教育施設 教育施設イメージ画像

  1. トップページ
  2. 教育施設
  3. 図書館
  4. ご利用案内
  5. 在学生、教職員の方

在学生、職員の方

利用資格

  • 摂南大学の大学院生、学部生、研究生、科目等履修生、特別聴講生および外国人留学生
  • 摂南大学の専任、特任、任期付、嘱託、客員、非常勤の職員および名誉教授

開館と休館

開館時間

月曜日~金曜日 寝屋川本館:9時~19時30分
枚方分館:9時~19時
土曜日 9時~17時

( 枚方分館閲覧室は月曜日~土曜日 9時~22時 )

休館日

日曜日
国民の祝日
学園創立記念日(10月30日)

利用上の注意

  • 出入口に『ブックディテクションシステム(貸出手続確認装置)』を設置しています。入退館するときは、ゲートを通過してください。利用者はカバン、コート等身の回りの品を持ったまま入館できます。システム作動時(誤作動を含む)は、係員が声をおかけしますので、ご協力をお願いします。
  • 閲覧室(グループ閲覧室は除く)の利用にあたっては、手続や許可を受ける必要はありません。開館時間内ならばいつでも自由に利用できます。
  • 館内では、静粛にし、音読、談笑、飲食、携帯電話の使用、その他、他人の迷惑となるような行為はしないでください。
  • 館内は禁煙です。喫煙は所定の場所で行ってください。
  • 館内に備付の机、椅子、その他の備品を許可なくほかの部屋に移動しないでください。

図書の借り方

借りたい図書に学生証を添えて、カウンターに提出してください。ただし、新聞、雑誌、参考図書(「参考図書」「禁帯」のラベルを貼っている図書など)、入門書コーナーの図書等は通常の貸出はできません。

貸出冊数・期間

平常の貸出については、次のとおりです。

区分冊数期間
大学院生 10冊まで 1ヵ月以内
学部生 5冊まで 2週間以内
卒業研究生
(卒業見込者)
5冊まで
学部生としての貸出を併用すれば合計10冊まで
1ヵ月以内
研究生・科目等履修生など 5冊まで 2週間以内

※休暇中の貸出、特別貸出については、その都度掲示します。

オーバーナイトローン(一夜貸し)

通常貸出を行っていない図書、雑誌、参考図書(「参考図書」「禁帯」のラベルを貼っている図書など)について、閉館30分前から翌朝10時の間、貸出ができます。

返却

図書を返却するときは、返却図書をカウンターに提出し、必ず係員から返却の確認を受けてください。返却は、原則として借りた本人が行ってください。
返却は学園内のどの図書館でも受け付けます。
図書館開館時間外であれば、本館1階出入口横、分館閲覧室外に返却ポストが設置してありますので返却できます。
ただし、ビデオ、雑誌や傷みやすい図書、また特別貸出で貸出した図書は返却ポストで返却できません。

貸出期間の延長

返却期限を超えて、なおその図書を必要とする場合、1回に限り、さらに2週間継続して借りることができます。返却日までに図書をカウンターに持参して継続の手続をしてください。
ただし、予約者のある場合は、この扱いはできません。

延滞

図書の返却が遅れたときは、遅れた日数と同一日数の間、貸出を停止します。
(ただし、貸出停止日数は30日を上限とします。)

予約

借りたい図書が、すでに貸し出されている場合、その図書が返却されたときに、優先して借りることができる予約制度があります。蔵書検索(OPACシステム)の所蔵一覧画面から予約する方法と、カウンターに直接申し出ていただく方法があります。予約された方は、指定された期日までに予約図書を借りに来てください。
なお、貸出停止中は予約できません。

紛失・破損

借りている図書を紛失したり破損したりしたときは、代金を弁償しなければなりません。カウンターで手続をしてください。

学生証の取扱注意

学生証は、図書館利用の際の「図書貸出証」も兼ねています。学生証のIC内には、図書館利用者番号が記録されており、貸出の際、機械で読み取りを行いますので、破損したり、汚損したりすることのないように特に注意してください。他人の学生証は使用できません。

種々のサービス

レファレンス・サービス

レファレンス・サービスとは、何らかの情報、資料をさがしたいときに、その方法や手順について図書館員が援助するサービスのことです。図書館を利用するときに、わからないこと、困ったことがあれば何でも係員に相談してください。
レファレンス・サービスの具体例として右記のものがあります。

  • 図書館の利用案内
  • 資料の見方・使い方
  • 参考文献の紹介
  • 所蔵検索用端末機の使い方
  • 学外図書館の利用

相互利用

本学図書館に、必要な図書がない場合、学園外の図書館に利用を依頼することができます。もちろん、学園内の他館(大阪工業大学図書館、常翔学園中学・高校図書室)は自由に利用できます。

学園外図書館の利用

学園外図書館の利用は相手館の定めによりますが、おおむね次のサービスを受けることができます。

閲覧 直接出向いて利用する場合、本学図書館発行の依頼状および学生証が必要です。
複写 図書の複写を依頼する場合、必要経費(複写料、郵送料等)は申込者の負担となります。
貸出 郵送により図書の貸出を受ける場合、必要経費(郵送料)は申込者の負担となります。

オンラインジャーナルの利用

図書館では学内LANにつながるコンピュータからインターネットを通じてオンラインジャーナルの利用ができるようにしています。

文献複写

みなさんの学習・研究活動の便宜を図るため、コイン式複写機を設置しており、図書館資料等の複写をすることができます。
なお、複写にあたり、著作権に関する一切の責任は利用者が負わなければなりません。

希望図書申込制度

図書館資料の収集に際して、利用者の希望を反映させる制度です。みなさんが必要とする図書で、図書館になく、ぜひ備えてほしいというものは、「希望図書購入申込書」に記入して、カウンターに提出してください。購入の可否は掲示で連絡します。

データベースの利用

図書館では学内LANにつながるコンピュータからインターネットを通じて契約データベース(ジャパン・ナレッジ・LEX/DB・CiNii・官報・聞蔵 II 等)の利用ができるようにしています。

図書館報「学而(摂南大学図書館報)」の発行

「学而(摂南大学図書館報)」は図書館の広報誌です。また、学生、教職員、図書館員のコミュニケーションの場でもあります。利用者のさまざまな意見や要望、読書案内などを参考にして、図書館をより良いものにしたいと考え、発行しています。みなさんの投稿をお待ちしています。年1回の発行予定です。

意見箱の設置

図書館に対する意見や希望は係員に申し出るほか、意見箱を利用してください。運営、設備、図書の収集など、図書館に関することならどのようなことでも結構です。回答は、掲示や「学而(摂南大学図書館報)」の誌面で行います。また、「学而(摂南大学図書館報)」の投稿にもご利用ください。
意見箱の設置場所は、本館は1階コピー機横、分館は参考図書コーナーです。

教育施設

ページの上部へ

TOP