大学で学んだ「心に寄り添う」ケアでチーム医療の現場を支える存在に。
整形外科、消化器内科の病棟を担当しています。整形外科では、患者さんごとの術前後ケアの手法を学びながら、ようやく自分で思考できるようになってきたと感じています。消化器内科では、痛みを訴えることすらできない状況の患者さんもおられます。24時間看護しているからこそ分かるその苦痛を、ご本人に代わり医師に伝え、より安楽できるよう支えることも重要です。大学では、さまざまな領域ごとの特色を学ぶなか「心に寄り添う」大切さを教えていただきましたが、終末期医療におけるご家族へのケアも考える際、それらの学びが生きています。また、先生や学生同士との距離が近く、常にディスカッションできた環境は、チーム医療において重要なコミュニケーション力も養ってくれたと感じます。
今後は、さらに人間力、マネジメント力も磨きながら専門認定看護師、管理職もめざし、医療現場を支えていける存在になりたいです。

摂南大学のココが良かった!

薬学部がある点は大きなメリットです。薬学部の学生とともに学ぶことで、薬学をより広く深く身につけることができたと思います。実際、医療の現場に立つ今、患者さんに何かあった時にも副作用を含めた薬剤知識があるため、担当医師とも意思疎通がしやすいと感じています。
実習での体験が教えてくれた、患者さん一人ひとりと向き合う大切さ。
小児科病棟に勤務して3年になります。もともと子どもが好きで、小児救急の充実している市立ひらかた病院を志望。来院時には泣いたり落ち込んだりしていた患者さんが次第に元気になっていく姿を見て、やりがいを感じる毎日です。大学の実習でも小児科を担当したのですが、当時は患者さんやご家族に寄り添った看護ができず反省することもありました。その時に学んだのが、看護における個別性の大切さです。目の前の患者さんとしっかり向き合い、どのように関わるべきか考えて対応する重要性を再認識しました。今では患者さんの好きなキャラクターなどの絵をシーネ(骨折の際、患部を固定する添え木)に描いたり、視線を合わせて話したり、少しでも不安を取り除けるコミュニケーションを実践中。一人ひとりに応じた看護を心がけ患者さんが心を開いてくれた時は、看護の道を進んで良かったと感じる瞬間です。今後は産婦人科の知識も身につけ、より深く患者さんと関わることが目標です。

摂南大学のココが良かった!

先生方との距離が近いことが魅力です。少人数授業で質問がしやすく、実習での悩みなどいつでも相談でき、心強く感じました。また、就職部の方々のサポートが手厚いことも印象的で、就職に必要な書類などのアドバイスを丁寧にしてくださり励みになりました。