学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 理工学部
  4. 機械工学科

理工学部|機械工学科

資格取得もサポート。
自主性と創造性を備えた生産現場が求めるエンジニアを育成。

機械工学科

機械工学はより安全で性能の優れたモノの設計や技術を学ぶ学問ですが、本学科ではそこに独自性という視点を加えることも大切だと考えています。従来にない便利さや快適さ、新たな社会の仕組みづくりなどに貢献してこそ技術者の存在意義があります。そのため本学科では、資格取得をサポートしながら基礎知識の理解、応用可能な実践力の養成を実施。さらに、自然界など一見異なる分野から発想を得る視点、ユーザー視点に立ったイノベーション思考までも磨いていきます。

学びの流れ

学びの流れ

学びのポイント

  • モノづくりの理論や手法、楽しさを体感。
    機械創成演習
    1年次から実施される体験型学習「機械創成演習」は、モノづくりの魅力に触れ、なおかつチームで課題解決に挑む経験を積むことができる授業。これまでに、レゴマインドストームによるカー制御、エンジンの分解・組立、歯車やリンク機構などによるロボコン大会に取り組んできました。コンテスト形式で開催される成果発表会を目指し、チームメンバーと協力しながら課題の解決や実際の装置製作などを行っています。
  • 感性と表現力に秀でたエンジニアに!
    充実したデザイン系科目
    デザイン系の科目を豊富に配置していることは本学科の大きな特長です。1年次の「インダストリアルデザイン概論」では、工業製品におけるデザインの役割と歴史を学習。3年次の「機械と色彩」では、色の効果や色が見える仕組みなどを学び、色を意識的に扱える力を養います。このほかにも「テクニカルデザイン演習」などの科目を通して、豊かな表現力や感性を備えたエンジニアを育成しています。
  • プロジェクトをサポートする施設。
    テクノセンター、CAD演習室
    機械工作や電子工作を行うための各種機械を備え、専門の指導員による技術指導も行われている「テクノセンター」。設計・製図に活用できる3次元CADソフトや電子回路CADソフトを搭載した「CAD演習室」など、学びを支える施設・設備が充実。これらを用いたプロジェクト活動も活発で、フォーミュラマシンを製作して学生フォーミュラ大会への出場や、蒸気機関車の製作などが行われています。

学科Webサイト

学部・大学院

ページの上部へ

TOP