Toward Green and Smart Manufacturing

摂南大学 理工学部 機械工学科 知的システム研究室

論文      著書      解説      講演      出展      口頭発表

査読付学術論文

  • Iterated Local Search Using GPU-Accelerated Simulation Evaluation for Robust Project Scheduling (Under review)
    〔原著論文〕
  1. Anomalous Change Detection in Drilling Process Using Variational Autoencoder with Temperature Nearby Drill Edge, International Journal of Automation Technology, Vol.17, No.5, 2023. doi.org/10.20965/ijat.2023.p0449
  2. Morita, D. and Suwa, H., Proactive Project Scheduling Using GPU-Accelerated Simulations under Uncertainty Environment, International Journal of Computer Integrated Manufacturing. doi.org/10.1080/0951192X.2023.2228273 (2023掲載決定)
  3. 寒川哲夫・長田昌文・手塚一博・諏訪晴彦, ダイヤコートボールエンドミルを用いた超硬合金の切削加工に関する研究(表面性状が及ぼす工具寿命への影響), 砥粒加工学会誌(2023掲載決定)
  4. 小田和哉・諏訪晴彦・村上浩二, マルチモーダル変分自己符号化器を用いたエンドミル加工における加工異常の検知, 日本機械学会論文集 Vol.89, No.918, p.22-00290 (2022). doi:10.1299/transjsme.22-00290
  5. Shimada, T. and Suwa, H., Optimization of Cutting Tools Allocation Enhancing Workload Balance and Productivity in Parallel-Type FMS, International Journal of Automation Technology, Vol.15, No.6, pp.804-812 (2021). doi:10.20965/ijat.2021.p0804
  6. Yonemoto, R. and Suwa, H., Reactive Scheduling Based on Adaptive Manipulator Operations in a Job Shop Configuration with Two Machines, International Journal of Automation Technology, Vol.15, No.5, pp.661-669 (2021). doi:10.20965/ijat.2021.p0661
  7. Yonemoto, R. and Suwa, H., Task Scheduling of Material-Handling Manipulator for Enhancing Energy Efficiency in Flow-Type FMS, International Journal of Automation Technology, Vol.14 No.6, 943-950 (2020). doi:10.20965/ijat.2020.p0943
  8. Samukawa, T., Shimomoto, K., and Suwa, H., Estimation of In-Process Power Consumption in Face Milling by Specific Energy Consumption Model, International Journal of Automation Technology, Vol.14 No.6, 951-958 (2020). doi:10.20965/ijat.2020.p0951
  9. Suwa, H., Sakamoto, S., Nagata, M., Tezuka, K., and Samukawa, T., Applicability of Diamond Coated Tools for Ball-End Milling of Sintered Tungsten Carbide, International Journal of Automation Technology, Vol.14, No.1, pp.18-25 (2020). doi:10.20965/ijat.2020.p0018
  10. 寒川哲夫・下元一輝・諏訪晴彦, 生産システム全体のエネルギー高効率化に関する研究(工作機械における消費電力モデルを用いた切削条件の決定),実験力学 (Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics), Vol.19, No.4, pp.293-299 (2019). doi:10.11395/jjsem.19.293
  11. 植田芳昭・諏訪晴彦・橋本正治・下元一輝・桑田寿基・寒川 哲夫, 守口門真商工会議所青年部との協働による滑空機製作の取り組み, 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.5, No.1, pp.17-29 (2019).
  12. Yonemoto, R. and Suwa, H., Evaluation of Energy Efficiency and Productivity in Scheduling by Using Physical Simulator, Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers, Vol.32, No.5, pp.185-191 (2019). doi:10.5687/iscie.32.185
  13. 寒川哲夫・下元一輝・諏訪晴彦, 工作機械の切削時における消費電力モデル(ワイヤ放電加工機とCNC旋盤への適用), 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.4, No.1, pp.73-83 (2018).
  14. 諏訪晴彦・森田大輔, 不確実性環境下でのプロジェクト・タイムマネジメント(クリティカルチェーン・スケジューリングとその最適化モデル), 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.4, No.1, pp.1-12 (2018).
  15. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクトのスタビリティ向上のためのスケジュール修正方法, システム制御情報学会論文誌 Vol.30, No.5, pp.175-182 (2017). doi:10.5687/iscie.30.175
  16. 寒川哲夫・諏訪晴彦, 切削加工における消費エネルギー密度に基づく切削時消費電力の予測に関する基礎的研究, 精密工学会誌, Vol.83, No.4, pp.367-374 (2017). doi:10.2493/jjspe.83.367
  17. 寒川哲夫・下元一輝・諏訪晴彦, 工作機械の切削時における消費電力モデル(送り駆動系が全体消費電力に及ぼす影響), 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.3, No.1, pp.75-84 (2017).
  18. Samukawa, T. and Suwa, H., An optimization of energy-efficiency in machining manufacturing systems based on a framework of multi-mode RCPSP, International Journal of Automation Technology, Vol.10, No.6, pp.985-992 (2016). doi:10.20965/ijat.2016.p0985
  19. Fujiwara, T., Suwa, H. and Morita, H., Dynamic Project Scheduling with Reduction of Activity Durations, International Journal of Project Organisation and Management, Vol.8, No.3, pp.259-274 (2016). doi:10.1504/IJPOM.2016.078270
  20. Suwa, H. and Morita, D., Reactive Project Scheduling Method to Enhance Project Progress under Uncertainty, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.10, No.3 (2016). doi:10.1299/jamdsm.2016jamdsm0051
  21. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクト管理におけるスタビリティを指向する作業の工数見積もり法, システム制御情報学会論文誌, Vol.28, No.9, pp.384-391 (2015). doi:10.5687/iscie.28.384
  22. Morita, D. and Suwa, H., An Exact Method for Robust Capacity Requirements Planning, International Journal of Automation Technology, Vol.9, No.3, pp.216-221 (2015). doi:10.20965/ijat.2015.p0216
  23. 諏訪晴彦・森田大輔, スタビリティを指向する能力所要量計画に関する一考察(柔軟ジョブショップへの適用), 日本機械学会論文集 Vol.80, No.814 (2014). doi:10.1299/transjsme.2014trans0143
  24. 横田祥・池田博一・川野常夫・諏訪晴彦・山崎達志・一色 美博・橋本 正治, LEGO MINDSTORMSとWeb教材を利用した初年次導入教育の試み, 日本e-Learning学会誌, Vol.13, pp.133-140 (2013).
  25. Morita, D., and Suwa, H., An Optimization Method for Critical Chain Scheduling toward Project Greenality, International Journal of Automation Technology, Vol.6, No.3, pp.331-337 (2012). doi:10.20965/ijat.2012.p0331
  26. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクト管理におけるスケジュール・スタビリティ向上のための作業時間の見積もり方法, システム制御情報学会論文誌, Vol.25, No.6, pp.145-151 (2012). doi:10.5687/iscie.25.145
  27. 諏訪晴彦・森田大輔・三道弘明, プロジェクト管理におけるダミーに基づくクリティカルチェーン・スケジューリング, システム制御情報学会論文誌, Vol.22, No.12, pp.407-415 (2009). doi:10.5687/iscie.22.407
  28. 諏訪晴彦・三道弘明, ダミージョブに基づくプロアクティブ・スケジューリングの一考察, 日本機械学会論文集C編, Vol.75, No.752, pp.1151-1160 (2009).
  29. 杉川智・諏訪晴彦, 動的スケジューリングに対するハイブリッド・タイミング方策(単一機械動モデルへの適用), 日本機械学会論文集C編, Vol.74, No.740, pp.1026-1033 (2008). doi:10.1299/kikaic.75.1151
  30. Suwa, H., A New When-To-Schedule Policy in Online Scheduling Based On Cumulative Task Delays, International Journal of Production Economics 110 pp.175-186 (2007). doi:10.1016/j.ijpe.2007.02.015
  31. Suwa, H. and Sandoh, H., Capability of Cumulative Delay Based Reactive Scheduling for Job Shops with Machine Breakdowns, Computers and Industrial Engineering, 53, pp.63-78 (2007). doi:10.1016/j.cie.2007.04.002
  32. 諏訪晴彦・三道弘明, プロジェクトのためのダミーとその必要量に関する考察, システム制御情報学会論文誌 Vol.20, No.6, pp.255-261 (2007). doi:10.5687/iscie.20.255
  33. 諏訪晴彦・藤村大助・三道弘明, 累積遅延に基づくリアクティブ・スケジューリング方策(単一機械動的スケジューリングへの適用), システム制御情報学会論文誌 Vol.17, No.9, pp.371-378 (2004). doi:10.5687/iscie.17.371
  34. 諏訪晴彦・三道弘明, 遅延タスク数を基準とした制御限界方策に基づくリアクティブスケジューリング, システム制御情報学会論文誌 Vol.16, No.11, pp.565-573 (2003). doi:10.5687/iscie.17.371
  35. 諏訪晴彦・三道弘明, リアクティブスケジューリングにおけるスケジュール修正時期の判断基準に関する一考察(シミュレーションによる特性分析), システム制御情報学会論文誌, Vol.15, No.7, pp.327-335 (2002). doi:10.5687/iscie.15.327
  36. 諏訪晴彦・荒木奈美・舛岡征宏・藤井進, 行動蓄積過程に基づく行動知識の獲得と行動ネットワークによる知識表現(2次元積み合せ問題への適用), 日本機械学会論文誌C編, Vol.67, No.663, pp.3567-3574 (2001). doi:10.1299/kikaic.67.3567
  37. 諏訪晴彦・淺田克暢・三道弘明, ジョブショップスケジューリングにおける定期スケジュール修正時期の最適化に関する研究, システム制御情報学会論文誌, Vol.13, No.4, pp.204-211 (2000). doi:10.5687/iscie.13.4_204
  38. 諏訪晴彦・森田浩・藤井進, 帰納的学習法によるスケジューリングルールの自動獲得とルールに基づく近傍探索スケジューリング(ジョブショップ総所要時間最小化問題への適用), システム制御情報学会論文誌, Vol.12, No.3, pp.152-160 (1999). doi:10.5687/iscie.12.152
  39. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, フローショップ問題におけるスケジューリングルールの帰納的獲得とタブー探索法への適用, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 第15号-B, pp.119-126 (1997).
  40. 諏訪晴彦・森田浩・藤井進, 帰納的学習法によるスケジューリングルールの自動獲得(フローショップ総所要時間最小化問題への適用), システム制御情報学会論文誌, Vol.10, No.9, pp.463-469 (1997). doi:10.5687/iscie.10.463
  41. 藤井進・森田浩・諏訪晴彦, 2仕事入換えによるスケジューリングルールの帰納的学習, 計測自動制御学会論文集, Vol.32, No.2, pp.261-270 (1996). doi:10.9746/sicetr1965.32.261
    〔国際会議論文〕
  42. Suwa, H., Samukawa, T. and Shimomoto, K., Assessment of Specific Energy Consumption toward Energy-Aware Operations in CNC Machining, Proceedings of the 19th International Conference on Precision Engineering, C052 (2022).
  43. Douno, M and Suwa, H., Simultaneous Optimization of Tool Allocation to Job and Machine Scheduling in Parallel-Type FMS, Proceedings of the 19th International Conference on Precision Engineering, C160 (2022).
  44. Oda, K. and Suwa, H., Tool Wear Prediction in Drilling Process by Long Short-Term Memory with Cutting Force Changes, Proceedings of the 2022 International Symposium on Flexible Automation, (2022). ISFA2022
  45. Suwa, H. and Samukawa, T., Energy Efficiency in Machining Systems Based on Power-Law Model for Specific Energy Consumption, Procdia CIRP, Vol.107, pp.931-936, (2022). https://doi.org/10.1016/j.procir.2022.05.087
  46. Morita, D. and Suwa, H., A Simulation Based Method for Project Schedule Managemetn with Stochastic Activity Duration, International Symposium on Scheduling 2021, pp.130-134 (2021.06)
  47. Shimada, T. and Suwa, H., Multi-objective FMS Scheduling Considering Machine Eligibility as Cutting Tools Management, Proc. of the 18th International Conference on Precision Engineering, A-1-5 (2020.11)
  48. Samukawa, T., Shiramizu, K. and Suwa, H., Surface Properties of Sintered Tungsten Carbide with Ultra-Fine Grains in Cutting by Diamond-Coated Ball-End Tools, Proc. of the 18th International Conference on Precision Engineering, P-6 (2020.11)
  49. Metheenopanant, P., Suwa, H., Tokumura, S., Murakami K., and Nonaka, Y., Change Detection in Drilling Process Based on Temperature Nearby Cutting Edge by LSTM Neural Network, Proc. of 2020 International Symposium on Flexible Automation, ISFA2020-9616, V001T08A002 (2020.07). doi:10.1115/ISFA2020-9616
  50. Yonemoto, R. and Suwa, H., Scheduling-Based Adaptive Operations of Handling Manipulators to Reduce Downtime in Manufacturing Systems, Proc. of 2020 International Symposium on Flexible Automation, ISFA2020-9639, V001T04A003 (2020.07). doi:10.1115/ISFA2020-9639
  51. Morita, D. and Suwa, H., Comprehensive Scheduling Method in Project Management Under Uncertain Environment, Proc. of 2020 International Symposium on Flexible Automation (2020.07). doi:10.1115/ISFA2020-9617
  52. Suwa, H., Sakamoto, S. and Samukawa, T., Capability of Diamond Coated Ball-End Tools in Milling of Sintered Tungsten Carbide, Proc. of 17th International Conference on Precision Engineering (2018.11)
  53. Samukawa, T., Shimomoto, K. and Suwa, H., Capapbility of In-Process Specific Energy Consumption Model in Face Milling, Proc. of 2018 International Symposium on Flexible Automation, S044 (2018.06). doi:10.11509/isfa.2018.427
  54. Sakamoto, S., Suwa, H., and Moriwaki, T., Wear Properties of Diamond-Coated Ball End Tools in Milling of Tungsten carbide, Proc. of the 9th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (2017.11). doi:10.1299/jsmelem.2017.9.050
  55. Yonemoto, R., Suwa, H. and Samukawa T., Evaluation of Energy Efficiency in Scheduling by Using Cyber-Physical Manufacturing Simulator, Proc. of International Symposium on Scheduling, pp.111-116 (2017.06)
  56. Samukawa, T. and Suwa, H., Development of Heterogeneous Measurement System for Predicting Power Consumption in Eco-Machining, Proc. of 2016 International Symposium on Flexible Automation, pp.413-419 (2016.08) doi:10.1109/ISFA.2016.7790197
  57. Morita, D. and Suwa, H., Reactive Project Scheduling Method to Enhance Project Progress under Uncertainty, Proceedings of International Symposium on Scheduling 2015, pp.19-24 (2015.07)
  58. Suwa, H. and Samukawa, T., A New Framework of Energy-Efficient Manufacturing Systems Based on Energy Load Profiles, Procedia CIRP, Vol.41, pp.313-317, 2016: Proceedings of the 48th CIRP Conference on Manufacturing Systems (2015.06) doi:10.1016/j.procir.2015.10.011
  59. Suwa, H. and Morita, D., Stability-Based Short-Term Capacity Requirement Planning under Uncertainty, Procedia CIRP, Vol.19, pp.123-128 (2014) doi:10.1016/j.procir.2014.05.018 (2014.07)
  60. Fujiwara, T., Suwa, H. and Morita, H., A Study on CPM-Based Dynamic Multi-Project Scheduling, Proceedings of 2014 International Symposium on Flexible Automation (2014.7)
  61. Fujiwara, T., Suwa, H., and Morita, H., A Dynamic Scheduling with Using Rescheduling Strategy and Reduction Processing Time, International Symposium on Scheduling 2013, pp.32-35 (2013.07)
  62. Morita, D. and Suwa, H., A Method for Activity Duration Estimation Based on Project Stability, Proceedings of ASME/ISCIE 2012 International Symposium on Flexible Automation (2012.6) doi.org/10.1115/ISFA2012-7186
  63. Suwa, H., Morita, D. and Sandoh, H., A New Slack Protection Strategy in Dynamic Project Scheduling, Proceedings of the 21th International Conference on Production Research, 6 pages (2011.8)
  64. Suwa, H., Enhanced Event-Driven Scheduling Policy under Dynamic Flexible Flow Shop Environments, Proceedings of 7th CIRP International Conference on Intelligent Computation in Manufacturing Engineering, 4 pages (2010.6)
  65. Tamaki, H., Sugikawa, S., Matsumoto, T., Fujii, N. and Suwa, H., A Mathematical Model Approach for Flexible Shop Scheduling with Uncertainty in Set-up Operation, Proceedings of 7th CIRP International Conference on Intelligent Computation in Manufacturing Engineering, 4 pages (2010.6)
  66. Suwa, H., Morita, D. and Sandoh, H., New Framework of Critical Chain Scheduling in Project Management, Proceedings of 2nd International Conference on Engineering Systems Management and its Applications, 6 pages (2010.4)
  67. Sugikawa, S., Suwa, H. and Tamaki, H., Deterministic Model for Reactive Scheduling (Scheduling Multiplexing Approach), Proceedings of International Symposium on Scheduling 2009, pp.133-138 (2009)
  68. Fujiwara, T., Suwa, H. and Morita, H., Capability of CPM Based Dynamic Project Scheduling, INFORMS International Conference on Service Science 2009, (2009)
  69. Suwa, H. and Hamakawa, M., Cumulative Delay Based When-To-Schedule Policy for Flexible Flow Shop Environments with Urgent Jobs, Proceedings of 2008 International Symposium on Flexible Automation, JL009, CDROM (2008)
  70. Suwa, H. and Sandoh, H., Dummy Based Robust Project Scheduling (Theoretical Model for Optimal Dummy Size), Proceedings of 37th International Conference on Computers and Industrial Engineering, No.00064, CDROM (2007)
  71. Suwa, H. and Fujiwara, T., A New Hybrid Rescheduling Policy Based on Cumulative Delay, Proceedings of 19th International Conference on Production Research CDROM (2007)
  72. Sugikawa, S., Suwa, H. and Tamaki, H., A Formal Model for Reactive Scheduling Problems, Proceedings of International Symposium on Scheduling 2006 pp.88-93 (2006)
  73. Suwa, H., A New When-to-schedule Policy in Online Scheduling Based on Cumulative Task Delays, Proceedings of 18th International Conference on Production Research, 0260 (2005)
  74. Suwa, H. and Fujii, S., Rule Acquisition for Rolling Horizon Heuristics in Parallel Machine Dynamic Scheduling, Proceedings of 2004 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, JL022 (2004)
  75. Suwa, H. and Fujimura, D., Cumulative Delay Based Reactive Scheduling of a Single Machine with Random Disruptions, Proceedings of International Symposium on Scheduling 2004, pp.121-124 (2004)
  76. Suwa, H. and Fujii, S., Rule Acquisition for Rolling Horizon Heuristics in Single Machine Dynamic Scheduling, Proceedings of the 7th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics, Vol.13, pp.279-284 (2003)
  77. Suwa, H. and Sandoh, H., Cumulative Delays Directed Reactive Scheduling for Job Shop Problems, Proceedings of 17th International Conference on Production Research, #0216 (2003)
  78. Suwa, H., Kadosaki, H., and Fujii, S., Acquisition of Heuristics for Dynamic Schedule Revision, World Manufacturing Congress 2001 , No.1914-041 (2001)
  79. Suwa, H., Fujii, S. and Morita, H. Scheduling Rules Acquisition and Rule Based Local Search for Job Shop Scheduling, World Automation Congress 2000 Proceedings , ISOMA-9919 (2000)
  80. Suwa, H. and Fujii, S., Rule Based Local Search with Machine Learning in Jobshop Scheduling, 2000 International Conference on Advanced Manufacturing Systems And Manufacturing Automation , pp.804-807 (2000)
  81. Suwa, H., Sandoh, H., An Optimal Re-scheduling Policy for Jobshop Scheduling, 7th IEEE International Conference on Emerging Technologies and Factory Automation , Vol.2, pp.1361-1366 (1999)
  82. Suwa, H., Fujii, S. and Morita, H., Scheduling Rules Induction in Jobshop Scheduling Based on Bottleneck Machine, Proceedings of the Second World Manufacturing Congress , pp.96-101 (1999)
  83. Suwa, H., Fujii, S. and Morita, H., Acquisition and Refinement of Scheduling Rules for Job Shop Problems, Proceedings of IEEE International Symposium on Industrial Electoroinics , Vol.2, pp.720-725 (1998)
  84. Suwa, H., Fujii, S. and Morita, H., Learning of Scheduling Rules by Induction and Its Application to Job Shop Problems Minimizing Makespan, Proceedings of Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation , Vol.3, pp.1385-1391 (1998)
  85. Suwa, H., Fujii, S. and Morita, H., Acquisition of Scheduling Rules for Job Shop Problems, IFAC/IFIP Conference on Management and Control of Production and Logistics , Vol.1, pp.353-358 (1997)
  86. Suwa, H., Fujii, S. and Morita, H., An Acquisition of Scheduling Rules for Flow Shop Problems, Proceedings of the 6th IFIP TC5/WG5.7 International Conference on Advances in Production Management Systems , pp.631-636 (1996)
  87. Suwa, H., Morita, H. and Fujii, S., Heuristic Rules Acquisition for Flow-shop Scheduling, Proceedings of Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation , Vol.2, pp.1345-1351 (1996)
    〔紀要論文〕
  88. 植田芳昭・諏訪晴彦・橋本正治・下元一輝・桑田寿基・寒川 哲夫, 守口門真商工会議所青年部との協働による滑空機製作の取り組み, 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.5, No.1, pp.17-29 (2019).
  89. 寒川哲夫・下元一輝・諏訪晴彦, 工作機械の切削時における消費電力モデル(ワイヤ放電加工機とCNC旋盤への適用), 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.4, No.1, pp.73-83 (2018).
  90. 諏訪晴彦・森田大輔, 不確実性環境下でのプロジェクト・タイムマネジメント(クリティカルチェーン・スケジューリングとその最適化モデル), 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.4, No.1, pp.1-12 (2018).
  91. 寒川哲夫・下元一輝・諏訪晴彦, 工作機械の切削時における消費電力モデル(ワイヤ放電加工機とCNC旋盤への適用), 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.4, No.1, pp.73-83 (2018).
  92. 寒川哲夫・下元一輝・諏訪晴彦, 工作機械の切削時における消費電力モデル(送り駆動系が全体消費電力に及ぼす影響), 摂南大学融合科学研究所論文集, Vol.3, No.1, pp.75-84 (2017).
  93. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, フローショップ問題におけるスケジューリングルールの帰納的獲得とタブー探索法への適用, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 第15号-B, pp.119-126 (1997).

著書

  1. Suwa, H. and Sandoh, H., Online Scheduling in Manufacturing - Cumulative Delay Approach, Springer-Verlag London (2012) DOI:10.1007/978-1-4471-4561-5
  2. システム最適化(第10刷), 玉置久(編),諏訪晴彦・玉置久・安田恵一郎(執筆), オーム社 (2005)
  3. オペレーションズ・リサーチ (第9刷), 貝原俊也(編),貝原俊也・諏訪晴彦・玉置久(執筆), オーム社 (2004)

解説・総説

  1. 『鉄鋼業におけるAI・IoT技術の最前線』, ふぇらむ(日本鉄鋼協会), Vol.23, No.12 (2018)
  2. 諏訪晴彦・森田大輔, 『不確実性環境下でのプロジェクト・スケジューリング』, システム/制御/情報(システム制御情報学会), Vol.58, No.6, pp.233-238 (2014)
  3. 諏訪晴彦,『「ヒトが内在するシステムづくりを目指して」特集を企画して』, 経営システム(日本経営工学会), Vol.22 (2012)
  4. 玉置久・諏訪晴彦, 『スケジューリングにおけるヒューマンモデル』, 経営システム(日本経営工学会), Vol.22, pp.78-83 (2012)
  5. 『変種変量生産を支えるシステム技術』,計測と制御(計測自動制御学会), Vol.46, No.7 (2007)
  6. 喜多一・出口弘・椹木哲夫・諏訪晴彦, 『システムを考える・システムで考える』, 計測と制御(計測自動制御学会誌), Vol.46, No.4, pp.226-229 (2007)
  7. 玉置久・諏訪晴彦, 『堅く柔らかく...数理計画アプローチ再訪』,システム/制御/情報(システム制御情報学会), Vol.50, No.9, p.331 (2006)
  8. 玉置久・諏訪晴彦, (アイ・サイ問答教室)リアクティブ・スケジューリング・システム, システム/制御/情報(システム制御情報学会), Vol.46, No.1, pp.46-47 (2002)
  9. 玉置久・諏訪晴彦, 『スケジューリング技術の新たな展開』, システム/制御/情報(システム制御情報学会), Vol.45, No.1, pp.2-5 (2001)


講演・出展

メディア
  1. 『サステナブル時代に向けた工作機械』, 日刊工業新聞第2部, p.13 (2017.03.15)
  2. 日経BPムック「変革する大学」摂南大学 p.80-83 (2006.07.19)

講演・セミナー
  1. 「自動化生産システムのエネルギー利用効率向上に向けた技術と方策」第95回塑性加工技術フォーラム(2023.12.15)
  2. 「工作機械システムのエネルギー利用効率最適化に向けて」精密計測加工研究コンソーシアム (2022.10.28)
  3. 設計・生産システムの基礎「生産システムの管理と運用」精密工学会関西支部 2022年度生産技術特別セミナー (2022.06.15)
  4. 「機械加工システムのエネルギー効率の向上と運用最適化」令和3年度アルミ産業成長力強化戦略推進事業「とやまアルミコンソーシアム」 アルミバリューチェーングリーン化研究会(第2回)(2021.09.30)
  5. 「工作機械システムのエネルギー効率指向の運用とその技術」神戸市産業振興財団・神戸生産技術研究会 第313回定例会 (2021.09.08)
  6. 「工作機械・機械加工における省エネ・環境対策」大阪府工業協会・工作機械加工技術研究会 第4回講演 (2019.07.24)
  7. MIE Seminar Series: "Challenge of Building Intelligence into Manufacturing", University of Massachusetts Amherst マサチューセッツ大学アマースト校(2018.09.10)
  8. 「スマートグリーン製造における計測制御プラットフォームの開発」エレクトロニクス実装学会・官能検査システム化研究会 第10回公開研究会 (2018.01)
  9. 「安定性と予見性を指向するプロジェクト・タイムマネジメント」スケジューリング学会 プロジェクト&プログラム・アナリシス研究部会 (2016.01)
  10. "Scheduling in Manufacturing", GSaME Kolloquium: Graduate School of Advanced Manufacturing Engineering at the University of Stuttgart シュツットガルト大学大学院(2014.07)
  11. 「スケジュール・スタビリティの最適化を指向するプロジェクト管理技法」日本鉄鋼協会 計測・制御・システム工学部会第6回公開フォーラム (2014.02)
  12. 「スタビリティ指向のプロジェクト・タイム・マネジメント」電気学会第4回産業応用のためのシステム最適化とベンチマーク問題調査委員会 (2013.10)
  13. 「いつスケジューリングするのか? 〜 環境変動への適応」精密工学会 生産・経営知識学専門委員会(2011.10)
  14. 「頑健性と柔軟性を指向するスケジューリング戦略」, 日本知能情報ファジィ学会・第95回関西支部例会(2011.4)
  15. 「不確実性に立ち向かうスケジューリング戦略の新展開」, システム制御情報学会・UFA研究部会 第4会研究例会 (2008.6)
  16. 「リアクティブ・スケジューリングの枠組みとその運用」, 日本鉄鋼協会 計測・制御・システム工学部会シンポジウム (2001)
  17. 「状況対応型スケジューリングにおけるスケジュール修正の最適時期に関する研究」, 日本OR学会 モデル化と最適化研究部会 (2000.12.28)

出展
  1. きたしんビジネスマッチングフェア2018 (2018.11.13-11.14)
  2. JIMTOF2018 第18回国際工作機械技術者会議(IMEC2018) (2018.11.1-11.6)
  3. MOBIO産学連携 大学高専合同研究シーズ発表会『加工技術(難加工材)編』 (2018.09.07)
  4. 人工知能・IoT・ビッグデータ分野における産学連携マッチングフェア (2018.02.27)
  5. イノベーション・ジャパン2017 (2017.08.31-09.01)
  6. JIMTOF2016 第17回国際工作機械技術者会議(IMEC2016) (2016.11.17-11.22)
  7. JIMTOF2014 第16回国際工作機械技術者会議(IMEC2014) (2014.10.30-11.04)


口頭発表


  1. 小田和哉・諏訪晴彦・村上浩二, 変分自己符号化器を用いた摩擦撹拌接合時の異常検知に関する基礎的検討, 2023年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. (2023.09.13-2023.09.15)
  2. 藤井勇人・諏訪晴彦, 柔軟製造セルにおける工具利用効率と機械負荷バランスの最適化, スケジューリング・シンポジウム2023講演論文集, pp.154-157 (2023.09.11-09.12)
  3. 米本涼・池野透真・清水陽登・諏訪晴彦, ロボティックFMSにおける自動化リアクティブスケジューリング(エネルギー効率化スケジュールの検討), 第67回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集 (2023.05.17-05.19)
  4. 下元一輝・諏訪晴彦, 比消費エネルギーのべき乗則モデルによる製造プロセスのエネルギー効率性評価(転削における切削速度の効用), 2023年度精密工学会春季大会学術講演会演論文集, pp.265-266 (2023.03.14-03.16)
  5. 小田和哉・諏訪晴彦, 機械学習を用いたドリル工具のフランク摩耗モデルの予測精度向上, 2023年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.607-608 (2023.03.14-03.16)
  6. 堂野将樹・諏訪晴彦, 工程設計における工具選好を考慮した切削工具の選択と配分に関する研究, 生産システム部門研究発表講演会2023予稿集, pp.57-60 (2023.03.06-03.07)
  7. 小田和哉・諏訪晴彦, 機械加工の状態監視におけるマルチモーダル時系列情報の有効性に関する考察, 第65回自動制御連合講演会講演論文集, pp.897-898 (2022.11.12-11.13)
  8. Suwa, H. and Oda, K., Change Detection in Cutting Process Using Multimodal Deep Generative Model, Proceedings of the 19th International Machine Tool Engineers’ Conference (The 18th IMEC), p.107 (2022.11.08-11.13).
  9. 諏訪晴彦・寒川哲夫・下元一輝, 比消費エネルギーのべき乗則モデルによる製造プロセスのエネルギー効率性評価(異なる加工における同一材料除去率とエネルギー効率性), 2022年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.113-114 (2022.09.07-2022.09.09, オンライン)
  10. 米本涼・諏訪晴彦, ロボティックFMSにおける自動化リアクティブスケジューリング(ロボットコントローラへの実装), 第66回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.51-55 (2022.05.18-05.20)
  11. 諏訪晴彦・森田大輔, 鉄鋼生産スケジューリングにおけるレジリエンスの向上 (在庫と消費・再生資源を伴う資源制約プロジェクトスケジューリング問題による基盤モデル), 日本鉄鋼協会第183回春季講演大会概要集, Vol.35, pp.7-10 (2022.03.15-03.17, オンライン)
  12. 寒川哲夫・清家侑哉・高畦歩・諏訪晴彦, 比消費エネルギーのべき乗則モデルによる製造プロセスのエネルギー効率性評価(ドリル加工とエンドミル加工における材料除去率向上の効果), 2022年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.11-12, (2022.03.15-03.17, オンライン)
  13. 小田和哉・諏訪晴彦, ドリル加工における長・短期記憶を用いた工具摩耗量の推定, 2022年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.711-712 (2022.03.15-03.17, オンライン)
  14. 堂野将幹・島田拓実・諏訪晴彦, 並列型FMSにおける工具割当とワーク投入順序の同時最適化, 生産システム部門研究発表講演会2022, pp.48-51 (2022.03.07-03.08, オンライン)
  15. 諏訪晴彦・寒川哲夫, 除去体積比エネルギー消費に基づく機械加工システムのエネルギー効率性および生産能率の評価, 第64回自動制御連合講演会講演論文集, pp.459-460 (2021.11.13-11.14, オンライン)
  16. 堂野将幹・島田拓実・諏訪晴彦, 並列型FMSの工具配分における工具コストと負荷平滑化の多目的最適化, 2021年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, A30 (2021.09.21-09.23, オンライン) ○
  17. 小田和哉・諏訪晴彦, マルチモーダル変分自己符号化器を用いたエンドミル加工時の工具異常検知, 日本機械学会2021年度年次大会講演論文集, J121-02 (2021.09.06-09.08, オンライン)
  18. 島田拓実・諏訪晴彦, 並列型FMSにおける生産性と工具状態の時変化を考慮した工具配分問題,第65回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.136-137 (2021.05.26-05.27, オンライン)
  19. 藤井亮・諏訪晴彦・村上浩二・野中良哲, ドリル加工における工具刃先近傍温度の確率生成モデルに基づく工具変化検知, 2021年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.129-130 (2021.03.16-22, オンライン)
  20. 白水和生・諏訪晴彦・寒川哲夫, ダイヤコーテッド工具による超硬合金のボールエンドミル加工(表面性状に基づく切削メカニズムの考察), 2021年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.129-130 (2021.03.16-22, オンライン)
  21. 米本涼・諏訪晴彦, 自動化リアクティブスケジューリングに向けた搬送マニピュレータの適応動作に関する研究, 生産システム部門研究発表講演会2021講演論文集, pp.45-46 (21.03.08ー09,オンライン)
  22. 藤井吏皇・寒川哲夫・諏訪晴彦・長田昌文・手塚一博, 快削性超硬合金のボールエンドミル加工に関する研究(快削性による工具磨耗への影響),2020年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集, pp.234-235 (2020.09.01-09.07)
  23. 島田拓実・諏訪晴彦, 並列型FMSにおける工具管理を統合したスケジューリング技法の基礎的研究, 第64回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.242-243 (2020.05.20-22)
  24. 藤井亮・徳村翔吾・諏訪晴彦・村上浩二・野中良哲, 刃先近傍温度時系列を用いた次元削減法による工具変化検知, 第64回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.402-403 (2020.05.20-05.22)
  25. 米本涼・家谷友也・諏訪晴彦, 製造ダウンタイム削減のための搬送マニピュレータの適応的動作計画に関する基礎的研究, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会 (2019.03.26)
  26. 徳村将吾・P. Metheenopanant・諏訪晴彦・村上浩二・野中良哲, 工具刃先近傍の温度に基づくドリル加工の変化感知(次元圧縮と確率的生成モデルによるアプローチ), 2020年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.365-366 (2020.03.19)
  27. 藤井吏皇・寒川哲夫・諏訪晴彦, ダイヤモンドコーテッド工具による超硬合金のボールエンドミル加工(粒度の違いによる切削距離と摩耗幅の関係性), 2020年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.731 (2020.03.18)
  28. 米本涼・寒川哲夫・諏訪晴彦, 生産システムのエネルギー高効率運用における右シフトスケジューリングの効用, 日本機械工学会2019年度年次大会講演論文集 (2019.09.11)
  29. 寒川哲夫・諏訪晴彦, エネルギー負荷計画のための消費電力モデルに関する研究, 日本機械工学会2019年度年次大会講演論文 (2019.09.11)
  30. 藤原稔久・森田大輔・諏訪晴彦・米本涼, メイクスパンとエネルギー利用量を考慮した二機械フローショップモデルにおけるグリーンスケジューリング, 日本機械工学会2019年度年次大会講演論文 (2019.09.11)
  31. 米本涼・諏訪晴彦, 生産システムのグリーン運用のためのエネルギー効率化スケジューリング(マテハンロボットの作業計画とその消費電力への影響), 2019年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.80-81 (2019.09.05)
  32. 徳村将吾・山崎達志・諏訪晴彦, 消費電力に基づく切削加工の異常検知(自己符号化器の適用), 第63回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集 (2019.05.23)
  33. 寒川哲夫・下元一輝・諏訪晴彦・長田昌文・手塚一博, ダイヤモンドコーテッド工具による超硬合金のボールエンドミル加工(表面粗さの観察に基づく切削メカニズムの基礎的検討), 2019年精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.203-204 (2019.03.15)
  34. 米本涼・寒川哲夫・諏訪晴彦, 自動化生産セルのグリーン運用のための消費電力分析, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2019講演論文集, pp.41-42 (2019.03.12)
  35. 藤原稔久・森田大輔・米本涼・諏訪晴彦, 製造実行シミュレータのためのスケジュール生成に関する検討, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2019講演論文集, pp.79-80 (2019.03.12)
  36. Suwa, H., Yonemoto, R. and Samukawa, T., Development of Measurement and Control Platform for Green and Smart Manufacturing, Proceedings of the 18th International Machine Tool Engineers’ Conference (The 18th IMEC)
  37. 諏訪晴彦・川野常夫・久保司郎・長谷川淳, アルミ製ハイパーヨーヨーの開発を通したエンジニアリングデザイン研究(第5報), 第66回工学教育研究講演会講演論文集, pp.116-117(2018.08.29)
  38. 徳村翔吾・諏訪晴彦, スマート製造に向けた適応的リスケジューリング問題に対する一般化モデルの考察, 精密工学会2018年度関西地方定期学術講演会講演論文集, pp.2-3 (2018.06.29)
  39. 森田大輔・諏訪晴彦・藤原稔久, プロジェクトの進捗管理を考慮した包括的スケジューリング戦略に関する基礎的検討, 第62回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (2018.05.16)
  40. 藤原稔久・森田大輔・諏訪晴彦・米本涼, 製造実行シミュレータのためのスケジュール生成に関する基礎的検討, 第62回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (2018.05.16)
  41. 諏訪晴彦・寒川哲夫・下元一輝, 生産システムのエネルギー効率運用に向けた比消費エネルギーに基づく消費電力プロファイルの生成(正面フライス加工における考察), 2018年精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.805-806 (2018.03.15)
  42. 米本涼・諏訪晴彦・寒川哲夫, スマートグリーン製造のためのフレキシブル製造シミュレータの開発, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018講演論文集, pp.53-54 (2018.03.14)
  43. 坂本壮史・諏訪晴彦, 超硬合金切削におけるダイヤモンドコーテッド工具の摩耗特性, 日本機械学会関西支部第93期定時総会 (2018.03.12)
  44. 米本涼・諏訪晴彦・寒川哲夫, スマートグリーン製造のための製造実行シミュレータの開発, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2017 (2017.11.26)
  45. 下元一輝・寒川哲夫・諏訪晴彦, 除去体積比消費エネルギーに基づく切削時消費電力の予測モデルの構築(第3報)送り軸系の消費電力予測への相対的影響, 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.169-170 (2017.09.20)
  46. 諏訪晴彦・川野常夫・久保司郎・長谷川淳, アルミ製ハイパーヨーヨーの開発を通したエンジニアリングデザイン研究(第4報), 第65回工学教育研究講演会論文集, pp.224-225(2017.08.29)
  47. 山崎達志・川野常夫・諏訪晴彦・久保司郎・植田芳昭, 機構玩具を用いた機械系学生のためのアクティブラーニング(第2報), 第65回工学教育研究講演会論文集, pp.456-457(2017.08.31)
  48. 坂本荘史・諏訪晴彦, 超硬合金の切削におけるcBN工具およびダイヤコート工具の摩耗特性, 精密工学会2017年度関西地方定期学術講演会講演論文集, pp.40-41 (2017.06.29)
  49. 米本涼・諏訪晴彦, グリーン製造シミュレータの開発における画像計測による生産性評価, 第61回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CDROM) (2017.05.23)
  50. 諏訪晴彦・米本涼, グリーン製造のためのサイバーフィジカルシミュレータの開発, 日本鉄鋼協会第173回春季講演会・討論会「生産システム・経営課題解決のためのデータ科学・システムモデリング技術の展望」(2017.03.17)
  51. 米本涼・諏訪晴彦, グリーン製造システムのための物理シミュレータの開発(エネルギー効率性評価のためのスケジューラの実装), 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2017講演論文集, pp.29-30 (2017.03.16)
  52. 坂本壮史・諏訪晴彦, 超硬合金の切削におけるボールエンドミルの摩耗特性(CBN 工具とダイヤモンド薄膜工具の比較), 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1007-1008 (2017.03.14)
  53. 下元一輝・寒川哲夫・諏訪晴彦,除去体積比消費エネルギーに基づく切削時消費電力の予測モデルの構築(第2報:正面フライス加工への適用), 2017年精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.899-900 (2017.03.13)
  54. Suwa, H. and Samukawa, T., Estimating Power Consumption in Machine Tools Bawed on Specific Energy Consumption, Proceedings of the 17th International Machine Tool Engineers’ Conference (The 17th IMEC), p.7 (2016.11.17-22)
  55. 森田大輔・諏訪晴彦・藤原稔久,スタビリティを指向するスケジュール修正方法に関する一考察, スケジューリング・シンポジウム2016講演予稿集, pp.153-158 (2016.09.25)
  56. 諏訪晴彦・川野常夫・久保司郎・長谷川淳, アルミ製ハイパーヨーヨーの開発を通したエンジニアデザイン研究(第3報),第64回工学教育研究講演会講演論文集, (2016.09.05)
  57. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクトのスタビリティ向上のためのスケジュール修正方法, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CDROM) (2016.05.26)
  58. 寒川哲夫・諏訪晴彦, アルミニウム合金の切削加工における除去体積比消費エネルギーに基づく切削時消費電力の予測モデルの構築, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 (2016.03.17)
  59. 米本涼・諏訪晴彦, グリーン製造システムのための物理シミュレータの開発(柔軟製造ラインへの適用), JSME生産システム部門研究発表講演会2016講演論文集, pp.45-46 (2016.03.14)
  60. 寒川哲夫・諏訪晴彦, エコマシニングのための電力・切削力計測システムの開発と消費電力予測, 第58回自動制御連合講演会(CDROM) (2015.11.14)
  61. 藤原稔久・諏訪晴彦・森田浩, 処理時間を重視した動的プロジェクトスケジューリング, スケジューリング・シンポジウム2015講演予稿集, pp.125-130 (2015.09.26)
  62. 諏訪晴彦・川野常夫・久保司郎・丸山隆三, アルミ製ハイパーヨーヨーの開発を通したエンジニアリングデザイン研究(第2報), 第63回工学教育研究講演会講演論文集, pp.116-117 (2015.09.02)
  63. 川野常夫・諏訪晴彦・奥野竜平・福井裕・朴景淑, 摂南大学における地域ものづくり企業とのコーオプ教育体制の確立, 第63回工学教育研究講演会講演論文集, pp.252-253 (2015.09.03)
  64. 山崎達志・川野常夫・諏訪晴彦・岸本直子・倉田光雄・久保司郎, 機構玩具を用いた機械系学生のためのアクティブ・ラーニング, 第63回工学教育研究講演会講演論文集, pp.548-549 (2015.09.04)
  65. 寒川哲夫・諏訪晴彦, 加工処理モードに基づく生産システムのエネルギー高効率運用,第59回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CDROM) (2015.05.20)
  66. 寒川哲夫・諏訪晴彦, エネルギー負荷計画における処理モードが消費電力に及ぼす影響(消費電力を考慮した工具経路の比較検討), 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 (2015.03.17)
  67. 森田大輔・諏訪晴彦, 生産システムにおけるロバスト性を指向する能力所要量計画(CRPモデルに対する厳密解法), 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2015講演論文集, pp.81-82 (2015.03.16)
  68. *玉置久・杉川智・松本卓也・稲元勉・諏訪晴彦, リアクティブ・スケジューリングの全体最適化モデル, 計測自動制御学会 システム・情報部門講演会 (2014.11.22)
  69. *森田大輔・諏訪晴彦, 不確実性に対するロバストな能力所要量計画に関する研究, 計測自動制御学会 システム・情報部門講演会 (2014.11.22)
  70. Suwa, H. and Samukawa, T., Energy-Efficient Operation of Machine Tools Based on Electric-Load Profiles, Proceedings of the 16th International Machine Tool Engineers’ Conference (The 16th IMEC), p.179 (2014.11.01)
  71. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクト管理における達成度を高めるためのスケジュール修正方法, スケジューリング・シンポジウム2014講演予稿集, pp.111-118 (2014.09.29)
  72. 寒川哲夫・諏訪晴彦, エネルギー負荷計画に基づく工作機械の最適運用(消費電力予測モデルの構築),2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, (2014.09.17)
  73. 諏訪晴彦・川野常夫・久保司郎・釣本聖司, アルミ製ハイパーヨーヨーの開発を通したエンジニアリングデザイン教育, 第62回工学教育研究講演会講演論文集, pp.86-87 (2014.08.26)
  74. 森田大輔・横山敏之・諏訪晴彦, スタビリティに基づく動的プロジェクト・スケジューリングに関する基礎研究,第58回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CDROM) (2014.5.22)
  75. 寒川哲夫・諏訪晴彦, エネルギー制約に対応する加工スケジューリングに関する基礎研究,日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014講演論文集, pp.43-44 (2014.03.17)
  76. 森田大輔・諏訪晴彦, 生産システムにおけるロバストな負荷計画の生成法, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014講演論文集, pp.17-18 (2014.03.17)
  77. 森田大輔・諏訪晴彦, スタビリティを指向する能力所要量計画とスケジューリングに関する基礎的検討, スケジューリング・シンポジウム2013講演予稿集, pp.113-118 (2013.9.21)
  78. 森田大輔・諏訪晴彦, 生産システムにおけるスタビリティを指向する能力所要量の計画に関する基礎研究, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2013講演論文集 (2013.3.12)
  79. 森田大輔・諏訪晴彦, 資源と作業時間のトレードオフを考慮したロバスト・スケジューリング法に関する基礎的検討, 第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CDROM) (2012.5.21)
  80. 藤原稔久・諏訪晴彦・森田浩, 処理時間の縮約を考慮した動的プロジェクトスケジューリングに関する研究, スケジューリング・シンポジウム2011講演予稿集, pp.61-66 (2011.9.25)
  81. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクトのスタビリティ向上のための作業所要時間の見積もり方法に関する基礎的検討, スケジューリング・シンポジウム2011講演予稿集, pp.55-60 (2011.9.25)
  82. 杉川智・松本卓也・稲元勉・諏訪晴彦・太田能・玉置久, リアクティブ・スケジューリングの全体最適化モデル, スケジューリング・シンポジウム2011講演予稿集, pp.43-48 (2011.9.24)
  83. 藤原原稔久・諏訪晴彦・森田浩, プロジェクト管理における作業時間短縮を用いたリアクティブ戦略に関する基礎的検討, 第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CDROM) (2011.5.19)
  84. 森田大輔・諏訪晴彦, 作業時間の変動コストを考慮したロバストなプロジェクト・スケジュールの生成法, スケジューリング・シンポジウム2010講演予稿集, pp.275-280 (2010.9.11)
  85. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクトのバッファ管理における作業時間見積もりの一考察, 日本経営工学会平成22年度春季大会予稿集, pp.126-127 (2010.5.16)
  86. 藤原稔久・諏訪晴彦・森田浩, 作業短縮費用に基づく動的プロジェクト・スケジューリングに関する基礎的研究, 第54回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CDROM) (2010.5.20)
  87. 諏訪晴彦・森田大輔, ダミーに基づくクリティカルチェーン・スケジューリングとその効果, 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (CDROM) (2009.5)
  88. 藤原稔久・諏訪晴彦・森田浩, Critical Path Method に基づくリアクティブ・プロジェクト・スケジューリングに関する基礎的研究, 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (CDROM) (2009.5)
  89. 杉川智・諏訪晴彦・松本卓也・玉置久, スケジューリングコストによるリアクティブ・スケジューリングの静的最適化モデル, 第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (CDROM) (2009.5)
  90. 中西大輔・諏訪晴彦, 動的な並列機械環境における累積遅延に基づくオンライン・スケジューリング方策, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2009講演論文集, pp.43-44 (2009.3)
  91. 清水敦史・諏訪晴彦, 並列機械スケジューリングに対する時間バッファに基づくマッチアップ戦略, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2009講演論文集, pp.45-46 (2009.3)
  92. 杉川智・玉置久・諏訪晴彦・太田能, スケジュールの多重化によるリアクティブ・スケジューリングの静的最適化モデル, スケジューリング・シンポジウム2008講演論文集 pp.247-252 (2008.9)
  93. 藤原稔久・諏訪晴彦・森田浩, 資源制約付きプロジェクト・スケジューリング問題に関する基礎的研究, RIMS研究集会「21世紀の数理計画」 (2008.7).
  94. 藤原稔久・諏訪晴彦・森田 浩, 資源制約付きプロジェクト・スケジューリング問題に対するリアクティブ戦略に関する基礎的研究, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2008,pp.33-34 (2008.7).
  95. 中西大輔・諏訪晴彦, オンライン・スケジューリング方策のタイミングの評価に関する一考察, 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (CDROM) (2008.5)
  96. 森田大輔・諏訪晴彦, プロジェクトへのダミーの配置に関する基礎的研究, 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (CDROM) (2008.5)
  97. 勝村学・諏訪晴彦, ダミーに基づくプロアクティブ・スケジューリング ー 並列機械問題への適用, 第50回自動制御連合講演会 No.420 (CDROM) (2007.11)
  98. 浜川誠・諏訪晴彦, フレキシブル・フローショップ環境における累積遅延に基づく再スケジューリング方策, スケジューリング・シンポジウム2007講演論文集, pp.37-42 (2007.9)
  99. 藤原稔久・諏訪晴彦, 並列機械スケジューリングに対するWhen-to-Schedule方策, 第51回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (CDROM) (2007.5)
  100. 伊藤義人・玉置久・諏訪晴彦, インタラクティブ・スケジューリングにおけるインタフェース設計の基礎的検討 第51回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 (CDROM) (2007.5)
  101. 清水敦史・諏訪晴彦, 計画支援システムにおけるインタラクション設計(生産スケジューリング問題への適用), 情報コミュニケーション学会 第4回全国大会発表論文集, pp.3-4 (2007.2)
  102. 武内敏文・諏訪晴彦, 計画支援システムにおけるインタラクション設計(二次元パッキング問題への適用), 情報コミュニケーション学会 第4回全国大会発表論文集, pp.9-10 (2007.2)
  103. 比嘉剛・諏訪晴彦, 配送計画に対するリアクティブ・システムの構築, 情報コミュニケーション学会 第4回全国大会発表論文集, pp.5-6 (2007.2)
  104. 豊久達哉・諏訪晴彦, エリア分割に基づくTSPの解法, 情報コミュニケーション学会 第4回全国大会発表論文集, pp.1-2 (2007.2)
  105. 諏訪晴彦・勝村学, ダミージョブに基づくプロアクティブ・スケジューリング(納期余裕と遅れに関する考察), 第49回自動制御連合講演会講演概要集 (CDROM) (2006.11)
  106. 杉川智・諏訪晴彦・玉置久, リアクティブ・スケジューリング問題の形式モデル, 第49回自動制御連合講演会講演概要集 (CDROM) (2006.11)
  107. 諏訪晴彦・藤原稔久, 累積遅延に基づくWhen-to-Schedule方策(納期を考慮した遅延の計測), スケジューリング・シンポジウム2006講演論文集, pp.27-32 (2006.10)
  108. Suwa, H., Cumulative Delay Based When-to-Schedule Policy for Online Scheduling with Uncertainties, Manufacturing and Service Operations Management 2006 Annual Meeting, (CDROM) (2006.6)
  109. 伊藤義人・諏訪晴彦, ダミージョブに基づくプロアクティブ・スケジューリング(ダミージョブ挿入量の分析モデル), 第50回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.255-256 (2006.5)
  110. 藤原稔久・諏訪晴彦, 累積遅延に基づくwhen-to-schedule方策(納期とロットサイズへの影響), 第50回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp.261-262 (2006.5)
  111. 諏訪晴彦・杉川智, 制御限界方策に基づくリアクティブ・スケジューリング(限界累積遅延の分析モデルの提案), 第5回サイバネティック・フレキシブル・オートメーション・シンポジウム講演論文集, pp. 39-42 (2005.10)
  112. 諏訪晴彦・伊藤義人, 仮想ジョブに基づくプロアクティブ・スケジューリング(有限バッファ・フローショップ問題への適用), スケジューリング・シンポジウム2005講演論文集, pp.92-97 (2005.9)
  113. 杉川智・諏訪晴彦, 予測遅延に基づくリアクティブ・スケジューリング方策, スケジューリング・シンポジウム2005講演論文集, pp.198-203 (2005.9)
  114. 八木寛敏・諏訪晴彦, 仮想ジョブ表現による事前対応型スケジューリング(有限バッファ・フローショップ問題への適用), 第49回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.73-74 (2005.5)
  115. 諏訪晴彦, タスク遅延駆動型リアクティブ・スケジューリングの特性分析, 第4回サイバネティック・フレキシブル・オートメーション・シンポジウム講演論文集, pp.19-22 (2004.10)
  116. 諏訪晴彦・杉川智, When-to-scheduleの違いによるオンライン・スケジューリング方策の比較, スケジューリング・シンポジウム2004講演論文集, pp.159-164 (2004.9)
  117. 諏訪晴彦, タスク遅延に基づくジョブショップ・ローリングスケジューリング, 日本機械学会生産システム部門講演会2004講演論集, pp.33-34 (2004.6)
  118. 諏訪晴彦・岡崎智樹, 仮想ジョブ表現よる事前対応型スケジューリング(納期を考慮した単一機械問題への適用), 第48回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.221-222 (2004.5)
  119. 玉置久・諏訪晴彦, オンライン・スケジューリングのためのインタラクティブ情報場の設計, 第46回自動制御連合講演,pp.652-655 (2003.11)
  120. 諏訪晴彦・藤村大助, リアクティブ・スケジューリングにおける累積遅延ベースのスケジューリング方策(動的な単一機械問題への適用), スケジューリング・シンポジウム2003講演論文集, pp.176-181 (2003.10)
  121. 井垣伸子・諏訪晴彦・三道弘明, ゆとりの数量的表現に関する一考察, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2003年度秋季研究発表会, pp.352-353 (2003.9)
  122. 諏訪晴彦・藤村大助, 動的環境下における累積遅延に基づくスケジュール修正, 第47回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.363-364 (2003.5)
  123. 岡崎智樹・諏訪晴彦, ロバスト・スケジューリングにおける仮想ジョブの導入とその効果, 第47回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.367-368 (2003.5)
  124. 宇都宮拓真・藤井進・貝原俊也・諏訪晴彦, 格子型配置機械群の効率的運用法に関する研究(MCの専用化・汎用化アルゴリズム), 第47回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.399-400 (2003.5)
  125. 諏訪晴彦・富永昌伸・藤井進, 帰納的学習によるディスパッチング・ルール選択知識の獲得(並列機械型スケジューリングへの適用), 2002年度精密工学会秋季大会講演論文集, p.44 (2002.10)
  126. 諏訪晴彦・三道弘明, 累積遅延を基準とした制御限界方策に基づくリアクティブ・スケジューリング, スケジューリング・シンポジウム2002講演論文集, pp.176-181 (2002.10)
  127. 諏訪晴彦・三道弘明, タスクの遅延時間に基づくスケジュールの修正判断基準の提案, システム制御情報学会研究発表講演会, pp.273-274 (2002.5)
  128. 諏訪晴彦・三道弘明, 限界遅延タスク数を基準としたスケジュール修正法とその特性, 平成14年度電気学会 電子・情報・システム部門大会, pp.332-334 (2002.3)
  129. 諏訪晴彦・三道弘明, 遅延タスクの定期検出に基づくリアクティブ・スケジューリング, スケジューリング・シンポジウム2001講演論文集, pp.53-58 (2001.10)
  130. 山下浩史・諏訪晴彦, 仮想ジョブに基づくロバストなスケジュールの生成法に関する研究, スケジューリング・シンポジウム2001講演論文集, pp.65-70 (2001.10)
  131. 辻竜彦・諏訪晴彦・藤井進, 行動ネットワークによるスケジューリング・ルールの獲得, スケジューリング・シンポジウム2001講演論文集, pp.77-82 (2001.10)
  132. 諏訪晴彦・三道弘明, 遅延タスク数に基づくリアクティブ・スケジュール修正モデルの一提案, 第45回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.645-646 (2001.5)
  133. 山下浩史・諏訪晴彦, 仮想ジョブに基づくロバスト・スケジューリングの関する基礎的研究, 第45回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.643-644 (2001.5)
  134. 諏訪晴彦・門前和比古・藤井進, 状況対応型スケジューリングにおけるヒューリスティックスの獲得, 計測自動制御学会/システム・情報部門シンポジウム2000, pp.223-226 (2000.11)
  135. 諏訪晴彦・三道弘明, リアクティブ・スケジューリングにおけるスケジュール修正時期の最適方策に関する基礎的研究, スケジューリング・シンポジウム2000講演論文集, pp.114-119 (2000.10)
  136. 諏訪晴彦・門前和比古・藤井進, 帰納的学習による状況対応型スケジューリングルールの獲得, 第44回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.323-324 (2000.5)
  137. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, ジョブショップ・スケジューリングにおける局所探索ルールの獲得, 生産スケジューリング・シンポジウム'99講演論文集, pp.185-190 (1999.10)
  138. 藤井進・諏訪晴彦・荒木奈美, 行動過程に基づく行動選択知識の獲得(2次元積み合わせ問題への適用), 第43回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.333-334 (1999.5)
  139. 諏訪晴彦・淺田克暢・三道弘明, スケジュールの遅れに基づく定期リスケジューリングの最適政策, 第43回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.511-512 (1999.5)
  140. 諏訪晴彦・淺田克暢・三道弘明, リアクティブ・スケジューリングにおける定期リスケジューリングの最適政策, 日本オペレーションズ・リサーチ学会1998年度春季研究発表会アブストラクト集, pp.206-207 (1998.5)
  141. 諏訪晴彦・淺田克暢・三道弘明, 最適定期リスケジューリング政策に関する数理モデル, 生産スケジューリング・シンポジウム'98講演論文集, pp.83-88 (1998.10)
  142. 諏訪晴彦,ボトルネック型目的関数を対象とした近傍探索法に基づく多目的スケジューリング, 1998年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p.104 (1998.9)
  143. 諏訪晴彦, 多目的スケジューリング問題における近傍探索法に基づく非劣解集合の生成(2目的フローショップ問題への適用), 第42回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp. 295-296 (1998.5)
  144. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, 局所探索法に基づくスケジューリング・ルールの帰納的獲得, 生産スケジューリング・シンポジウム'97講演論文集, pp.191-196 (1997.10)
  145. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, インテリジェント・スケジューリング技法におけるルールの自動生成(ジョブショップ問題への適用, 日本オペレーションズ・リサーチ学会第32回SSOR予稿集), pp.22-27 (1997.7)
  146. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, ルールに基づく2目的ジョブショップ・スケジューリング, 日本オペレーションズ・リサーチ学会1997年度秋季研究発表会アブストラクト集, pp.202-203 (1997.9)
  147. 諏訪晴彦・森田浩・藤井進, 帰納的学習を利用したスケジューリング・ルールの自動獲得(納期を伴うジョブショップ問題への適用), 第41回システム制御情報学会研究発表講演会講演論集, pp.427-428 (1997.5)
  148. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, 帰納的学習を利用したスケジューリング・ルールの自動獲得(納期を伴う多目的フローショップ問題への適用), 生産スケジューリング・シンポジウム'96講演論文集, pp.223-228 (1996.10)
  149. 諏訪晴彦・森田浩・藤井進, フロー・ショップ問題を対象としたスケジューリング・ルールの帰納的獲得, 日本オペレーションズ・リサーチ学会1996年度春季研究発表会アブストラクト集, pp.300-301 (1996)
  150. 諏訪晴彦・森田浩・藤井進, 帰納的学習によるスケジューリング・ルールの自動獲得(納期を考慮したフローショップ問題への適用), 精密工学会1996年度関西地方定期学術講演会講演論文集, pp.75-76 (1996)
  151. 藤井進・森田浩・諏訪 晴彦, フロー・ショップ問題におけるルールの帰納的獲得, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会 (1995)
  152. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, タスクの位置情報によるスケジューリング・ルールの帰納的学習, 生産スケジューリング・シンポジウム'95 (1995)
  153. 藤井進・森田浩・諏訪晴彦, タスクの位置情報に基づくスケジューリング・ルールの獲得, 情報処理学会研究報告会 95-AI-98 (1995)
  154. 藤井進・森田浩・諏訪晴彦, ジョブ・ショップ問題におけるルールの学習(タスクの位置特性に基づくルール抽出に関する基礎的研究), 生産スケジューリング・シンポジウム'94 (1994)
  155. 藤井進・森田浩・諏訪晴彦, 2仕事入れ替えに基づくスケジューリング・ルールの獲得, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会 (1994)
  156. 藤井進・森田浩・諏訪晴彦, 2仕事入れ換えに基づくスケジューリング・ルールの帰納的学習, 生産スケジューリング・シンポジウム'93 (1993)
  157. 諏訪晴彦・藤井進・森田浩, 帰納的学習を用いたスケジューリング・ルールの獲得(トレーニング・セット生成法), 精密工学会秋季大会 (1993)
RapidWeaver Icon

Made in RapidWeaver