摂南大学の特色ある取り組み

神戸南京町で東日本大震災復興支援イベントを開催

学生の企画で実現「気仙沼出張屋台村@南京町広場」

オープニングセレモニーでテープカットを行う八木学長(左から2人目)と実行委員長の森俊人さん(経済学科4年次。同3人目)
オープニングセレモニーでテープカットを行う八木学長(左から2人目)と実行委員長の森俊人さん(経済学科4年次。同3人目)

本学は阪神・淡路大震災記念日の1月17日と18日、復興庁などの後援のもと、神戸市・南京町広場で東日本大震災復興支援イベント「食べる!遊ぶ!復興支援する!!気仙沼出張屋台村@南京町広場」を初開催しました。このイベントは経済学科の植杉大教授のゼミ生4人が中心となって企画、運営を行い、2日間で50人の学生が調理や物品販売などに協力しました。2017年3月に閉村した宮城県気仙沼市の「復興屋台村気仙沼横丁」を南京町広場で復活させ、気仙沼の観光や特産品、復興の歴史と南京町の魅力を同時に発信する「新しい復興支援のカタチ」を実現し、多くの方が来場しました。

学生が気仙沼名物の料理を販売気仙沼と神戸の地酒をアピール
学生が気仙沼名物の料理を販売気仙沼と神戸の地酒をアピール
サメに扮して呼び掛ける髙野凌嗣さん(経済学科4年次)
サメに扮して呼び掛ける髙野凌嗣さん(経済学科4年次)

2日間限定で神戸の街に姿を現した出張屋台村には、名物メカジキのハモニカ煮やホルモン焼きなど気仙沼の郷土料理や気仙沼と神戸の地酒飲み比べを提供する「飲食ブース」、ふかひれスープやサンマなどの気仙沼の特産品を販売する「物販ブース」、震災関連資料の展示やサメの歯キーホルダー作り体験、観光パンフレットが閲覧できる「歴史・観光ブース」を設置。このほか、東日本大震災を経験した尾形幹男氏による語り部講話も行われました。
また、南京町内の飲食店・6店舗の協力による気仙沼名物のメカジキを使ったコラボ料理も販売しました。

海外で学び、自分を大きく成長させる海外留学
マレーシアの小学校で日本文化を紹介
マレーシアの小学校で日本文化を紹介

学生時代は、長いようで就職活動や卒業研究・卒業論文などで奔走する時間も多く、意外と短いもの。就職してからは、長期休暇が取りづらく、海外体験や留学をする機会はあまり多くはありません。だからこそ、海外に出て自分を磨く絶好の機会です。 海外へ飛び出すメリットは何でしょうか。「日本語が通じない状況に身を置くことで、自分から外国語で話さなければならず、生きた言語が学べる」「多様性や柔軟性を養える」「文化の違いを知り、人間的な幅が広がる」などさまざまです。
国際交流センターでは、各種交換留学や語学研修、文化体験などの海外派遣プログラムを整備しています。多くの実績があり、本学が留学のための費用や準備に関するサポートをするので、安心して参加できます。海外での貴重な体験は、就職活動にも活かすことができます。

韓国の大学でテコンドーを体験
韓国の大学でテコンドーを体験
カナダでの語学研修で修了証を手にする学生たち

協定校との交換留学は、半年から1年の期間の実施で、海外留学先大学の学費が免除されます。夏や春の休暇中に短期で実施する、カナダ、台湾、韓国、タイ、インドネシア、マレーシア、メキシコ、フィリピン、サイパンなどへの語学研修・文化体験プログラムもあります。3月には、フィリピン英語研修、台湾中国語研修に多くの学生が参加しています。
海外留学に関する疑問や悩みがあれば、本センターに相談してください。すぐに海外に行かなくても、学内にいる外国人留学生と触れ合えるイベントも紹介しています。