交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2018.2.24(土)交野おりひめ大学 てがみ学科活動報告⑥

 皆さん、こんにちは。摂南大学経営学部2回生の周参見 修吾です。2/24(土)に開催された交野おりひめ大学てがみ学科のワークショップ(WS)についてレポートさせて頂きます。概要は、以下のとおり。

・日時  2018年2月24日(土)

・場所  ギャラリー天野が原(交野市天野が原町)

・参加者 5名

 今回は、摂南大学からは私1名のみ参加しました。写真は自分が撮ったものです。

 今回のWSでは、ハサミ、マーカー、マスキングテープ等を用いて、ケーキとお花をテーマに、折り紙を作りました。リーダーの油井さん(郵便局勤務)によれば、これから入学・進学などお祝い事の季節に向け、子供たちに喜んでもらえるように、いろいろな色紙を使った折り紙で、楽しくアクセントをつけるのが狙いです。

 まず、ケーキの折り紙は折り方が少しコツが必要で難しかったですが、それぞれ美味しそうなデザインのものを作ることができました。私は写真のような紫のケーキを作りました。

 また、お花は植木鉢と花を別々に作製し、花を取り出すと手紙が現れるような仕組みになっています。こちらもそれぞれの個性が光る良い作品ばかりでした。桜や音符の切り抜きができる道具なども用いて、彩りを意識して仕上げました。

 私は、今回でてがみ学科のWS参加が6回目となりますが、毎回楽しく参加させてもらっています。しかし、技術的にはまだまだ不慣れなところもたくさんあり、今後もさらなるレベルアップを図るため、頑張っていきたいです。

 交野おりひめ大学のWSは、春休み中も続いています。4月からの新年度には、私たちは3回生となり、後輩の新2回生がこのPBL活動に加わる予定です。人数も増えますが、先輩らしく、地域の皆さんとともに、しっかりとした活動を行っていきたいと考えています。

 てがみ学科の皆さん、これからもよろしくお願いします!

(周参見記、一部加筆)

 

一覧へ戻る