学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 住環境デザイン学科

理工学部|住環境デザイン学科

一級建築士、インテリアデザイナー、環境エンジニアに必要な
「環境技術」と「デザイン感性」を併せ持つ専門能力を養成

住環境デザイン学科

建築学における「環境工学」分野と「計画・設計デザイン」分野の両面からの探究を中心とする世界でも新しい教育プログラムを実践しています。「ECO技術×空間デザイン+IT」をテーマに、緑・光・水・熱・風などの自然の力を借りて豊かな「住環境」を創造するための技術と考え方を学びます。

学科Webサイト

コース紹介

  • 環境デザインコース
    環境を科学し、暮らしと自然との共生のあり方を探る。
    緑・光・水・熱・風などの自然について、その本質はもちろん、人に与える影響までも解き明かします。応用範囲は幅広く、ヒートアイランド現象を解消するための都市環境マネジメントから、自然を暮らしに取り入れる住宅設計まで、多様な分野で活躍できます。
  • 空間デザインコース
    インテリアから街まで、あらゆる「空間」を創造する。
    「椅子」ひとつとっても、集中・リラックス・交流など、その形からさまざまなシーンが生まれます。インテリア、住宅、まち・・・など空間はさまざま。自然の力を借り、生かすことの学習や実践を通じて、あらゆる空間の創造プロフェッショナルへと成長できます。
  • 住環境デザイン総合コース
    一級建築士を目指し、活躍するために環境と空間のデザインを極める。
    環境・空間の双方を学び、住環境に関する幅広い視野と技術を持つ人材の育成は、すべてのコースに共通。このコースでは「どちらも深く」学べる、ハイブリッドな高度さが特長です。一級建築士プラスαの力で、単一の専門性では解決できない社会の課題に応えます。(2017年度JABEE受審予定)

学びの流れ

学びの流れ

学びのポイント

  • 建築学における「環境工学」分野と「計画・設計デザイン」分野の両面からの探究を中心とする世界でも新しい教育プログラムを実践しています。
    「ECO技術×空間デザイン+IT」をテーマに、緑・光・水・熱・風などの自然の力を借りて豊かな「住環境」を創造するための技術と考え方を学びます。
  • 家具から大空間まで自分の手でつくる。
    竹を切り組み立て、京都国際ホテル大ホールに高さ5m幅20mの大ひな段を実現。外国語学部等と協力して3,000人以上の観客を迎えました。他の作品は学科オリジナルサイトで公開中。
  • 一級建築士を目指しつつ光・熱・風を測定してデザインに生かす。
    ハイテク機器を使って環境を測定。太陽や風の動き、室内の空気や香りを分析し、都市からインテリア・建築までデザインに反映させます。他の作品は学科オリジナルサイトで公開中。
  • VR・CG・GISを駆使して、災害時の避難をシミュレーション。
    最先端のVR(バーチャルリアリティ)、GIS(人の動きや環境を分析する地理情報システム)やCAD・CGなどの技術を身につけ、災害や緑化率など、都市と人との意外な関係性を解明します。
  • 海外の最前線プロフェッショナルから学ぶ。
    2014年度はドイツからバウミュラー教授を招いて、ヒートアイランド対策「風の道」の手法のレクチャーを実施。他にも年に7回以上、国内外で活躍する建築家や研究者が学生の作品を直接講評します。

学科Webサイト

学部・大学院

ページの上部へ

TOP