難治性アトピー疾患およびがんの
病態解明とその創薬を目指して

 本研究室では、1)喘息や花粉症などのアトピー疾患の難治化のメカニズムの解明、2)アレルゲン免疫療法の効果発現メカニズムの解明、3)新しいアレルギー治療薬の開発、4)スフィンゴ脂質の疾患生物学、5)癌治療標的分子の探索を中心に研究を進めています。これらの研究を遂行することによって社会貢献をするとともに、科学的思考能力のある薬剤師を世に送り出すことを目的としています。

摂南大学 薬学部 薬効薬理学研究室
NEWS
論文発表
2024年2月22日
 セラミドナノリポソームに関する研究論文がCells誌にアクセプトされました。
受賞表彰
2024年2月5日
 大学院生の榮 春海が長井記念薬学研究奨励支援事業に採用されました。
論文発表
2024年1月22日
 ステロイド抵抗性喘息モデルに関する研究論文がBiological and Pharmaceutical Bulletin誌に掲載されました。
学会発表
2024年1月19日
 第52回日本免疫学会学術集会にてポスター発表を行いました(松田助教、D2 霜良、B4 中山)。
学会発表
2023年12月16日
 奈邉教授が第97回日本薬理学会年会にてシンポジウムをオーガナイズしました(シンポジウム名:「スギ花粉症に対す免疫療法の最前線」~免疫寛容を誘導する舌下免疫療法~)。
学会発表
2023年12月16日
 松田助教が第97回日本薬理学会年会のシンポジウムにて発表を行いました(シンポジウム名:アレルギー研究の最新知見:基礎と臨床)。
学会発表
2023年12月15日
 霜良大学院生が第97回日本薬理学会年会にて口頭発表を行いました。
学会発表
2023年12月14日
 松田助教が第97回日本薬理学会年会のシンポジウムにて発表を行いました(シンポジウム名:免疫システムの制御による難治性疾患克服に向けた新たな治療戦略一免疫薬理学研究の最前線一)。
お知らせ
2023年12月6日
 松田助教が鳥居薬品株式会社第4回社内勉強会にて講演を行いました(演題名:アレルゲン免疫療法の効果発現機序-2型自然リンパ球(ILC2)の制御に着目して-)。
お知らせ
2023年12月5日
 松田助教執筆の解説記事が『ファルマシア』12月号に掲載されました。
お知らせ
2023年11月8日
 新3、4年生10名を研究室に迎えました。
お知らせ
2023年9月30日
 大学院4年生の田中祥之に博士(薬学)の学位が授与されました。
お知らせ
2023年8月30日
 2023年11月12日に薬学部創立40周年記念行事を開催いたします。多くの参加をお待ちしております。
お知らせ
2023年8月22日
 ホームページをリニューアルしました(Ver.3)。本リニューアルによりレスポンジブデザイン(それぞれのデバイスに最適な閲覧画面を表示するデザイン)に対応いたしました。
お知らせ
2023年8月9日
 金沢へ研究室旅行に行きました。
受賞表彰
2024年2月5日
 大学院生の榮 春海が長井記念薬学研究奨励支援事業に採用されました。
受賞表彰
2023年12月5日
 奈邉教授が『世界で最も影響力のある研究者トップ2%』に選出されました。
受賞表彰
2023年8月26日
 大学院2年生の霜良勇人が、次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2023にて学生優秀発表賞(ポスター発表)を受賞しました。
受賞表彰
2023年4月24日
 大学院2年生の霜良勇人が、日本薬学会 第143年会にて学生優秀発表賞(口頭発表)を受賞しました。
受賞表彰
2022年4月24日
 6年生の西馬俊祐が、日本薬学会 第143年会にて学生優秀発表賞(ポスター発表)を受賞しました。
受賞表彰
2022年10月17日
 6年生の米澤郁也が、第72回日本薬学会関西支部総会・大会にて優秀発表賞(ポスター発表)を受賞しました。
受賞表彰
2022年3月8日
 6年生の霜良勇人と橋本健之介が、2021年度第3回学長表彰において研究活動賞を受賞しました。
受賞表彰
2017年3月17日
 松田将也 助教が、第90回日本薬理学会年会 (長崎) において、第90回年会優秀発表賞を受賞しました。
受賞表彰
2017年3月17日
 奈邉 健 教授が、Journal of Pharmacological Sciences 2015年度 優秀査読者賞を受賞しました。
論文発表
2024年2月22日
 セラミドナノリポソームに関する研究論文がCells誌にアクセプトされました。
論文発表
2024年1月22日
 ステロイド抵抗性喘息モデルに関する研究論文がBiological and Pharmaceutical Bulletin誌に掲載されました。
論文発表
2023年2月11日
 喘息に対するセラミドナノリポソームの治療効果を明らかにした研究論文が、Cells誌に掲載されました。
論文発表
2022年11月17日
 アレルゲン免疫療法における細胞外小胞の役割を明らかにした原著論文が、Pathogens誌に掲載されました。
論文発表
2022年9月1日
 難治性喘息における2型自然リンパ球(ILC2)の病的変化に関する総説論文が、日本薬理学雑誌に掲載されました。
論文発表
2022年8月3日
 アレルゲン免疫療法におけるTr1細胞の役割に関する総説論文が、Frontiers in Allergy誌に掲載されました。
論文発表
2022年7月8日
 ステロイド抵抗性喘息に対するIL-10補充療法の効果を明らかにした論文が、International Immunopharmacology誌に掲載されました。
論文発表
2022年4月15日
 原著論文が、Biochemical and Biophysical Research Communications誌に掲載されました。
論文発表
2021年12月28日
 ステロイド抵抗性喘息の病態における2型自然リンパ球の病的変化を明らかにした研究が、European Journal Pharmacology誌に掲載されました。
学会発表
2024年1月19日
 第52回日本免疫学会学術集会にてポスター発表を行いました(松田助教、D2 霜良、B4 中山)。
学会発表
2023年12月16日
 奈邉教授が第97回日本薬理学会年会にてシンポジウムをオーガナイズしました(シンポジウム名:「スギ花粉症に対す免疫療法の最前線」~免疫寛容を誘導する舌下免疫療法~)。
学会発表
2023年12月16日
 松田助教が第97回日本薬理学会年会のシンポジウムにて発表を行いました(シンポジウム名:アレルギー研究の最新知見:基礎と臨床)。
学会発表
2023年12月15日
 霜良大学院生が第97回日本薬理学会年会にて口頭発表を行いました。
学会発表
2023年12月14日
 松田助教が第97回日本薬理学会年会のシンポジウムにて発表を行いました(シンポジウム名:免疫システムの制御による難治性疾患克服に向けた新たな治療戦略一免疫薬理学研究の最前線一)。
学会発表
2023年11月17日
 第17回スフィンゴテラピィ研究会にて発表を行いました(発表者:北谷准教授、D3 榮、D1 小木曽)。
学会発表
2023年11月12日
 奈邉教授が第43回日本眼薬理学会にて特別講演を行いました。
学会発表
2023年10月21日
 第72回日本アレルギー学会学術大会のミニシンポジウムにて発表を行いました(発表者:松田助教、D2霜良)。
学会発表
2023年10月14日
 第73回日本薬学会関西支部総会・大会にて発表を行いました(発表者:D1小木曽、B4 池本、加藤、中山、藤原、藤原、森下、渡邊)。
外部資金
2023年3月23日
 広島大学との共同研究課題が、「放射線災害・医科学研究拠点」共同利用・共同研究に採択されました:肺線維症の発症機序の解析による創薬標的の探索(共同研究者代表:奈邉教授)。
外部資金
2023年2月28日
 科学研究費(基盤研究C)に採択されました:アレルゲン特異的免疫療法の効果発現における細胞外小胞の役割解明(研究代表者:松田助教)。
外部資金
2023年2月1日
 公益財団法人ニッポンハム食の未来財団2023年度研究助成事業に採択されました:デザイナー細胞外小胞を用いた食物アレルギーの予防・治療法の創出(研究代表者:松田助教)。
外部資金
2022年12月20日
 鳥居薬品株式会社と共同研究契約を締結しました:アレルゲン特異的免疫療法による2型自然リンパ球の制御機構の解明(研究代表者:奈邉教授)。
外部資金
2022年2月28日
 科学研究費(基盤研究C)に採択されました:ネクロプトーシスの脂質性制御とセラミド分子認識の解明(研究代表者:北谷准教授)。
外部資金
2021年4月1日
 科学研究費(若手研究)に採択されました:アレルギー疾患の根治を指向したTr1細胞誘導性エクソソームの創出(研究代表者:松田助教)。
外部資金
2020年8月18日
 2020年度グラクソスミスクラインジャパン研究助成に採択されました:Asthma-COPD overlapに対するType 1 regulatory T細胞由来エキソソームの消炎作用の解明(研究代表者:松田助教)。
外部資金
2020年6月10日
 公益財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団の調査研究助成に採択されました:免疫療法における脂溶性ビタミンの意義(研究代表者:奈邉教授)。
外部資金
2020年4月1日
 科学研究費(基盤研究C)に採択されました:エピイムノーム機構に着目したステロイド抵抗性喘息の発症機構の解明(研究代表者:奈邉教授)。
ACCESS
〒573−0101 大阪府枚方市長尾峠町45−1
摂南大学 薬学部 枚方キャンパス 1号館7F