諏訪先生が研究代表を務める産学連携研究が日本鉄鋼協会2024年度発足研究会に1位採択。

(一社)日本鉄鋼協会において,機械工学科・諏訪教授が研究代表を務める研究プロジェクト『エネルギーチェーンのシステミック最適化』が同協会2024年度発足研究会として1位採択されました。(研究期間3年・奨学寄附金総額1,500万円)

本研究プロジェクトでは,製鉄所のカーボンニュートラリティ最大化に向けて,資源・エネルギー利用効率最適化技術の開発と学理探求に取り組みます。年次の研究成果は討論会やシンポジウムにて公開する予定です。
https://www.isij.or.jp/subcommittee/research/adoption-result2024.html

参画企業:日本製鉄,JFEスチール,神戸製鋼所
参画大学:神戸大学,富山県立大学,京都大学,早稲田大学,東京工業大学など

Best Presentation Awardを受賞。

去る314日に,大阪工業大学大宮キャンパスにおいて日本機械学会関西支部・関西学生会2023年度学生員卒業研究発表講演会が行われ,本学理工学部機械工学科(当時4年生)の小澤翔紀さん(堀江研究室)と東本翔大郎(諏訪研究室)が Best Presentation Award (BPA) をみごと受賞し,表彰状と副賞メダルが授与されました。

受賞対象:
「低流量小形二重回転スクリューポンプの性能向上に関する研究-ケーシング・ステータ間に封入するグリースがポンプ性能に及ぼす影響-
小澤翔紀(現在,本学大学院理工学研究科・生産開発工学専攻・1年生)

「柔軟製造セルにおける工具コストと生産性の同時最適化に関する研究」
東本翔大郎(現在,本学大学院理工学研究科・生産開発工学専攻・1年生)IMG_7101

川野常夫教授の最終講義が行われました

2月20日(火)、3号館311教室にて、川野常夫教授(元・学部長、現・副学長)の最終講義が行われました。
「摂南大学での33年を振り返って」と題して行われ、学生、卒業生、教職員等、100人を超える方々が聞き入りました。
 
川野教授は人間工学をご専門とされており、1991年に本学 工学部経営工学科(2002年マネジメントシステム工学科に改称)に着任し、2010年から本年まで理工学部機械工学科に在籍。計33年間本学の発展にご尽力されました。
 
講義では本学での33年間の教育・研究のほか、「摂南大学の初めて」に携わったことや、嬉しく感じたことなどについて話されました。
講義終了後、花束の贈呈が行われました。

final_lecture_kawano1
摂南大学での33年間を振り返る川野教授

final_lecture_kawano2
講義に聞き入る卒業生や諸先生方

final_lecture_kawano3
花束贈呈を受けて喜ぶ川野教授

川野先生 最終講義のご案内

2024331日限りでご退職される川野常夫教授の最終講義を下記のとおり開催いたします。
ご多忙のところ誠に恐れ入りますが、万障お繰り合わせの上、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

1
.川野先生 最終講義「摂南大学での33年を振り返って」
 日 時:2024220() 16:00 - 17:00
 場 所:プチテアトル(摂南大学寝屋川キャンパス10号館3階)
 事前申込みは不要です。

2.
懇親会
最終講義終了後に懇親会を行います。懇親会に参加ご希望の方は,以下の問い合わせ先まで事前にご連絡ください。
 日 時: 2024220() 17:20 -
 場 所: スカイラウンジ (摂南大学寝屋川キャンパス11号館11階)
 会 費: 調整中

問い合わせ先: 摂南大学理工学部機械工学科共通準備室
        E-mail: junbi@mec.setsunan.ac.jp
      Tel: 072-839-9154

摂南大学理工学部
機械工学科一同


べストプレゼンテーション賞を受賞。

⼩⽥和哉さん(理工学研究科創生工学専攻・博士課程1年生,諏訪研究室)が2023年度精密工学会秋季大会学術講演会(2023.9.13~15)にて、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。おめでとうございます!
受賞題目「変分⾃⼰符号化器を⽤いた摩擦撹拌接合時の異常検知に関する基礎的検討」
写真1写真2

ベストポスタープレゼンテーション賞を受賞。

豊岡浩太さん(機械工学科・4年生 ,南・寒川研究室)が精密工学会2023年度関西地方定期学術講演会(2023.6.23)にて、ベストポスタープレゼンテーション賞を受賞しました。審査対象のほとんどが大学院生を占める中での大快挙でした。おめでとうございます!
受賞題目「UD-CFRPのエンドミル加工における切削経路が欠陥に及ぼす影響」

toyooka_blurIMG_1594

学術奨励賞を受賞。

3月17日に開催された2023年度スマートライフ学会において田河琴音さん(理工学研究科・生産開発工学専攻・2年生)と岩永岳浩さん(機械工学科・4年生)が学術奨励賞を受賞しました。
学術奨励賞は若手の筆頭著者に与えられるもので、毎年2~3演題が表彰されます。今年は発表者の約80%が国公立大の学生という中で、
本学学生が賞を独占しました!発表者(筆頭著者)と演題は次のとおりです。
・田河琴音「AIカメラを用いた動作同調評価による介護現場の熟練者と初学者の比較」
・岩永岳浩「メタバースの開発とアバター間の最適なコミュニケーション環境の模索」


Pasted Graphic
学術奨励賞を受賞した田河琴音さん

Pasted Graphic 1
学術奨励賞を受賞した岩永岳浩さん

2022年度機械工学科・国際ワークショップ

ブラジルより来日されるGhinato博士(LeanWay ConsultingCEO)をお招きし,特別講演と研究ワークショップを開催します。ギナート博士は,1998年に神戸大学で博士号を取得,すぐにブラジルに帰国された後,製造業の高度化・先進化を図るべく,リーン製造(トヨタ生産方式を源流とする製造)導入のコンサルティングに取り組まれています。

今回の特別講演では,日本が世界に誇る製造技術・生産方式の海外展開の最新事情を提供いただきます。研究交流会では本講演内容とものづくり全般に関わるディスカッションを通じて国際交流を図ります。


持続可能な開発やものづくり全般にご興味・ご関心のある学生や教職員のみなさんに奮ってご参加くださいますようご案内します。

 
1.開催日:20221027()
2.プログラム:
  15:00 - 16:00 特別講演「Advances in Lean Manufacturing」(Ghinato博士)
         開催場所:11号館3階・1134教室
  16:30 - 17:30 研究交流会:Ghinato博士と大学院生・教員
         開催場所:1号館4階・M科共通ゼミ室(2)
3.主 催:理工学部 機械工学科
4.その他:参加の事前申込みは不要です。
 
Paulo Ghinato, 博士(工学), CEO/Senior Consultant at Lean Way Consulting
1998-1999 Federal University of Rio Grande do Sul 准教授
1999-2002 Sao Paulo Alpargats 製造部長
2001-2007 Federal University of Pernambuco 准教授
2002-2013 Managing Director
2014-   現職

不明

第18回全日本学生室内飛行ロボットコンテストに初出場!

岸本先生の研究課題がキャノン財団研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」に採択。

岸本直子教授の研究テーマ『鳥類学と航空工学の協同による飛翔の新たな理解と応用』が,キャノン財団第13回(2022年度)研究助成プログラム「新産業を生む科学技術」に採択されました。
キャノン財団第13回研究助成先・研究助成プログラム

5556_1

2021年度学位授与式

対面による学位授与式を挙行しました。
卒業生,修了生のみなさん,おめでとうございます。
今後の活躍を大いに期待しています。


IMG_2283IMG_2286

【訃報】

原宣宏教授が 2021729 にご逝去されました。(行年61歳)
ここに哀悼の意を表し,原教授のご冥福をお祈りします。

原教授のご略歴:
京都大学 工学部 卒業,京都大学大学院 工学研究科精密工学専攻 修士課程修了。
神戸大学大学院 博士(工学)を取得(2001年)。
1985
年に()神戸製鋼所入社。 技術開発本部研究所長,鋳鍛鋼事業部技術開発部室長を歴任。
1990
(-1991) 英国クランフィールド工科大学 客員研究員。
2015
年より本学機械工学科教授。

DSC_1107
摂南大学学位記授与式 原学科長式辞(2021-03-24)

学生発表賞を受賞。

島田拓実君(諏訪研究室)が,第65回システム制御情報学会研究発表講演会(2021.5.26-5.28)において 学生発表賞 を受賞しました。おめでとうございます!

発表タイトル『並列型FMSにおける生産性と工具状態を考慮した工具配分問題』

IMG_1630

Best Presentation 賞を受賞。

小田和哉君(諏訪研究室)が,日本機械学会関西学生会主催の2020年度卒業研究発表講演会において Best Presentation Award を受賞しました。
おめでとうございます!

卒業研究題目は『エンドミル工具の変化検知に対する変分自己符号化器を用いたマルチモーダル学習』で,確率モデルを融合した先端的AIによる切削工具の異常検知技術に関する研究です。

大学院でさらなる展開・研究成果が大いに期待されます。


名称未設定
image0

2020年度学位記授与式

コロナ禍の厳しい中,学位記授与式をぶじ挙行することができました。
ご修了・ご卒業おめでとうございます。
みなさんの輝かしいご活躍を祈念します。
2020年度卒業式03

2020年度卒業式02

2020年度卒業式14

RapidWeaver Icon

Made in RapidWeaver