HOME 学科の特色

学科の特色

学科長挨拶

学科長 松尾 康光 MATSUO YASUMITSU

人の健康維持のための教育研究

今日の科学の進歩により生命科学の可能性は無限に広がっています。本生命科学科は理学士を養成する目的で理工学部の中に2010年4月に設置されました。設置認可を記念してノーベル化学賞受賞の下村脩博士の講演会を開催しました。講演の中で下村先生は「基礎研究無しには科学の進歩は無い」と述べられています。本学科は基礎教育と研究に重点を置き、「人の健康維持」を目標に生命現象の理解をはじめとするさまざまな視点からの教育研究に取り組んでいます。生命の機構は非常に複雑ですが、遺伝子組換え技術は細胞レベルで自在に扱えるようになり、X線結晶解析は酵素の立体構造を解明し触媒機構を理解する重要な手段となり、質量分析の技術は微量の環境汚染物質の計測を可能としました。本学科ではこれら生命科学の分野で活躍の教員により、最先端の機器を設置して病気の理解と対策や環境問題の解決などに取り組んでいます。

学科長 松尾 康光
pagetop

学科の特色

生命科学科では、幅広い教養教育および導入教育により、生命科学を学ぶ基盤を整え、そのうえに高度な学科専門教育を実践することで、豊かな人間性を体得し、科学技術に裏打ちされた実行力を備えた専門職業人を養成します。

教育課程は、「専門科目」と「教養科目」で構成され、「専門科目」は、さらに「専門基礎群」、「共通コア群」、「生物系専門コア群」、「環境系専門コア群」、「少人数教育群」の科目群に分かれています。本学科は、人類が抱える幾つかの大きな問題のなかで、高齢化社会と環境問題に焦点をあて、生命の真理を追究し、その研究成果を人の健康および自然環境との共生への応用に繋げることができる人材の育成を目標としています。それを実現するために、「専門コア群」は、『生物系コース』と『環境系コース』に大別して科目を配置し、実習・演習科目を数多く組み込んでいます。
実習科目には、その集大成的な科目として「生命科学学外実習」を3年次に開講し、創薬、環境計量、食品分析などの企業、研究機関に出向き、実際の現場での実体験的な実習を行うとともに、実習の仕上げとして、その成果を指導教員のもとでまとめて発表、討論を行います。コース別の科目群はカリキュラムを参照してください。

なお、生物系と環境系のコース分けは、三年次に行います。各コースの定員は所属する教員数に比例するため、学生の希望がどちらかに偏った場合には成績順でコースを決めます。また、どちらのコースを選択しても、創薬、食品、環境分野への就職が可能です。

生物系コース

生物系コース

創薬研究をはじめとした
医療革新のための研究を行う。

生物系コースは、生命現象を分子レベルで解明し、それを創薬研究などに結びつける基礎的能力を身につけることが目標です。タンパク質のX線結晶構造解析を中心に、バイオテクノロジーやコンピュータ技術を利用した生命情報科学に重点を置いています。ガンや新興感染症などの治療薬の開発や、再生医療の基盤となる細胞機能の究明などを可能にする学びです。

環境系コース

環境系コース

生物学と環境化学の観点から、
生命に不可欠な自然や食品へ科学的にアプローチ。

環境系コースは、生命維持に不可欠な「健全な環境」を生物学と環境化学の両面から掘り下げ、衣・食・住を含めたあらゆる環境に対応できる基礎的能力を身につけることが目標です。化学物質の微量分析を中心に、環境保全や管理、次世代エネルギーの開発などさまざまな領域が揃っており、環境を悪化させる原因の究明から解決方法の提案までを可能にする学びです。

pagetop