WebBoxの利用について

WebBoxとは

WebBoxとは、自宅や研究室等のパソコンから、ドキュメント(個人領域)や教材・提出フォルダに接続するためのシステムです。

例えば、大学で途中まで作成していたWordのレポートをドキュメント(個人領域)に保存しておき、自宅のパソコンからWebBoxに接続しレポートの続きを作成したり、自宅で作成したExcelの課題ファイルをWebBox経由で教材・提出フォルダに提出したりすることができます。

USBメモリを用いてデータを移動等する場合には紛失や破損してしまう恐れがありますが、WebBoxを利用することでより安全に自宅・大学間のパソコンでデータをやりとりすることができます。

注意事項


※情報処理(演習)室等のパソコンからはWebBoxに接続できません。

情報処理(演習)室等のパソコンからドキュメントや教材・提出フォルダへアクセスしたい場合はデスクトップ上のアイコンから行ってください。


※Webboxでアップロード・ダウンロードできる最大容量は200MBまでです。

200MB以上のファイルを扱う場合には情報処理(演習)室内のパソコンからドキュメントまたは教材・提出フォルダに直接アクセスしてください。


※Webbox経由の提出フォルダ内では、自分が保存したファイルのみがリストに表示されます。

他の学生が保存したファイルはリスト内には表示されません。保存先が正しいかどうか不安な場合には、情報処理(演習)室のパソコンで教材・提出フォルダを確認してください。


※提出フォルダでは、ファイルの削除・移動や上書き、ファイル名の変更やファイル内容の修正はできません。

誤って違うフォルダに提出したり、作成途中のファイルを提出しないように注意してください。万一、誤って操作した場合には、先生に相談し指示を仰いでください。


※ドキュメントの容量は500MBです。

不要なファイルは削除する等し、容量不足にならないよう注意してください。利用頻度の少ないファイルについては、OneDriveに保存することも検討してください。

よくある質問


Q1.情報処理(演習)室からWebBoxにアクセスできません。

情報処理(演習)室からはデスクトップ上の教材・提出フォルダもしくはドキュメントフォルダを開きアクセスしてください。


Q2.スマホやタブレットなどからも利用できますか?

iOSおよびAndroidからのアクセスも可能です。また、モード切替ボタンをタップしてPC版に切り替えることで、スマホで撮影した写真や動画をドキュメントにアップロードすることなどもできます。ただし、一部機種・環境においては利用できない場合があります。

WebBox利用方法

下記の画面イメージを参考に、Webboxログイン後に表示されるFAQ(よくある問合せはこちら)をクリックし、利用マニュアルを参照してください。

WebBoxへのログイン

下記のバナーもしくはURLをクリックし、ログインIDおよびパスワード(ポータルサイトと同一)を入力してください。



https://webbox.setsunan.ac.jp/