交野市との連携事業「起業・創業を応援する取組み」

2017.8.20(日) 交野おりひめ大学 おさけ学科活動報告①

 「今回がおさけ学科の初めての活動になりましたが、地域の方と和気藹々と活動できたと思うので良かったと思います」

 -皆さん、こんにちは。摂南大学理工学部機械工学科2回生の松房 滉太です。今年度より、経営学部の大田先生が担当する交野市のPBL授業を履修しています。このPBLは、交野おりひめ大学の様々な活動を通じて、地域の人々と触れ合いながら交流し、地域の活性化やビジネス戦略などについて学ぶものです。

 交野おりひめ大学には、現在6つの学科があり、僕は「おさけ学科」に所属しています。昨日(8/20)の活動では、酒米の田んぼなどに並べる案山子づくりに参加しました。活動場所は、交野市役所別館の「みんなのカフェ」(通称『みんカフェ』)で、摂南大学からは同じく「おさけ学科」に所属している中定拓也君(リーダー、経営学部)、金子京平君(理工学部 都市環境工学科)の計3名の学生が参加しました。

 案山子づくりは、予想以上に難しかったですが、参加加していた交野市の方々も楽しそうに案山子の作成をしていました(写真1)。これからの活動では、より地域の人と関わり交野市の地域活性化に協力していきたいと思います。

(松房 記、一部加筆)

皆さん、こんにちは。おさけ学科の学生リーダーの中定拓也(経営学科2回生)です。本日、理工学部の松房君、金子君と3人でおさけ学科の案山子づくりに参加しました。

 まず、最初に学科リーダーの方から説明があり、その後予定通り案山子作りを始めました。案山子を一から作るということもあり大変でしたが、普段は経験出来ない貴重な体験が出来ました。出来た案山子は、畑へ持って行き、設置するまでやりました(写真2)。

 幅広い年代の方が参加しており、中には幼稚園ぐらいの子もいてアットホームな感じでした。話を聞かせて頂いた人の中には、先月の七夕祭りにてクジラのロウソクに火をつけていた方もいらっしゃって、地域活動に参加する意義のようなものを伺えて大変ためになりました。

 おけさ学科には、現在、摂南大学から理工学部、法学部、外国語学部、経営学部の4つの学部から計6名の学生が参加しており、交野おりひめ大学の6つの学科の中では最大人数となっています。全員まだ2回生なので、酒は飲めませんが、「来年、3回生になったら、皆で飲もうぜ!」を合言葉に、今後も頑張ります。よろしくお願いします!

(中定 記、一部加筆)

 

一覧へ戻る