【共通】SSL-VPNサービスで学外から利用できる電子資料について(2020/08/07更新)

摂南大学図書館が利用契約している電子資料は、原則として学内のネットワーク環境からアクセス
できるようになっています。情報メディアセンターが提供するSSL-VPNサービスを利用して学内
専用の電子資料を学外から利用できるようになります。
SSL-VPNで接続可能な電子資料については、下記をご確認ください。

※電子資料の利用に関しては、各提供業者のHPなどに書かれた採録範囲や期間、内容についての
   解説をよく読み、サービス提供者の定めた利用規定を遵守願います。
   利用規定の内容に違反する利用を行うと、そのサービスについて大学全体の利用が停止されたり、
   法的処置をとられたりすることがありますので、適正な利用をお願いします。

【SSL-VPN利用方法】
   ・情報メディアセンターWEBサイトの[各種システム]SSL-VPN(学生)をご確認ください。

【SSL-VPNで接続可能な電子ブック】
   ・Maruzen eBook Library(閲覧中のタイトルは1アクセスに制限されます)
   ・EBSCO eBooks(閲覧中のタイトルは1アクセスに制限されます)
   ・KinoDen(閲覧中のタイトルは1アクセスに制限されます)
   ・ProQuest Ebook Central(閲覧中のタイトルは1アクセスに制限されます)
   ・Gale eBooks(同時アクセス無制限)

【SSL-VPNで接続可能なデータベース】
   ・聞蔵Ⅱビジュアル(同時アクセス数 2)
   ・ヨミダス歴史館(同時アクセス数 1)
   ・日経テレコン21 IP版(同時アクセス数 2)
   ・日経BP記事検索サービス(年間利用記事数:12,000本)
   ・ジャパンナレッジLib(同時アクセス数 2)
   ・TKCローライブラリー(同時アクセス数 14)※2021年3月31日まで

【SSL-VPNで接続可能な電子ジャーナル】
   ・Science Direct(同時アクセス無制限)

   ※電子資料によっては、同時にアクセスできる人数が決まっています。
      アクセスが集中しているときは、少し時間をおいて試してください。

   ※電子資料の詳細はこちらをご覧ください。