Fun to Project

TechnoCenterNews10


2016年度に導入された装置や設備の更新情報です

マシニングセンターの導入

P1070237.JPG P1070240.JPG

マシニングセンターがテクノセンターに新たに2台設置されました。




3DーCADシステムの導入


IMG_0267.JPG

全学で更新された計算機システムの更新にあわせ、3D-CADシステムがテクノセンターに20台設置されました。
これまで理工学部CAD/CAE室で作業していたCADをテクノセンターに設置されていた加工機のすぐそばで操作できることにより、より効率的なものつくりが可能となりました。

3Dプリンタの設置


IMG_0320.JPG



DSCF1434.JPG

CADシステムのすぐそばに3Dプリンタが設置され、CADデータからすぐに3次元モデルを制作することが可能です。
ほとんどのCADデータを利用できるので、機械装置のモデルだけでなく、建築学科や住環境学科の学生さんたちがモデルを作成できます。
出来上がったモデルの素材はセッコウですが、モデルに色を付けた形で出力できます。

NCフライスの設置


IMG_0316.JPG

CADで作成したモデルを金属で出力することも簡単にできます。
アルミや木材、樹脂を加工できます。加工サイズは大きくありませんが、CADシステムの隣の机の上で機械加工できるのが特徴です。

ロボドリルの移設


IMG_0319.JPG

2号館からロボドリルが移設されました。研究に使われていたもので、高度な加工技術を駆使した精密部品の作製が可能となりました。

3次元測定器の移設



IMG_0321.JPG

2号館から3次元測定器が移設されました。加工後に加工状態を高精度で測定することができます。

エレクトロショップの開設


IMG_0327.JPG

次年度のエレクトロショップの開設を試行するために、PCとインタフェースを通じたマイコンの開発システム8セットの作業コーナが開設され、機械加工に関する実習に加えて実習や実験を支援することができるようになりました。

エレクトロショップの計測器

IMG_0328.JPG

エレクトロショップで電気回路の制作や計測を行うために、シンクロスコープ、発信器、電源、ブレッドボード、配線材、半田こて、抵抗やコンデンサなどの電子回路素材が用意されています。今後、半導体や計測器、基盤作成装置などの整備が予定されています。


フォーミュラープロジェクトコーナーの開設



IMG_0325.JPG

フォーミュラーカープロジェクトはすでに来年度のコンテストに向けて始動しています。
メンバーの作業空間を確保し次のチャレンジに向けて専用コーナーを開設しました。

IMG_0410.JPG

ライセンス修得学生の感謝のコメント 機械工学科 北川君

プロジェクトに参加するためにライセンスを取得しました。資格を取るために学ぶのではなく、目的を持った学びができることができました。あらかじめ内容が決められたライセンス講習会以外にも、友達をさそってセンターの先生にお願いすれば、夏休みなど授業がない期間は要望した講習が受けられますよ。