在学生・教職員の方へ 在学生・教職員の方へイメージ画像

  1. トップページ
  2. 在学生・教職員の方へ
  3. 新着情報
  4. 身近な植物の知られざる薬効を紹介 地域住民に向けて「秋の薬草見学会」を開催

身近な植物の知られざる薬効を紹介 地域住民に向けて「秋の薬草見学会」を開催一覧へ戻る

ヒキオコシ(シソ科) ヒキオコシ(シソ科)

サンショウ(ミカン科) サンショウ(ミカン科)

アロニア(バラ科) アロニア(バラ科)

NEWS RELEASE【No.17】

 

 摂南大学(学長:荻田喜代一)薬学部は、枚方キャンパスの付属薬用植物園にて「秋の薬草見学会」を開催します。

 

【本件のポイント】
● 地域住民を対象とした薬草見学会を3年ぶりに対面開催
● クスリになる植物の使われ方や効能について、薬学部生がツアー形式で解説

 

 本事業は、薬学部の教育・研究施設である薬用植物園を一般公開するもので、毎年春と秋に、地域住民を対象に開催しています。新型コロナウイルス感染拡大に伴い昨年及び一昨年はオンライン上での開催を余儀なくされましたが、この度、3年ぶりに対面で開催します。      

 薬草園では、弘法大師が瀕死の重病人に飲ませると重病人が起き上ったという伝説で有名な、別名“延命草”とも呼ばれる胃腸薬「ヒキオコシ」や、ポリフェノール豊富なスーパーフードとして知られる「アロニア」などが見頃を迎えています。当日は、園内植栽植物のガイドツアーとハーブティーの試飲、そしてミニセミナー「学名で学ぶ薬用植物学」を予定しています。奮ってご参加ください。
 

1.日    時: 2022年10月22日(土)
        午前の部10:30~、午後の部13:30~(小雨決行)

2.場    所: 摂南大学薬学部 附属薬用植物園(大阪府枚方市長尾峠町45-1)

3.申込方法:以下のフォームよりお申込み下さい
       https://forms.office.com/r/HzNxudRSN0

4.参 加 費: 無 料

5.定  員:100人(事前申込制・先着順)
※その他、詳細は別紙をご参照ください

 

■内容に関するお問い合わせ先
摂南大学 薬学部薬学科 講師 伊藤優 
TEL:072-866-3145(不在の場合は広報室へ)

■本件発信部署・取材のお申し込み先
学校法人常翔学園 広報室(担当:坂上、上田)
TEL:072-800-5371 携帯:090-3038-9892

添付ファイル

一覧へ戻る

在学生・教職員の方へ

ページの上部へ