学部・大学院 学部・大学院イメージ画像

  1. トップページ
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部

在学生の方へ薬学部

薬学部

体験・挑戦を通して薬の専門知識と医療人マインドを育み、将来の可能性を広げる。

近年、病棟や地域・在宅などにおいてもその役割が広がる薬剤師には、「人に向き合い、連携する能力」が強く求められています。これは、基礎研究や製薬企業の研究職、医薬品の情報提供などでも同様です。そこで本学部では、このような資質を養うため、新たな教育方法を開発し、さまざまな体験・挑戦の場を用意することで、将来の可能性を広げる薬の専門知識と医療人マインドを養っています。

研究キーワード

  • すべての薬の副作用を軽減
  • 川崎病の苦しみから子どもを救う
  • すべてのヒトに適切な緩和ケアを
  • 薬物の体内分子イメージング
  • 医薬品と食物の相互作用
  • 薬学発、難聴・めまいの治療
  • 漢方薬の脳機能改善作用の解析
  • 蛍光染色で細菌ウォッチ
  • 大腸がんの早期発見
  • アトピーを細胞免疫療法で治す
  • 疾病予防に貢献する食品衛生
  • 高血糖・炎症・発がんの関連性

学生の声

  • 看護学部との連携教育でチーム医療の精神が在学中から身につきます
  • 1年次の体験学習で、学んでいることの意味が明確になりました
  • 少人数で討論を行う参加型の授業でコミュニケーション能力も養われます
  • 最先端の専門分野を探究でき、研究職も目指せます

TOPICS

薬学教育を科学する国内初の薬学教育学研究室。
6年制の薬学部では、薬剤師に必要な知識だけでなく、薬剤を取り扱い患者さんに適切に用いる技能や、病に苦しむ患者さんやその家族に接する態度、さらにそれらすべてを複合的に活用する遂行能力を身につけます。薬学教育学研究室は、薬剤師に求められる総合的な遂行能力を養うための教育方法や、その到達度を測る評価方法の開発を科学的に行うわが国で初の研究室です。研究成果の教育へのフィードバックとして、後輩を「教える」経験を通して患者指導の能力を育むプログラムなどがあります。

薬学教育評価

薬学教育評価機構が定める「薬学教育評価 評価基準」に適合した教育
2010年度から6年制薬学教育の実務実習を実施するにあたり、薬剤師資格をもたない薬学生が参加型実務実習を行う条件の一つとして、「各大学の6年制薬学教育に対する第三者評価」が必要とされています。そこで 、2010年度に各大学において一般社団法人薬学教育評価機構(JABPE)が定めた「薬学教育(6年制)第三者評価 評価基準-平成19年度版」に基づいた自己評価(「自己評価21」)を実施することとなり、本学部でもつぎのとおり自己評価を実施しました。

また、2015年度にJABPEによる薬学教育評価(第三者評価)の結果、2016年3月31日に薬学教育評価基準に適合した大学であるとの評価を得ました。 評価認定期間は2016年4月1日から2023年3月31日までの7年間です。
摂南大学薬学部では、JABPEの正会員校として、今後も自己点検・改革を行い、6年制薬学教育プログラムの質的向上に継続して取り組んでいきます。


  • 「適合認定マーク」

  • 「薬学教育評価適合認定証」

上記のロゴマークは、JABPEが摂南大学薬学部の薬学教育プログラムの質を保証し、社会に示すものです。

2015年度 6年制薬学教育評価の結果について

新着情報

  • RSS
  • 一覧を見る

    学部・大学院

    ページの上部へ

    TOP