HOME研究室紹介病態薬理学研究室

研究室紹介

病態薬理学研究室

専門分野

病態生理学、薬理学

教員名・職位

居場 嘉教講師

個人DB:under construction

個人HP:under construction

居場 嘉教講師

研究内容

病気の発症メカニズムを調べることは、新しい創薬ターゲットを見つけるために重要です。当研究室では、まず疾患モデル動物を用いた検討により病態形成に関与する可能性のある興味深い現象を探索し、その後培養細胞等を用いて、詳細なメカニズムを調べるというアプローチで研究を行っています。現在は、「糖尿病性腎症」および「糖尿病とがんの関係」について研究しています。

① 糖尿病性腎症   糖尿病性腎症は、糖尿病の三大合併症の一つであり、その発症予防および進展抑制が求められています。マウスおよびラットなどの糖尿病モデル動物では、初期の糖尿病性腎症の病変を示すものの、ヒトで認められるような進行した病変を示さないことが知られています。現在、この動物種による違いに着目し、腎症の増悪化に関与している因子について検討を行っています。

② 糖尿病とがんの関係  糖尿病を発症している人は、糖尿病でない人と比較するとがんになる確率が高いことが知られています。現在、がん化との関連性が示唆されている炎症に着目し、糖尿病状態における炎症増悪のメカニズムについて検討を行っています。

業績
学術論文
  1. Iba Y, Shirai M, Dei C, Hirata T, Harada C, Masukawa T.: Involvement of mast cells in the regulation of matrix metalloproteinase-9 and tissue inhibitor of metalloproteases-1 in 12-O-tetradecanoylphorbolacetate-induced inflammation in mice. Int Immunopharmacol., 7, 597-603 (2007)
  2. Iba Y, Shibata A, Kato M, Masukawa T.: Possible involvement of mast cells in collagen remodeling in the late phase of cutaneous wound healing in mice. Int Immunopharmacol., 4, 1873-1880 (2004)
  3. Sugimoto Y, Iba Y, Nakamura Y, Kayasuga R, Kamei C.: Pruritus-associated response mediated by cutaneous histamine H3 receptors. Clin Exp Allergy., 34, 456-459 (2004)
  4. Sugimoto Y, Iba Y, Kayasuga R, Kirino Y, Nishiga M, Alejandra Hossen M, Okihara K, Sugimoto H, Yamada H, Kamei C.: Inhibitory effects of propolis granular APC on 4-(methylnitrosamino)-1-(3-Pyridyl)-1-butanone-induced lung tumorigenesis in A/J mice. Cancer Lett., 193, 155-159 (2003)
  5. Iba Y, Sugimoto Y, Kamei C, Masukawa T.: Possible role of mucosal mast cells in the recovery process of colitis induced by dextran sufate sodium in rats. Int Immunopharmacol., 3, 485-491 (2003)
  6. Kayasuga R, Iba Y, Hossen MA, Watanabe T, Kamei C.: The role of chemical mediators in eoinophil infiltration in allergic rhinitis in mice. Int Immunopharmacol., 3, 469-473 (2003)
  7. Iba Y, Sugimoto Y, Kamei C.: Participation of mast cells in colitis inflammation induced by dextran sulfate sodium. Methods Find Exp Clin Pharmacol., 24, 15-18 (2002)
  8. Fujimoto Y, Sakuma S, Iba Y, Sasaki T, Fujita T.: Tetrahydrobiopterin attenuates modulation of platelet 12-lipoxygenase and cyclooxygenase activities by nitric oxide. Nitric Oxide., 5, 77-81 (2001)
総説
  1. 居場嘉教 、益川徹:糖尿病性腎症におけるMCP-1の関与‐創薬標的としての可能性、日薬理誌、134巻、51頁、(2009年7月)
著書   
海外および国際学会発表   
国内学会発表   
研究費の受け入れ状況
pagetop