ソーシャル・イノベーション副専攻課程 2016年4月 START!

副専攻課程 設置の趣旨

本学は、人文科学、社会科学、工学、理学、生命科学、医療を含む
「文」と「理」をもつ幅広い総合大学です。
その利点を生かした教育、研究、産学官・地域連携等を通して、
探究心ある自律した人材の育成により、地球規模の問題・課題の解決に挑戦します。
そのために、「地域で学んだ知を世界に展開する」
「世界で学んだ知を地域に還元する」ことができる人材の育成を目指しています。

「ソーシャル・イノベーション副専攻課程」では、
「地域経済・経営」、「地域政策・文化」、「地域環境・防災」、「地域医療」を中心として、
多角的な視点で地域の状況を分析した上で課題を発見し、
持続可能なまちづくりに貢献できる知的専門職業人を育成します。

「副専攻課程」とは?
自分が所属する学部・学科にて、学位を修めるために履修していく教育カリキュラム(主専攻)とは別に、学部・学科の垣根を越えて、総合大学での幅広い知識・技能・態度を学修できる教育カリキュラムです。本副専攻課程を修了するために修得した単位数は、所属する学部・学科の進級・卒業に必要な単位数として算入されます。

副専攻課程 身に付く力

学部・学科の垣根を越えて、
総合大学での幅広い知識・技能・態度を
学修できる教育カリキュラム

どのような能力を身に付けることができるの?

8つのCan

  • 前向きで主体的な
    行動ができる

  • リーダーシップがとれる

  • 質の高い
    コミュニケーションが
    とれる

  • 質の高い
    プレゼンテーションが
    できる

  • チームで協働できる

  • 自分の強み(長所)
    を発見し、
    伸ばすことができる

  • 意見や立場の違いを
    理解することができる

  • 新しいアイデアを
    生み出すことができる

3つのチカラ

  • 異世代・異文化(多様性)を
    主体的に理解する力

  • 地域社会の課題を
    主体的に発見する力

  • 主体的に課題を解決し、
    新しい価値を生み出す力

副専攻課程 科目の構成

「コア科目」、「アドバンスト科目」、「演習科目」の
3つの科目区分から構成され、
それぞれにアクティブ・ラーニング(能動的な学修)を導入

  • コア科目
  • アドバンスト科目
  • 演習科目
副専攻課程修了証について
修了要件を充足した学生には、卒業時に「ソーシャル・イノベーション副専攻課程修了証」を発行します。
主専攻での学びに加えて、主体的な学びを進めてきた証になります。副専攻課程での経験や学びは、在学中だけでなく社会に出てからも様々な場面で活かすことができるものです。就職活動等で大学生活における取り組みを自己PRする際にも、大いに役立つものとなるでしょう。

副専攻課程 科目の紹介

副専攻課程の代表的な科目を紹介します。

  • コア科目
    「地域と私」(1年次配当科目)
    「地域」に焦点を当てて学ぶ意義を理解し、地域ではどのような課題が存在しているかを学ぶために、テーマ(「地域経済・経営」「地域政策・文化」「地域環境・防災」「地域医療」)ごとに学習をします。
    また、自分について考え、グループで協働することの重要性を学ぶために、ディスカッションを多く取り入れた研修プログラムに参加してもらいます。和歌山県由良町をフィールドとした体験学習も実施します。実際に現地の雰囲気を感じながらグループで調査を行い、発見した課題と解決策を考え、発表します。
  • コア科目
    「北河内を知る」(1年次配当科目)
    摂南大学が立地する「北河内」地域に焦点をあて、歴史・文化・産業・ライフライン、地方自治体の現状と課題、「北河内」に関係する各分野で活躍している団体や機関の人びとの活動状況などを学修します。
    外部講師の講演とグループディスカッション・グループワークを中心に、この地域に住む人々の暮らしやその特徴、現在の問題と今後の課題を知ることにより、摂大生として、地域とどのようにかかわるかを考えます。
  • アドバンスト科目
    「PBLプロジェクト」(2年次配当科目)
    学生が自ら課題を発見し、チームで協力して課題の解決に取り組む体験型の授業です。PBLプロジェクトは学外の企業や自治体と連携して取り組むことを前提としており、毎年さまざまなテーマで開講しています。
    大学内での学びにとどまらず、定期的に学外でのフィールドワークを行い、地域社会に存在する課題を探ります。社会の現状を知るとともに、課題を発見し、解決するためのプロセスを実際に経験することができます。

    「摂南大学PBLプロジェクト」のホームページ

    摂南大学PBLプロジェクト
  • 演習科目
    「地域貢献実践演習」(3年次配当科目)
    コア科目、アドバンスト科目で得た学びの集大成となる科目です。これまでの経験や座学で得た知識を生かし、地域に存在する課題を発見し、解決策の提案を行います。課題発見から解決までのプロセスを考え、自ら立案する解決策を確かなものとするために、現地でのフィールドワークや調査結果の分析により、根拠を蓄積していきます。
    年間を通じて活動することで、物事に主体的に取り組む力を養成します。
GUIDE BOOK 2016

ソーシャル・イノベーション副専攻課程
GUIDE BOOK 2017

「ソーシャル・イノベーション副専攻課程」設置の趣旨、概略、修了要件、配当科目など
について、詳しく紹介しています。
電子ブック形式でご覧いただけます。

ガイドブックを開く

PAGE TOP