研究業績(学会発表) (2024年度以前は旧HPをご覧ください)

 学術論文はココをクリックしてください

2024年度

  1. 秋好 賢志、竹山 匠子、政田 昴人南 景子、高木 敏英、藤井 義峰、高橋 雅行、山下 伸二、片岡 誠、過飽和製剤の最適化による過飽和溶解/析出/吸収挙動の制御:徐放性過飽和製剤化の有用性、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月23日
  2. 新井田 一輝、政田 昴人南 景子片岡 誠、高木 敏英、BEチェッカーによる固体分散体製剤の機能評価、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月23日
  3. 政田 昴人南 景子、高木 敏英、片岡 誠、小児用経口投与製剤からの薬物吸収性評価を目的としたin vitro systemの構築:小児と成人の消化管内モデル液による薬物溶解性の違い、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月23日
  4. 鶴田 結愛華政田 昴人南 景子、高木 敏英、表 雅章、河合 健太郎、片岡 誠、薬物体内動態改善を指向した新規ブースターの開発:CYP阻害の特異性および阻害部位選択性の評価、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月25日
  5. 笹木 円香政田 昴人南 景子、高木 敏英、片岡 誠、共結晶化による難溶性薬物過飽和溶解の制御:ポサコナゾール新規共結晶の合成とその溶解特性、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月25日
  6. 山口 鋭政田 昴人南 景子、高木 敏英、片岡 誠、食後条件下における溶解性改善製剤からの消化管内薬物溶解挙動評価法の構築、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月25日
  7. 中森 一希政田 昴人南 景子、高木 敏英、片岡 誠、共結晶化による難溶性薬物の経口吸収挙動制御:消化管内環境変化を反映したin vitro systemを用いた評価、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  8. 明井 哉諭政田 昴人南 景子、高木 敏英、片岡 誠、難溶性薬物共結晶からの薬物経口吸収挙動におよぼす投与量とcoformerの影響:消化管内環境変化を反映したin vitro systemを用いた評価、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  9. 佐藤 謙真、竹山 匠子、政田 昴人南 景子、高木 敏英、藤井 義峰、高橋 雅行、山下 伸二、片岡 誠、薬物吸収過程を反映した新規in vitro システムの構築:過飽和性原薬を用いた薬物過飽和溶解/析出挙動の評価、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  10. 大西 真史南 景子政田 昴人、高木 敏英、田畑 泰彦、菱川 慶裕、山下 伸二、片岡 誠、高clearance薬物の吸収改善を目的とした舌下ゼリー剤の開発(2):難水溶性薬物封入ゼリー剤の調製と有用性の検証、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  11. 三河 瑚都政田 昴人南 景子、高木 敏英、片岡 誠、小児用経口投与製剤からの薬物吸収性評価を目的としたin vitro systemの構築(2):製剤の消化管内移行を反映したin vitro system、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  12. 佐々木 凜政田 昴人南 景子、高木 敏英、片岡 誠、臨床製剤からの薬物経口吸収性評価システムの構築:BEチェッカーを用いたFa評価、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  13. 堤 聖貴、井上 遊、政田 昴人南 景子片岡 誠、高木 敏英、ヒト消化管内液量を反映させたBEチェッカーの開発、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  14. 加藤 由梨、楠本 稚菜政田 昴人南 景子片岡 誠、高木 敏英、食後投与時における薬物吸収速度の決定因子解析:薬物物性、製剤崩壊性とstomach roadの関係、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  15. 中元 希望、政田 昴人南 景子片岡 誠、高木 敏英、食後時模擬小腸液でのテルミサルタン溶解低下の要因解析、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月24日
  16. 竹山 匠子、鶴田 友美、藤井 義峰、高木 敏英、高橋 雅行、山下 伸二、片岡 誠、過飽和型製剤からの薬物経口吸収性評価:水/オクタノール2相系溶出性試験を用いた基礎的検討、日本薬剤学会第39年会、神戸、2024年5月25日