SDGsについて

摂南大学農学部が取り組む「SDGs(持続可能な開発目標)」とは

SDGsとは、2030年までに、持続可能な未来社会の実現をめざす17の目標です。
摂南大学「農学部」は、農学を通して、より良い未来を拓く人材育成と研究・開発、社会実践に取り組みます。
農学部所属の各教員が取り組む、SDGsに関係する研究内容を紹介します。



飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

遺伝的多様性を利用する作物科学(奥本 裕)
植物の環境応答機構を利用した育種(牛島 智一)
生産性が高く環境に優しい作物栽培(玉置 雅彦)
農産物の成立する仕組みを作物の機能形態、環境応答、成長に関する視点から科学する(川崎 通夫)
養液栽培の安定化技術と新技術開発(寺林 敏)
果樹の環境応答性・新品種育成(北村 祐人)
植物病原菌の感染メカニズム研究(久保 康之)
微生物のチカラで植物保護(飯田 祐一郎)
害虫を深く知る(石川 幸男)
昆虫の代謝から学ぶ(藤井 毅)
土壌分析技術による多様な評価(佐野 修司)
植物病原菌の環境応答(小玉 紗代)
植物栄養の光合成生理学(高木 大輔)
植物環境応答の分子生理学(椎名 隆)
光ストレスと葉緑体の分子生理学(加藤 裕介)
応用ゲノム生物学(松尾 充啓)
微生物二次代謝物の探索と自在改変(加藤 直樹)
ウイルスと植物との分子応答機構(海道 真典)
植物ー糸状菌間の分子相互作用(田中 茂幸)
腸から動物を健康に(井上 亮)
環状RNA(circRNA)の分子生物学(芳本 玲)
実験用低温真空乾燥機の開発(豊原 治彦)
水圏生物由来有用酵素の利用(増田 太郎)
疾患予防のための行動栄養学(池田 裕美)
微生物のストレス応答の研究(沼本 穂)
食品加工の新技術開発(水間 智哉)
機能性食品粉末の創製(吉井 英文)
食品の安全を守る衛生学(平原 嘉親)
食品機能を探求する健康栄養学(岸本 良美)
栄養的価値を上げる加工方法の提案(山田 徳広)
行動変容に導く栄養教育(森 美奈子)
食品機能性成分の脳神経保護作用(喜多 大三)
嚥下・咀嚼機能低下による食事(畦西 克己)
地域がかかえる課題の解決支援(黒川 通典)
細胞膜トランスポーターの機能解析(小林 直木)
卸売市場活性化への提言(小野 雅之)
食品産業のマーケティング戦略(濱田 英嗣)
女性の目からみる農林水産業と食料消費(副島 久実)
農産物・食品の市場と流通(戴 容秦思)
地域資源と在来知を活かす地域開発(田中 樹)


あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

ゲノムの動態を捉える(小保方 潤一)
微生物二次代謝物の探索と自在改変(加藤 直樹)
腸から動物を健康に(井上 亮)
実験用低温真空乾燥機の開発(豊原 治彦)
水圏生物由来有用酵素の利用(増田 太郎)
疾患予防のための行動栄養学(池田 裕美)
保険者保有データの活用(小川 俊夫)
臨床医学 内分泌代謝領域(坂根 貞樹)
栄養の可能性を応用する運動生理学(藤林 真美)
調理がもたらす健康生活(安藤 真美)
食品の安全を守る衛生学(平原 嘉親)
食品機能を探求する健康栄養学(岸本 良美)
栄養的価値を上げる加工方法の提案(山田 徳広)
行動変容に導く栄養教育(森 美奈子)
食品機能性成分の脳神経保護作用(喜多 大三)
フレイル予防の取り組み(百木 和)
嚥下・咀嚼機能低下による食事(畦西 克己)
地域がかかえる課題の解決支援(黒川 通典)
新調理システムから多種多様な発信(樽井 雅彦)
細胞膜トランスポーターの機能解析(小林 直木)
生体内リン代謝と腸内環境の関連(織田 奈央子)
強酸性電解水を用いた配膳車の車輪の殺菌(新名 洋美)
市販肉用調味料の効果について(野原 綾)
ラグビー選手への食事支援(古野 幸子)
植物工場産野菜のECの普及・開発(浦出 俊和)
集落型農業法人の展開と協同組合(北川 太一)


すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

農産物の成立する仕組みを作物の機能形態、環境応答、成長に関する視点から科学する(川崎 通夫)
微生物のチカラで植物保護(飯田 祐一郎)
昆虫の代謝から学ぶ(藤井 毅)
昆虫の行動生態学、分子遺伝学(工藤 愛弓)
植物環境応答の分子生理学(椎名 隆)
ゲノムの動態を捉える(小保方 潤一)
ウイルスと植物との分子応答機構(海道 真典)
植物ー糸状菌間の分子相互作用(田中 茂幸)
腸から動物を健康に(井上 亮)
環状RNA(circRNA)の分子生物学(芳本 玲)
疾患予防のための行動栄養学(池田 裕美)
微生物のストレス応答の研究(沼本 穂)
光合成以外の葉緑体の役割(石崎 陽子)
栄養の可能性を応用する運動生理学(藤林 真美)
調理がもたらす健康生活(安藤 真美)
食品加工の新技術開発(水間 智哉)
機能性食品粉末の創製(吉井 英文)
食品の安全を守る衛生学(平原 嘉親)
栄養的価値を上げる加工方法の提案(山田 徳広)
食育における災害時の食(今城 安喜子)
食品機能性成分の脳神経保護作用(喜多 大三)
フレイル予防の取り組み(百木 和)
細胞膜トランスポーターの機能解析(小林 直木)
ラグビー選手への食事支援(古野 幸子)
ソーラーシェアリングの経済学(成 耆政)
食品産業のマーケティング戦略(濱田 英嗣)
持続可能な社会のための食農教育学(中塚 華奈)
持続可能なフードシステム(谷口 葉子)


ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

女性の目からみる農林水産業と食料消費(副島 久実)


すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

応用ゲノム生物学(松尾 充啓)



すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

行動変容に導く栄養教育(森 美奈子)
セーフティネット政策の構築(吉井 邦恒)
ソーラーシェアリングの経済学(成 耆政)
女性の目からみる農林水産業と食料消費(副島 久実)








陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

遺伝的多様性を利用する作物科学(奥本 裕)
生産性が高く環境に優しい作物栽培(玉置 雅彦)
農産物の成立する仕組みを作物の機能形態、環境応答、成長に関する視点から科学する(川崎 通夫)
養液栽培の安定化技術と新技術開発(寺林 敏)
植物病原菌の感染メカニズム研究(久保 康之)
微生物のチカラで植物保護(飯田 祐一郎)
害虫を深く知る(石川 幸男)
昆虫の代謝から学ぶ(藤井 毅)
未利用有機物の利用と持続的農業(山川 武夫)
土壌分析技術による多様な評価(佐野 修司)
植物病原菌の環境応答(小玉 紗代)
植物栄養の光合成生理学(高木 大輔)
植物環境応答の分子生理学(椎名 隆)
光ストレスと葉緑体の分子生理学(加藤 裕介)
ゲノムの動態を捉える(小保方 潤一)
微生物二次代謝物の探索と自在改変(加藤 直樹)
ウイルスと植物との分子応答機構(海道 真典)
植物ー糸状菌間の分子相互作用(田中 茂幸)
環状RNA(circRNA)の分子生物学(芳本 玲)
水圏生物由来有用酵素の利用(増田 太郎)
光合成以外の葉緑体の役割(石崎 陽子)
調理がもたらす健康生活(安藤 真美)
機能性食品粉末の創製(吉井 英文)
セーフティネット政策の構築(吉井 邦恒)
食品産業のマーケティング戦略(濱田 英嗣)
地域資源と在来知を活かす地域開発(田中 樹)
持続可能なフードシステム(谷口 葉子)


持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

疾患予防のための行動栄養学(池田 裕美)
地域がかかえる課題の解決支援(黒川 通典)



Copyright© Setsunan University. Faculty of Agriculture. All Rights Reserved.
PAGETOP