新着情報 新着情報イメージ画像

  1. トップページ
  2. 新着情報
  3. 【現代社会学部】落合知子准教授の研究発表が、『神戸経済ニュース』に掲載されました

【現代社会学部】落合知子准教授の研究発表が、『神戸経済ニュース』に掲載されました一覧へ戻る

現代社会学部の落合知子准教授の研究企画が、神戸市が実施している若手研究者向けの活動経費助成「大学発アーバンイノベーション神戸(UIK)」の2023年~2024年企画に採択され、昨年11月に他の採択課題とともに神戸発のクロスメディアイベント「078KOBE」で研究発表会が行われ、その様子が『神戸経済ニュース』で報道されました。

 落合准教授の申請課題の名称は、「神戸市長田の継承語・継承文化の保存と教育への活用を目指した総合的研究」です。内容は、「神戸在日コリアンくらしとことばのミュージアムの開設を通じて、在日コリアンがどうして日本名を名乗って、在日コリアンであることを隠さないと生きていけないのか等を記録し、移民のエンパワメントと日本人の学びの拠点を創造する」というものでした。

 落合准教授は研究の意義について「移民の視点から社会を見つめ直すことで、社会の改革のポイントが可視化されるのではないか」と語ります。 

 

現代社会学部の落合知子准教授の研究発表をもとにしたニュース記事

 078KOBE 「在日コリアン文化どう保存?」「何が大学でCO2排出?」 大学発UIKとは

 

『神戸経済ニュース』2023年11月26日

 https://news.kobekeizai.jp/blog-entry-15349.html

 

一覧へ戻る

新着情報

ページの上部へ