HOME研究室紹介分子生物学研究室

研究室紹介

分子生物学研究室

専門分野

生化学、分子生物学

教員名・職位

川崎 勝己教授

個人DB:under construction

個人HP:under construction

川崎 勝己教授

研究内容

ゲノム安定性維持のメカニズム
我々の研究室では真核生物ゲノムのダイナミクスを中心に、生物個体でのゲノム機能を明らかにすることを目標にしています。特にセントラルドグマの分子機構のトランスアクションに注目しています。生物個体におけるゲノムダイナミクスおよび疾患関連遺伝子産物の機能についての研究の成果は解明されていない生命の仕組みの探究やガンなどの病気への新技術開発に発展していきます。

業績
学術論文
  1. Anaphase DNA bridges induced by lack of RecQ5 in Drosophila syncytial embryos. Sakurai, H., Okado, M., Ito, F., Kawasaki, K. FEBS letters 585, 1923-1928 (2011)
  2. Loss of RecQ5 leads to spontaneous mitotic defects and chromosomal aberrations in Drosophila melanogaster. Nakayama, M., Yamaguchi, S., Sagisu, Y., Sakurai, H., Ito, F., Kawasaki, K. DNA Repair (Amst). 8, 232-241 (2009)
  3. Growth stimulation of non-small cell lung cancer cell lines by antibody against EGF Receptor through stimulation of HER2/HER3 heterodimer formation. Maegawa, M., Takeuchi, K., Funakoshi, E., Kawasaki, K., Nishio, K., Shimizu, N., Ito F. Molecular Cancer Research 5, 393-401 (2007)
  4. Relationships of Drosophila melanogaster RECQ5/QE to cell-cycle progression and DNA damage. Nakayama, M., Maruyama, S., Kanda, H., Ohkita, N., Nakano, K., Ito, F., Kawasaki, K. FEBS letters 580, 6938-6942 (2006)
  5. RECQ5/QE DNA helicase interacts with retrotransposon mdg3gag, an HIV nucleocapsid- related protein. Nakayama, M., Nguyen, Q. D., Matsumoto, K., Shibata, T., Ito, F., Kawasaki, K. J. Health Science 52, 24-29 (2006)
  6. The possible roles of the DNA helicase and C-terminal domains in RECQ5/QE: complementation study in yeast. Nakayama, M., Kawasaki, K., Matsumoto, K., Shibata, T. DNA Repair 3, 369-378 (2004)
  7. Roles of the HSP70-subunit in a eukaryotic multi-site-specific endonuclease, endo.SceI: autophosphorylation and heat stability. Kawasaki, K., Shibata, T., Ito F. Biosci. Biotechnol. Biochem. 68, 2557-2564 (2004)
  8. Drosophila melanogaster RECQ5/QE DNA helicase: Stimulation by GTP binding. Kawasaki, K., Maruyama, S., Nakayama, M., Matsumoto, K., Shibata T. Nucleic Acids Res. 30, 3682-3691 (2002)
  9. Identification of Drosophila melanogaster RECQE as a member of a new family of RecQ homologues that is preferentially expressed in early embryos. Jeong, S. M., Kawasaki, K., Juni, N., Shibata T. Mol. Gen. Genet. 263, 183-193 (2000)
総説
  1. Architectural Regulation of Genome stability and Recombination in multicellular organism. Kawasaki, K., Nakayama, M., Maruyama, S., Shibata, T. RIKEN Review 41, 30-32 (2001)
  2. 試験管内での核再構成 川崎勝己,李志軍,柴田武彦 実験医学 13, 114-119 (1995)
  3. DNA認識蛋白の取り扱い 川崎勝己,柴田武彦 化学と生物 25, 583-585 (1987)
著書
  1. 薬学用語辞典 川崎勝己 他 著,日本薬学会編,東京化学同人 (2012)
  2. 生物系薬学IV 演習編 川崎勝己 他 著,日本薬学会編,東京化学同人 (2011)
  3. 生命をミクロに理解する 川崎勝己 他 著,日本薬学会編,東京化学同人 (2010)
  4. クラーク分子生物学 川崎勝己 他 訳著,田沼靖一編,丸善 (2007)
  5. 生化学 川崎勝己 他 著,田沼靖一・林秀徳・本島清人編 朝倉書店 (2006)
  6. 農芸化学の事典 川崎勝己 他 著, 鈴木昭憲・荒井綜一 編 朝倉書店 (2003)
  7. 酵母研究技法の新展開 川崎勝己 他 著,倉石衍編 学会出版センター (1991)
海外および国際学会発表
  1. Roles of RecQ5 in Drosophila melanogaster early embryos. Sakurai, H., Kawasaki, K. International Symposium on the Physicochemical Field for Genetic Activities (2011)
  2. Loss of RecQ5 leads to spontaneous mitotic defects and chromosomal aberrations in Drosophila melanogaster. Kawasaki, K., Sakurai, H., Nakayama, M., Yamaguchi, S., Sagisu, Y., Ito, F. 50th Annual Drosophila Research Conference (2009)
  3. Role of RECQ5/QE in Drosophila Early Embryos. Sakurai, H., Sagisu, Y., Ito, F., Kawasaki, K. 6th International symposium on DNA replication, recombination and repair (2008)
  4. Relationships of Drosophila melanogaster RECQ5/QE to cell-cycle progression and DNA damage. Kawasaki, K., Nakayama, M., Nakano, K., Maruyama, S., Ito, F, 46th Annual Meeting American Society for Cell Biology (2006)
  5. RECQ5/QE DNA helicase interacts with retrotransposon mdg3gag, an HIV nucleocapsid- related protein. Kawasaki, K., Nakayama, M., Nakano, K., Ito, F. 20th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (2006)
  6. Drosophila melanogaster RECQ5/QE is involved in response to genome stress. Nakano, K., Ohkita, N., Nakayama, M., Ito, F., Kawasaki, K. 20th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (2006)
  7. Possible roles of RecQ5: Copmlemetation study in yeast. Nakayama, M., Kawasaki, K., Matsumoto, K., Shibata, T. 6th Japan Drosophila Research Conference / 2nd Japan-Korea symposium (2003)
  8. DmRECQ5/QE DNA helicase and retrotransposon mdg3. Kawasaki, K., Nakayama, N., Shibata, T. 6th Japan Drosophila Research Conference / 2nd Japan-Korea symposium (2003)
  9. The interaction between DmRECQ5/QE DNA helicase and retrotransposon mdg3. Kawasaki, K., Nakayama, M., Shibata, T. 43rd Annual Drosophila Research Conference (2003)
  10. Characterization of the large isoform of Drosophila melanogaster RECQ5/QE DNA helicase: Effects of GTP on DNA helicase activity. Kawasaki, K., Maruyama, S., Nakayama, M., Matsumoto K., Shibata, T. 3rd International symposium on DNA replication, recombination and repair (2001)
  11. The GTP binding stimulates DmRECQE/Q5 DNA helicase. Kawasaki, K., Shibata, T. FASEB Summer Research Conferences, Helicase: Structure, Function and Roles in Human Disease (2001)
  12. Drosophila meranogaster RECQE DNA helicase : A member of a new family of RecQ homologues that is preferentially expressed in early embryos. Kawasaki, K., Department of Pharmacological Sciences Seminar, State University of New York at Stony Brook (2000)
  13. Identification of Drosophila melanogaster RECQE as a member of a new family of RecQ homologues preferentially expressed in early embryos. Kawasaki, K., Jeong, S-M., Nguyen, Q. D., Shibata, T. LXVth Cold Spring Habor Symposium on Quantitative Biology (2000)
  14. The domain structure of RECQE protein. Kawasaki, K., Shibata, T. 41st Annual Drosophila Research Conference, (2000)
国内学会発表
  1. ショウジョウバエの生体内におけるRecQ5の発現分布 桜井晴奈,東崇皓,澁谷紗恵子,伊藤文昭,川崎勝己 日本薬学会第132年会(2012)
  2. 変異型RecQ5が誘導する分化異常 川崎勝己,桜井晴奈,宮原幸恵,岡崎巧,高井理,伊藤文昭 日本薬学会第132年会(2012)
  3. Analysis of RecQ5 expression pattern in Drosophila 桜井晴奈,東崇皓,澁谷紗恵子,伊藤文昭,川崎勝己 第34回日本分子生物学会年会 (2011)
  4. Role of Recq5 in rDNA 川崎勝己,遠藤貴大,桜井晴奈,伊藤文昭 第34回日本分子生物学会年会 (2011)
  5. ショウジョウバエ初期胚を用いたDNAヘリカーゼRecQ5の機能解析 -RecQ5の欠損が細胞周期の進行に与える影響- 東崇皓,桜井晴奈,大辻直樹,伊藤文昭,川崎勝己 日本薬学会近畿支部会 (2011) [ポスター賞受賞]
  6. ショウジョウバエRecQ5に存在する核移行シグナルの解析 筒井彩夏,東里花,桜井晴奈,伊藤文昭,川崎勝己 日本薬学会近畿支部会 (2011)
  7. ショウジョウバエRecQ5の働き -RecQ5の欠損による染色体分配異常- 桜井晴奈,大門未沙,伊藤文昭,川崎勝己 日本薬学会近畿支部会 (2011) [奨励賞受賞講演]
  8. 二重鎖切断応答におけるRecQ5の役割 川崎勝己,遠藤貴大,桜井晴奈,伊藤文昭 第84回日本生化学会 (2011)
  9. DNAヘリカーゼRecQ5のショウジョウバエ初期胚内局在に関する研究 桜井晴奈,筒井彩夏,東里花,伊藤文昭,川崎勝己 日本薬学会第131年会 (2011)
  10. 一アミノ酸変異型RecQ5が引き起こす分化異常 川崎勝己,桜井晴奈,鷺巣佳子,宮原幸恵,岡崎巧,伊藤文昭 日本薬学会第131年会 (2011)
  11. ショウジョウバエ初期胚におけるRecQ5の局在と細胞周期の関係 桜井晴奈,筒井彩夏,東里花,伊藤文昭,川崎勝己 第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会合同年会 (2010年)
  12. RecQ5ヘリカーゼ変異が誘導する分化異常 川崎勝己,桜井晴奈,鷺巣佳子,宮原幸恵,伊藤文昭 第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会合同年会 (2010)
  13. DNAヘリカーゼRecQ5はショウジョウバエ初期胚での同調性核分裂における染色体分配に関与している 桜井晴奈,大門未沙,伊藤文昭,川崎勝己 第60回日本薬学会近畿支部大会 (2010) [日本薬学会近畿支部奨励賞受賞]
  14. ショウジョウバエにおけるRecQ5 DNAヘリカーゼの機能 川崎勝己,桜井晴奈 日本環境変異原学会 変異機構研究会 第23回夏の学校 (2010) [招待講演]
  15. 母親由来RecQ5を欠損したショウジョウバエ初期胚における核分裂異常の解析 桜井晴奈,大門未沙,伊藤文昭,川崎勝己 日本薬学会第130年会 (2010)
  16. RecQ5の54KDaイソフォームおよびヘリカーゼ活性の機能 川崎勝己,鷺巣佳子,瀬戸正志,桜井晴奈,伊藤文昭 日本薬学会第130年会 (2010)
  17. Characterization of nuclear division deficiency in Drosophila syncytial embryo lacking maternally-derived RecQ5. Sakurai, H., Okado, M., Ito F., Kawasaki, K. 第32回日本分子生物学会年会 (2009)
  18. Separate functions of RecQ5 DNA helicase in Drosophila melanogaster.  Kawasaki, K., Sagisu, Y., Sakurai H., Ito F. 第32回日本分子生物学会年会 (2009)
  19. 変異型ヘリカーゼ発現による複眼剛毛消失 川崎勝己,鷺巣佳子,中山実,桜井晴奈,伊藤文昭 第82回日本生化学会 (2009)
  20. recq5/qe欠損ショウジョウバエの初期胚に出現する異常核の時間・空間的解析 桜井晴奈,大門未沙,津田武典,伊藤文昭,川崎勝己 日本薬学会第129年会 (2009)
  21. X線照射応答におけるRecQ5の働き 川崎勝己, 渡邊旭延, 岡本翔佑, 鷺巣佳子, 中野克則, 桜井晴奈, 伊藤文昭 日本薬学会第129年会 (2009)
  22. ショウジョウバエの初期胚におけるRECQ5/QEの機能解明 桜井晴奈,山口進一郎,津田武典,大門未沙,伊藤文昭,川崎勝己 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会合同大会 (2008)
  23. ショウジョウバエRECQ5/QEにおけるヘリカーゼ活性の役割 鷺巣佳子,中山実,伊藤文昭,川崎勝己 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会合同大会  (2008)
  24. ゲノム安定性維持におけるRecq5/qeの役割 川崎勝己,桜井晴奈,鷺巣佳子,伊藤文昭 第51回日本放射線影響学会 (2008) [招待講演]
  25. 初期胚ゲノム複製時に生じるゲノム損傷 川崎勝己,山口進一郎,鷺巣佳子,中山実,伊藤文昭 第128回日本薬学会 (2008)
  26. 初期胚に生じるゲノムダメージ 川崎勝己,山口進一郎,鷺巣佳子,中山実,伊藤文昭 第25回染色体ワークショップ (2008)
研究費の受け入れ状況
  1. 日本私立学校振興・共済事業団学術研究振興資金   平成18~20年度
  2. 科学研究費補助金基盤(C)             平成17~18年度
  3. 理化学研究所バイオアーキテクト研究        平成12~16年度
  4. 科学研究費補助金基盤(C)             平成7~9年度
  5. 科学研究費補助金重点               平成7~8年度
  6. 上原記念生命科学財団研究奨励金          平成5年度
  7. 理化学研究所バイオデザイン研究          平成2~11年度
pagetop