HOME研究室紹介環境毒性学研究室

研究室紹介

環境毒性研究室

専門分野

毒性学・分子生物学

教員名・職位

木村 朋紀准教授

個人DB:under construction

個人HP:under construction

木村朋紀准教授

研究内容

工業的に製造された化学物質は10万種類ともそれ以上とも言われており、現在、環境中には数多くの化学物質が存在しています。また、カドミウムや水銀、ヒ素などの有毒元素は、環境中に元来存在しています。このような環境に対し、生体は様々なメカニズムを駆使して適応しています。
生体の防御システムと、これが破綻する仕組みを理解し、多種多様な環境化学物質の安全性・危険性を明らかにすることで健康被害のリスク低減を目指しています。

 

業績
学術論文
  1. Low-concentration tributyltin decreases GluR2 expression via nuclear respiratory factor-1 inhibition. Ishida K, Aoki K, Takishita T, Miyara M, Sakamoto S, Sanoh S, Kimura T, Kanda Y, Ohta S, Kotake Y, Int J Mol Sci, 18, E1754, (2017).
  2. Ligand activity of group 15 compounds possessing triphenyl substituent for the RXR and PPARγ nuclear receptors. Hiromori Y, Ido A, Aoki A, Kimura T, Nagase H, Nakanishi T, Biol Pharm Bull, 39, 1596-1603, (2016).
  3. Transcriptional Induction of metallothionein by tris(pentafluorophenyl)stibane in cultured bovine aortic endothelial cells. Fujie T, Murakami M, Yoshida E, Yasuike S, Kimura T, Fujiwara Y, Yamamoto C, Kaji T, Int J Mol Sci, 17, E1381, (2016).
  4. Induction of metallothionein isoforms by copper diethyldithiocarbamate in cultured vascular endothelial cells. Fujie T, Segawa Y, Yoshida E, Kimura T, Fujiwara Y, Yamamoto C, Satoh M, Naka H, Kaji T, J Toxicol Sci, 41, 225-232, (2016).
  5. Zinc diethyldithiocarbamate as an inducer of metallothionein in cultured vascular endothelial cells. Fujie T, Segawa Y, Uehara A, Nakamura T, Kimura T, Yoshida E, Yamamoto C, Uchiyama M, Naka H, Kaji T, J Toxicol Sci, 41, 217-224, (2016).
  6. Male Hypogonadism causes obesity associated with impairment of hepatic gluconeogenesis in mice. Aoki A, Fujitani K, Takagi K, Kimura T, Nagase H, Nakanishi T, Biol Pharm Bull, 39, 587-592, (2016).
  7. Partial contribution of the Keap1-Nrf2 system to cadmium-mediated metallothionein expression in vascular endothelial cells. Shinkai Y, Kimura T, Itagaki A, Yamamoto C, Taguchi K, Yamamoto M, Kumagai Y, Kaji T, Toxicol Appl Pharmacol, 295, 37-46, (2016).
  8. Chromium (VI)-induced transformation is enhanced by Zn deficiency in BALB/c 3T3 cells. Kimura T, Onodera A, Okumura F, Nakanishi T, Itoh N, J Toxicol Sci, 40(3), 383-387, (2015).
  9. Cooperative functions of ZnT1, metallothionein and ZnT4 in the cytoplasm are required for full activation of TNAP in the early secretory pathway. Fujimoto S, Itsumura N, Tsuji T, Anan Y, Tsuji N, Ogra Y, Kimura T, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Kambe, PLoS One, 8(10), e77445, (2013).
  10. Bis(L-cysteinato)zincate(II) as a coordination compound that induces metallothionein gene transcription without inducing cell-stress-related gene transcription. Kimura T, Yoshida K, Yamamoto C, Suzuki M, Uno T, Isobe M, Naka H, Yasuike S, Satoh M, Kaji T, Uchiyama M., J Inorg Biochem, 117C, 140-146, (2012).
  11. Role of megalin and the soluble form of its ligand RAP in Cd-metallothionein endocytosis and Cd-metallothionein-induced nephrotoxicity in vivo. Onodera A, Tani M, Michigami T, Yamagata M, Min KS, Tanaka K, Nakanishi T, Kimura T, Itoh N., Toxicol Lett, 212(2), 91-96, (2012).
  12. Possible aryl hydrocarbon receptor-independent pathway of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin-induced antiproliferative response in human breast cancer cells. Yoshioka H, Hiromori Y, Aoki A, Kimura T, Fujii-Kuriyama Y, Nagase H, Nakanishi T., Toxicol Lett, 211(3), 257-265, (2012).
他 省略
総説
  1. 金属曝露がもたらすエピジェネティックな変化とその分子機構, 木村朋紀, 薬学雑誌, 137, 273-279, (2017).
  2. The Functions of Metallothionein and ZIP and ZnT transporters: an overview and perspective. Kimura T, Kambe T, Int J Mol Sci, 17, E336, (2016).
  3. Molecular Mechanisms of Zinc-mediated Induction and Chromium(VI)-mediated Inhibition of MouseMetallothionein-I Gene Transcription. Kimura T, J Health Sci, 56(2), 161-6, (2010).
  4. Mechanisms of Heavy Metal Sensing by Metal Response Element-binding Transcription Factor-1. Tomoki Kimura T, Itoh N, Andrews GK, J Health Sci, 55(4), 484-94, (2009).
  5. 亜鉛応答性転写因子MTF-1とCr(VI)毒性-6価クロムの発がん性と遺伝子発現抑制作用との関係, 木村朋紀, 薬学雑誌, 127, 1957-65, (2007).
  6. サイトカインによるメタロチオネイン誘導とメタロチオネインによるサイトカイン発現の修飾, 伊藤徳夫, 木村朋紀, 薬学雑誌, 127, 685-94, (2007).
著書
  1. 「毒性の科学」(編集:熊谷嘉人, 姫野誠一郎, 渡辺知保, 共著者:木村朋紀 他35名), 担当部分:「MTF1とメタロチオネインの役割」,東京大学出版社, 2014.
  2. 「放射化学・放射薬品学 第2版」(編集:五郎丸毅, 堀江正信, 共著者:明樂一己, 遠藤朋宏, 木村朋紀, 五郎丸毅, 立松健次郎, 堀江正信, 本屋敷敏雄), 廣川書店, 2011.
  3. 「Metallothionein IV (Advances in Life Sciences)」(編集:Klaassen CD, 共著者:木村朋紀 他428名), 担当部分:「Synergistic activation of mouse metallothionein-I gene by interleukin-6 and glucocorticoid」, Birkhäuser (Architectural), 1999.
受賞
  1. 日本毒性学会 奨励賞 受賞 (2012)
  2. 日本薬学会 環境・衛生部会 平成21年度環境・衛生部会賞 受賞 (2009)
  3. メタロチオネイン研究奨励賞 受賞 (2001)
海外および国際学会発表
  1. Bis(L-cysteinato)zincate(II) as a coordination compound that induces metallothionein gene transcription without inducing cell-stress-related gene transcription. Kimura T, Yoshida K, Yamamoto C, Suzuki M, Uno T, Isobe M, Naka H, Yasuike S, Satoh M, Kaji T, Uchiyama M., フォーラム2015:衛生薬学・環境トキシコロジー, Japan/Korai Joint Symposium, 2015 (神戸)
  2. Mechanisms of metallothionein gene transcription in epigenetic changes in the promoter (シンポジウム), 木村朋紀, International Society for Trace Element Research in Human, 2013 (東京)
  3. Transcriptional activation enhanced by the change in chromatin structure of mouse metallothionein-I promoter, 保坂卓臣, 木村朋紀, 古田雄三, 藤森廣幸, 磯部正和, The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology, 2012 (仙台市)
  4. The zinc-sensing transcription factor MTF-1 mediates zinc-induced epigenetic changes in chromatin of the mouse metallothionein-I promoter and the epigenetic changes brings enhanced transcriptional activation, 木村朋紀, 古田雄三, 奥村文香, 保坂卓臣, 磯部正和, Glen K. Andrews, The International Society of Zinc Biology Conference, 2012 (オーストラリア/メルボルン/セントキルダ)
  5. Possible mechanism of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin-induced antiproliferative response in human breast cancer MCF-7 cells through an independent pathway of aryl hydrocarbon receptor, 中西剛, 吉岡弘毅, 廣森洋平, 青木明, 木村朋紀, 永瀬久光, EUROTOX 2011 (フランス/パリ)
  6. Chromium(VI)inhibits mouse metallothionein-I gene transcription by modifying transactivation potential of the co-activator p300, 木村朋紀, 奥村文香, 小野寺章, 中西剛, 伊藤徳夫, 磯部正和, The XII International Congress of Toxicology, 2010 (スペイン/バルセロナ)
  7. Chromium(VI)inhibits mouse metallothionein-I gene transcription by preventing the zinc-dependent formation of an MTF-1-p300 complex (招待講演), 木村朋紀, The 5th International Congress of Asian Society of Toxicology, 2009 (台湾/台北)

他 省略

国内学会発表
  1. メタロチオネイン発現に関わるエピジェネティックな制御系解明に向けたPrimeFlow™ RNA assay法の利用, 木村皓平, 吉田侑矢, 宮本憧子, 木村朋紀, 第44回日本毒性学会学術年会, 2017年7月12日, 横浜
  2. テトラブロモビスフェノールAによる脂肪前駆細胞3T3-L1の分化促進とヒストンH3K9のメチル化修飾, 小串祥子,木村朋紀,平川紗帆里,居場嘉教,秋山恵麻,角谷秀樹,太田壮一,青笹治, 第44回日本毒性学会学術年会, 2017年7月12日, 横浜
  3. DNA脱メチル化剤処理P1798細胞でのカドミウムによるMT誘導の単一細胞解析, 木村皓平, 吉田侑矢, 宮本憧子, 木村朋紀, 日本薬学会第136年会, 2017年3月27日, 仙台
  4. リンパ肉腫細胞P1798のメタロチオネイン発現に対する長期低濃度カドミウムおよび亜鉛曝露の影響とその役割, 川嶋真実,青笹治, 木村朋紀, フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2016年9月10日, 東京
  5. リンパ肉腫細胞P1798におけるカドミウム長期曝露によるメタロチオネイン誘導能の変化とその役割, 木村朋紀,川嶋真実,青笹治, 第43回日本毒性学会学術年会, 2016年6月29日~7月1日, 名古屋
  6. 金属曝露がもたらすエピジェネティックな変化とその分子機構 (シンポジウム), 木村朋紀, 日本薬学会第136年会, 2016年3月29日, 横浜
  7. メタロチオネイン遺伝子発現に対するエピジェネティックな制御機構の解析 (シンポジウム), 木村朋紀, 第42回日本毒性学会学術年会, 2015年6月30日, 金沢
  8. 有機スズ神経毒性に関与する核呼吸因子-1 (NRF-1) 阻害機構の解明, 石田慶士, 古武弥一郎, 青木香織, 瀧下智子, 木村朋紀, 諫田康成, 太田茂, 第41回日本毒性学会学術年会, 2015年7月1日, 金沢
  9. トリブチルスズによるNRF-1転写活性低下を介した神経細胞脆弱化, 石田慶士, 古武弥一郎, 青木香織, 瀧下智子, 木村朋紀, 諫田康成, 太田茂, 第4回メタロミクス研究フォーラム, 2014年11月, 東京(武蔵野大学)
  10. 金属曝露がもたらすエピジェネティックな変化とその分子機構 (シンポジウム), 木村朋紀, フォーラム2014:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2014年9月, つくば

他 省略

研究費の受け入れ状況
  1. 木村朋紀(代表):科学研究費補助金 基盤研究(C), 「亜鉛欠乏に応答するエピジェネティック制御の分子機構に関する研究」, 5,200千円, 平成25年~平成28年
  2. 木村朋紀(代表):科学研究費補助金 若手研究(B), 「亜鉛に応答した遺伝子発現変化に対するエピジェネティック制御機構」, 4,420千円, 平成23年~平成25年
  3. 木村朋紀(分担):長期自主研究(LRI) 日本化学工業協会, 「低用量化学発がん物質処理によるin vitro transformation感受性の低下に関する研究」, 4,500千円, 平成21年~平成23年
  4. 木村朋紀(代表):科学研究費補助金 若手研究(B), 「転写因子MTF-1を介した重金属依存的転写活性化機構の解明」, 4,290千円, 平成21年~平成23年
  5. 木村朋紀(分担):環境省委託研究, 「水銀汚染環境の修復に関する研究―土壌中の水銀除去システムの開発とその効果の検討」, 9,000千円, 平成19年~平成21年
  6. 木村朋紀(分担):科学研究費補助金 萌芽研究, 「ヒト細胞の化学発がん抵抗性の克服と新規な化学発がんin vitro評価系の開発」, 3,200千円, 平成19年~平成21年
  7. 木村朋紀(代表):科学研究費補助金 若手研究(B), 「亜鉛応答性転写因子MTF-1による細胞機能調節機構の解析」, 3,500千円, 平成17年~平成19年
  8. 木村朋紀(代表):科学研究費補助金 若手研究(B), 「転写因子MTF-1を介したストレス防御機構の解析」, 3,500千円, 平成15年~平成17年
pagetop