学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 法学研究科

法学研究科

法律学専攻【修士課程】

リーガル・マインドと高度な法知識で社会の問題に取り組む。

法律学専攻

近年、社会の複雑化に伴い、法的な視点を持った判断が要求される問題が多発しています。こうした社会の実情に応えるため本研究科は、企業や公共団体など特定の組織に所属し、その組織の利益と法との調和を図る「組織内型」法律実務専門家の育成に注力。また、「独立型」法律実務専門家の育成にも対応しながら、実定法の解釈・運用に関する研究や教育を進めています。

修士論文テーマ(抜粋)

  • 交際費に関する一考察 - 二要件説と三要件説の判例を中心として -
  • 代理ミュンヒハウゼン症候群(MSBP)とその刑事責任を巡る考察
  • 派遣労働者をめぐる一考察 - ディーセントワークを目指して -
  • 質問検査権に関する一考察
  • 租税法上の「住所」の解釈に関する一考察
シラバス

学部・大学院

ページの上部へ

TOP