卒業生がブレイクダンス世界大会で優勝



UPDATE 2022-03-20

卒業生(トビタテ8期)の近江さん

 

卒業生でプロダンサーの近江聡太さんが、2021年12月にパリで開催されたブレイクダンスの世界大会「BATTLE PRO WORLD FINAL 2021」にて、チームBODY CARNIVALとして優勝しました。

在学中からダンサーとして国内外で活躍していた近江さんは、官民協働留学促進キャンペーン「トビタテ!留学Japan」(8期)の奨学生としてアメリカに留学しました。帰国後、卒業論文で、アメリカのストリートダンスとして始まったブレイクダンスの競技化をめぐる研究に取り組みました。新入生歓迎イベントでは大阪城ホールのステージでダンスを披露してくれましたから、その姿を覚えている下級生がいるかもしれません。また、過去には、「インターネットで踊っている姿を見て感動したので、そのSotasky(近江さん)に会いたくて摂南大に来た」と言う留学生もいました。

ブレイキンの競技名でオリンピック種目になるブレイクダンス、世界大会決勝戦の様子は、こちらのサイトからご覧になれます。激しいのにどこかふんわり動く近江さんのソロは6:52ごろから。フランス語のMCがSotaskyの名を連呼しています。ブレイクダンスの掛け合いのおもしろさを味わうには、ぜひ全編ご覧ください。