成され、このうち近畿ブロック研究会は例年この時期に開催され、先生方の研究発表報告のほか、学生チームによるプレゼン大会も同時開催されます。

 

 今回のプレゼン大会には、私たち摂南大学から2組、他大学から3組の合計5組のチームが参加しており、それぞれPBL活動やボランティア活動などについてプレゼンを行いました。

 私は、実は人前で話すことが少し苦手なのですが、大田先生から「出場してみないか」と誘われ、今回思いきってこのプレゼン大会に参加することを決めました。大田ゼミに所属を決めた時から、いつかはこういう日も来るのではと、ある程度は覚悟していました。実際にプレゼン会場に入ると、とても緊張しましたが、「人間は少しくらい緊張していた方が、いい仕事ができる」と先生に言われていたので、失敗を恐れずに臨もうと思いました。

 

 他大学の多くの先生方や学生の前でプレゼンを行うというのは滅多にないことだと思うので、今回この研究会に参加できたことは私にとって、とても良い経験になりました。プレゼン後、会場の先生方数名からいろいろな質問も受けましたが、リーダーの中川君が全て上手く答えてくれました。

 また、他大学のいろいろなチームの活動のプレゼンを聞くことができ、大変勉強になりました。パワーポイントのまとめ方やプレゼンの仕方など、それぞれの組のプレゼンの良いところを今後のプレゼンに取り入れていきたいなと考えています。

 

 全チームのプレゼン終了後、出席された先生方による審査が行われ、私たちのチームは優秀賞を頂くことができました。春休み中に、中川君と何度かプレゼンの練習をしましたが、その成果が結果として報われ、とても嬉しく思います。このような貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。

 

 交野おりひめ大学とのPBL活動は、春休み中も続いており、私たち摂大生も各学科に分かれ、それぞれワークショップ等に参加しています。私も、今回の受賞に恥じない様、これからもしっかり頑張りたいと思います。

(西尾記、一部加筆)

 

 

 

一覧へ戻る