menu

生命環境科学研究室

img-nagata.jpg

個人DB:研究者詳細 - 長田 武 (setsunan.ac.jp)
個人HP:under construction

researchmap130.gif

教員名・職位 長田 武 講師

研究テーマ:植物幹細胞に及ぼす金属イオンの影響とその防御機構
研究分野:植物生理学
研究のキーワード:金属イオン 根端分裂組織 幹細胞ニッチ 遺伝子組み換え植物

2022_nagataken.jpg研究内容: 生命科学分野のうち、植物の生命現象に焦点をあてて研究しています。特に、植物と金属イオンの関係について興味をもって取り組んでいます。
 植物は生育に必要な栄養元素を土壌から吸収し、利用して生きています。しかし、土壌中には植物にとって有害な元素が含まれていることがあります。植物は移動することができないため、そのような土壌では栄養元素だけでなく有害な元素も吸収してしまいます。
 有害な元素は植物の生育に悪影響を及ぼす危険性があります。例えば、根の幹細胞が存在する成長点にストレスを与えたり、葉の光合成色素の生合成を阻害することもあります。このような有害な元素によるダメージがどのように植物の生理作用に影響を及ぼすのかは詳細にはわかっていません。
 その一方で、植物は有害な元素に対して様々な応答や耐性を示すことがあります。例えば、有害な元素が含まれていない方向へ根を曲げて回避しようとしたり、有害な元素を吸収しないように輸送体の転写量を調節したりします。しかし、これらの応答や耐性に関わる詳しいメカニズムについてはよくわかっていません。
 研究室では、このような植物の未知の生命現象を理解するために、分子、細胞、組織レベルのアプローチで研究を行っています。

業績

学術論文
  1. Effect of strontium on the growth, ion balance, and suberin induction in Solanum lycopersicum. Takeshi NAGATA, Plant Root, 13:9-14 (2019)
  2. Effect of Pseudomonas fluorescens inoculation on the improvement of iron deficiency in tomato. Takeshi NAGATA, Plant Root, 11: 1-9 (2017)
  3. Growth inhibition and IRT1 induction of Arabidopsis thaliana in response to bismuth. Takeshi NAGATA, Journal of Plant Biology, 58: 311-317 (2015)
  4. Expression analysis of new Metallothionein2-like protein under mercury stress in tomato seedling. Takeshi NAGATA, Plant Root, 8 72-81 (2014)
  5. Basic research to evaluate the efficacy of gargling with ozonated water. Katsuhiko Nakamuro, Tadahiro Testsumi, Takeshi Nagata and Kazuhiro Ichikawa, J. Antibact. Antifung. Agents, 41(7) 361-367 (2013)
  6. Efficacy of a bacterial siderophore, pyoverdine, to supply iron to Solanum lycopersicum plants. Takeshi NAGATA, Takuro Oobo and Osamu AOZASA, Journal of Bioscience and Bioengineering, 115(6) 686-690 (2013)
  7. Development of a transgenic tobacco plant for phytoremediation of methylmercury pollution. Takeshi NAGATA, Hirofumi Morita, Toshifumi AKIZAWA and Hidemitsu PAN-HOU, Appl Microbiol Biotechnol, 87(2)781-786(2010)
  8. Development of a luminescence-based biosensor for detection of methylmercury. Takeshi Nagata, Toshiaki Muraoka, Masako Kiyono and Hidemitsu Pan-Hou, Journal of Toxicological Science, 35(2) 231-234 (2010)
  9. Genetic Engineering of Transgenic Tobacco for Enhanced Uptake and Bioaccumulation of Mercury. Takeshi NAGATA, Asako NAKAMURA, Toshifumi AKIZAWA and Hidemitsu PAN-HOU, Biological & Pharmaceutical Bulletin, 32(9) 1491-1495 (2009)
  10. Engineering expression of polyphosphate confers cadmium resistance in tobacco. Takeshi NAGATA, Tomoki KIMURA and Hidemitsu PAN-HOU, The Journal of Toxicological Sciences, Vol.33, No.3 pp.371~373(2008)
  11. Accumulation of mercury in transgenic tobacco expressing bacterial polyphosphate. Takeshi NAGATA, Chihiro ISHIKAWA, Masako KIYONO1 and Hidemitsu PAN-HOU, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.12 pp.2350~2353(2006)
  12. Involvement of aromatic amino acids in phenylmercury transport by MerT protein Takeshi Nagata . Masako Kiyono . Hidemitsu Pan-Hou, Journal of Health science. Vol.52, No.4 pp.475~477(2006)
  13. Engineering expression of bacterial polyphosphate kinase in tobacco for mercury phytoremediation Takeshi Nagata . Masako Kiyono . Hidemitsu Pan-Hou, Applied Microbiology and Biotechnology. Vol.72, No.4 pp.777~782(2006)
受賞歴
  1. 優秀賞 ポリリン酸共役型輸送エンジニアリングを用いた重金属汚染浄化システムの開発、フィジカルファーマ・フォーラム2009(大阪)
著書

 なし

海外および国際学会発表
  1. Development of transgenic tobacco for mercury phytoremediation. Takeshi Nagata, Asako Nakamura, Masako Kiyono, Hidemitsu Pan-Hou, 環境バイオテクノロジー国際シンポジウム(ドイツ、ライプチヒ) 2006年7月
  2. Genetic engineering of Escherichia coli for mercury remediation in environments. Hidemitsu Pan-Hou, Masako Kiyono, Takeshi Nagata環境バイオテクノロジー国際シンポジウム(ドイツ、ライプチヒ) 2006年7月
国内学会発表
  1. タバコへのメチル水銀浄化能の付与、フォーラム2009 環境トキシコロジー学会(沖縄)
  2. カドミウムトランスポーターをもつカドミウム高蓄積植物の創生、日本薬学会第129年会(京都)
  3. ポリリン酸共役型輸送エンジニアリングを用いた重金属汚染浄化システムの開発、フィジカルファーマ・フォーラム2009(大阪)
  4. 水銀汚染土壌の浄化におけるMerTの効果、フォーラム2008 環境トキシコロジー学会(熊本)
  5. メチル水銀浄化植物の創生、日本薬学会第128年会(横浜)
  6. 有機水銀測定用バイオセンサーの構築、フォーラム2007 環境トキシコロジー学会(大阪)
  7. 有機水銀汚染土壌の浄化に用いるトランスジェニック植物の分子育種、フォーラム200 環境トキシコロジー学会(大阪)
  8. 水銀輸送系及び蓄積能をもつトランスジェニック植物の水銀浄化能、フォーラム2007 環境トキシコロジー学会(大阪)
  9. 有機水銀バイオセンサーの構築、日本薬学会第127年会(富山)
  10. 水銀輸送能・蓄積能をもつ水銀浄化植物の分子育種、日本薬学会第127年会(富山)
  11. トランスジェニック植物を用いた重金属の浄化、 日本薬学会第127年会(富山)
  12. 水銀輸送系及び蓄積能をもつ水銀浄化植物の創生、フォーラム2006環境トキシコロジー学会(東京)
  13. 水銀高蓄積植物を用いた水銀汚染土壌の浄化、フォーラム2006環境トキシコロジー学会(東京)
  14. 有機水銀バイオセンサーの構築、日本薬学会第126年会(宮城)
  15. 水銀高蓄積植物の創出と水銀浄化への利用、日本薬学会第126年会(宮城)
  16. 水銀汚染土壌の浄化に用いる植物の分子育種、フォーラム2005 環境トキシコロジー学会(徳島)
研究費の受け入れ状況
  1. 長田武(代表):文部科学省研究費補助金若手研究(B)ポリリン酸共役型輸送エンジニアリングによるカドミウム浄化植物の創生
pagetop